読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる



シャトームートンロートシルト 1972 Chateau Mouton Rothschild 1972 赤 ワイン 得価,豊富な

Chateau Mouton Rothschild シャトー・ムートン・ロートシルトボルドー5大シャトーの一つであり、毎年変わるアートラベルでおなじみの“ムートン・ロートシルト”。五大シャトーの中でも特に繊細で優美と称されるシャトー・ムートン! 100年以上も変更されることのなかった1855年のメドックの格付け。それを覆し、第1級に格上げされた唯一のシャトーが、このシャトー・ムートン・ロスチャイルドです。  ユダヤ系の大富豪ロスチャイルド家がこのシャトーを買収したのは、1853年のこと。その2年後のメドックの格付けで、必ず1級を取ると思われていた【ムートン】は、2級に格付けされました。これに奮起したロスチャイルド家は、「1級にはなれないが2級には甘んじれぬ、ムートンはムートンなり」 と言い、畑、醸造技術、熟成方法などに改良を加え、1級になるために様々な努力を行ってきました。  118年後の1973年、4世代にわたる努力の末、シャトームートンは悲願の昇格を果たします。その時、「我1級になりぬ、かつて2級なりき、されどムートンは昔も今も変わらず」 という、有名な名句の逸話が残されています。  シャトー・ムートンは5大シャトーの中では、 最も繊細で優美なワインと評価されます。カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が高く、飲み頃になるまでに時間がかかる長期熟成型のワイン。エレガントなブーケと豊かなボディを持った"比類のない"ワインです。シルクのようなきめ細かさ、アーモンドとすみれの香りを秘めたエレガントな芳香 、そして酸味とコクの結びついたバランスの良さは、理想の赤ワインが備えている全ての条件をくまなく発揮しています。  また1945年以来、毎年有名な画家によって描かれるラベルはコレクターも多く、ムートンの人気を集める理由の一つ。  グラスに注いだ外観は深く鮮烈な赤。スパイスや香ばしいオーク、ハーブ、完熟した果実を思わせる香り。香ばしいバニラとブラックカラントとブラックチェリーの明るいアロマ。アフターにはフレッシュな酸とミネラルが残り、抜群の優雅さとバランスの良さを味わえます。複雑な味わいが次々と口内を覆う官能的な味わい。余韻は長く非常にエレガントな仕上がりとなっています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ポイヤック村・第1級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン77%、メルロ11%、カベルネ・フラン10%、プティ・ヴェルド2%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】【AOC ポイヤック】【シャトー ムートン ロートシルト】【フランス ボルドー】【ボルドー メドック】【メドック グラン クリュ クラッセ】【プルミエ グラン クリュ クラッセ】【メドック ポイヤック】【パーカー】【ゴーミヨ】【ワインスペクテーター】【一級】【五大シャトー】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Mouton Rothschild シャトー・ムートン・ロートシルト Chateau Mouton Rothschild シャトー・ムートン・ロートシルト 100年以上も変更されることのなかった1855年のメドックの格付け。それを覆し、第1級に格上げされた唯一のシャトーが、シャトー・ムートン・ロートシルトです。それだけに、その実力は並外れたものなのです。 ユダヤ系の大富豪ロートシルト家(英語読みでロスチャイルド)がこのシャトーを買収したのは、1853年のことでした。ところが、その2年後のメドックの格付けで、必ず1級を取ると思われていたムートンは、2級に格付けされてしまいました。 これに奮起したロートシルト家は、「1級にはなれないが2級には甘んじれぬ、ムートンはムートンなり」 と言い放ち、畑、醸造技術、熟成方法などに改良を加え、1級になるために様々な努力と働きかけを行っていきました。 そして、実に118年後の1973年、4世代にわたる努力の末、ムートンは悲願の昇格を果たしたのです。その時、「われ1級になりぬ、かつて2級なりき、されどムートンは昔も今も変わらず」 という名句を残したという、有名な逸話が残されています。 ここのワインの人気の一因として、アートなラベルの存在も挙げられるでしょう。1945年以降、毎年、著名なアーティストにラベルを飾る絵を依頼していて、ダリ(58年)、ミロ(69年)、シャガール(70年)、ウォーホル(75年)など、豪華なアーティストが描いたラベルの数々は、見ているだけでもうっとりする美しさで、コレクターも多いのです。 このラベル・コレクションの火付け役であるフィリップ・ド・ロートシルト男爵は、1922年から、独創的なアイデアでシャトーの改革を続けた、大胆不敵なカリスマ的人物でした。 今では当たり前のこととなっている『ワインを瓶詰めする』ということを最初に行ったのも彼だったのです。ムートンは、五大シャトーの中で最も“豪勢”“派手”と言われています。ラフィットの優雅さ、マルゴーの女性らしさ、ラトゥールの男性的な力強さなどとは一線を画し、濃厚で芳醇、ふくよかで肉づきがよくリッチな味わいです。 そして、深くてエキゾチックな魅力もあり、10~15年、じっくり瓶の中で熟成させていくと、獣肉のような艶めかしさが現れてくるという、とても魅惑的なワインなのです。年によって異なる、とても美しいラベルを持つムートンは、特別の日に飲んだり、贈り物にも最適のワインでしょう。記念日や誕生日の年、思い出の年のものであればより一層楽しめることでしょう。 ぜひ、美しいラベルと共に、ゆらゆらと香り立つ魅惑的なムートンの魔力に酔いしれてみてください。 畑 面積:78ha 平均樹齢:45年 植樹密度:8.500本 平均収量:40~50hl/ha 育成:発酵とマセレーションは木製槽で15~25日間。熟成はオークの新樽で19~22ヶ月。 清澄はするが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン77%、メルロ11%、カベルネ・フラン10%、プティ・ヴェルド2% 平均年間生産量:シャトー・ムートン・ロートシルト/30万本 ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト/不定 エール・ダルジャン/1万8000~2万4000本 所有者:GFAバロンヌ・フィリッピーヌ・ロートシルト 年代別ラベルデザイナー 年代アーティスト年代アーティスト年代アーティスト1924ジャン・カルリュ1945フィリップ・ジュリアン1946ジャン・ユーゴー1947ジャン・コクトー1948マリー・ローランサン1949アンドレ・ディニモン1950ジョルジュ・アルヌルフ1951マルセル・ヴェルテス1952レオノール・フィニ1953100周年記念ラベル1954ジャン・カルズー1955ジョルジュ・ブラック1956パヴェル・チェリチェフ1957アンドレ・マッソン1958サルバドーレ・ダリ1959リチャード・リポルド1960ジャック・ヴィヨン1961ジョルジュ・マチュー1962マッタ1963ベルナール・デュフール1964ヘンリー・ムーア1965ドロテア・タニング1966ピエール・アレシンスキー1967セザール1968ボナ1969ジョアン・ミロ1970マーク・シャガール1971ワシリー・カンディンスキー1972セルジュ・ポリアコフ1973パブロ・ピカソ1974ロバート・マザーウェル1975アンディ・ウォーホル1976ピエール・スーラジュ1977エリザベス女王訪問記念ラベル1978ジャン・ポール・リオペール1979堂本 尚郎1980ハンス・アルトゥング1981アーマン1982ジョン・ヒューストン1983サウル・スタインバーグ1984ヤコヴ・アガム1985ポール・デルヴォー1986ベルナール・セジュルネ1987ハンス・エルニ1988キース・へリング1989ゲオルク・バゼリック1990フランシス・ベーコン1991Setsuko・パルテユス(出田節子)1992ペール・キルケビー1993バルテュス1994カレル・アペル1995アントニ・ダビエス1996古千(グ・ガン)1997ニッキ・ド・サン・ファル1998ルフィーノ・タマヨ1999レイモン・サヴィニャック2000「アウクスブルクの羊」の金エッチング2001ロバート・ウイルソン2002イリヤ・カバコフ2003ムートン150周年記念ラベル2004チャールズ皇太子2005ジュゼッぺ・ペノーネ 2006ルシアン・フロイド2007ベルナール・ヴェネ2008シュ・レイ 2009アニッシュ・カプーア 2010ジェフ・クーンズ2011ギィ・ド・ルージュモン 2012  シャトームートンロートシルト 1972 Chateau Mouton Rothschild 1972 赤 ワイン 得価,豊富な

シャトーディケム 1975 ソーテルヌ特別第一級格付け Chateau d'Yquem 1975 Premiers Crus Superieur 極甘口 白 ワイン 大人気,100%新品

Chateau d'Yquem シャトー・ディケム(イケム)世界の貴腐ワインの頂点に君臨する『シャトー・ディケム』が極小量入荷!ロバート・パーカー氏は「費やされた努力、リスク、厳格な選別過程を考えれば、最高の値札に値する数少ない高級ワインのひとつである。」と賞賛! ソーテルヌの格付けにおいても唯一【プルミエ・クリュ・シュペリュール(Premiers Crus Superieur)】にランクされています。  世界3大貴腐ワインと呼ばれるのは、フランスの【ソーテルヌ】、ドイツの【トロッケン・ベーレンアウスレーゼ】、ハンガリーの【トカイ・エッセンシア】の3つです。その中でも、フランス・ボルドー地方・ソーテルヌのワインには格付けがあり、その筆頭に君臨しているのがこの【イケム】です。その絶対評価は万人が認めるもので、異を唱える者がいない絶対的存在になっています。  唯一特別第1級【プルミエ・クリュ・シュペリュール(Premiers Crus Superieur)】に選出されイケムと比較しうる白ワインはブルゴーニュの雄「モンラッシェ」ぐらいとも言われるほどです。 ブドウの樹一本からグラス一杯のワインしか造られない、品質が自己の定める水準に満たない年には容赦なく生産しない清廉さ、黄金色に輝くこの雫は、本当に【飲む黄金】 そのものです。  ディケムの素晴らしさは他に類を見ないミクロクリマを有するテロワールももちろんですが、シャトーを運営する人々の妥協を許さぬ厳しさ、まさに「ディケムにふさわしいディケム」 だけを造りだそうとする情熱と弛まぬ努力が大きいのではないでしょうか。シャトーでは通常6~8週間かけて150人もの摘み手が最低でも4回の時期に分けて完全に熟したブドウのみを収穫、そうして厳しく選別されたブドウから造られたワインでも、樽熟成の段階でディケムとして世に出すにふさわしくないと判断されたものは生産量を減らしてでも容赦なく切り落とすのです。 このワインはその長命さでも愛好家を驚かせてきました。ロバート・パーカーによると飲み頃は収穫後10~100年も続く とされ、その熟成ポテンシャルは計り知れないものがあります。また、辛口のディケム「Y(イグレック)」も愛好家垂涎の品となっています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ソーテルヌ地区 / 特別第1級●ブドウ品種セミヨン80%、ソーヴィニョン・ブラン20%●タイプ白・フルボディ・極甘口(貴腐ワイン)●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【フランス ソーテルヌ 極甘口】【フランスボルドー 甘口】【ソーテルヌ】 【ソーテルン 】 【フランス 】【ボルドー 甘口 】【貴腐ワイン 】【ソーテルヌ】 【ソーテルン】 【極甘口 ソーテルヌ】 【イケム】【でぃけむ】【ディケム】 【イケム】 【デザートワイン】 【アペリティフ】【ディジェスティフ】【シャトー イケム】【シャトー ディケム】【ソーテルヌ 格付第1級】【特別第1級】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau d'Yquem シャトー・ディケム(イケム) Chateau d'Yquem シャトー・ディケム(イケム) 世界最高峰の甘口白ワインで全世界が賞賛!独自の地位を保つ唯一のシャトー!神々しい甘美な風味と長い熟成によって生まれる限りない深みは並ぶものがありません!世界の貴腐ワインの頂点に君臨する「シャトー・ディケム」。もちろんソーテルヌの格付けにおいても、ただひとつだけプルミエ・クリュ・シュペリュールにランクされています。 中世には国王の所有物  歴史は古く、中世にはイギリス国王が所有。その後、フランスとイギリス間で100年戦争が起こった結果、1453年、フランス国王のシャルル7世のものとなります。その後も、国有である時代が続き、1711年、代々シャトーの管理をしていたソヴァージュ家のレオン・ドゥ・ソヴァージュが、国から所有権を買い取りソヴァージュ家が単独のオーナーとなりました。  ソヴァージュ家はこの地方の名家で、1565年にシャルル9世がディケムのエステートを訪れた翌年、貴族に任命されます。彼らはディケムの土地にブドウを植樹し、また現在の城館を建てました。1785年、レオン・ドゥ・ソヴァージュの曾孫フランソワーズ・ジョセフィーヌ・ドゥ・ソヴァージュ・ディケムがルイ・アメデ・ドゥ・リュール・サリュース伯爵と結婚し、シャトーはリュール・サリュース家の所有となりました。  1787年に、後のアメリカ大統領のトーマス・ジェファーソンがディケムを30ケース購入し、1790年にジョセフィーヌに宛てた手紙の中でワインを絶賛しています。 1850年以降、ディケムは大人気になり、コンスタンティン大公が絶賛し1樽に2万フラン金貨を支払った事や、明治天皇も定期的に購入とのことです。 1999年までリュール・サリュース家が所有し、特にワイン造りに熱心なのは、ルイ・アマデとフランソワーズ・ジョセフィーヌの孫のロマン・ベルトランドと、その孫のベルトランドでした。ベルトランドは1968年まで在命で、その後はアレクサンドル・ドゥ・リュール・サリュースに引き継がれます。1999年から、【ルイ・ヴィトン・モエ・エ・ヘネシー・グループ】がシャトーの筆頭株主となりました。  シャトーの総責任者のアレクサンドルが引退し、2004年5月からは【シャトー・シュヴァル・ブラン】の総責任者でもあるピエール・リュルトンが総責任者に任命され、現在に至っています。 ワイン造り  ボルドーからN113号線を通ってバルサックへ入り、そこを通り抜けてソーテルヌ村に向かうと、海抜約80mという小高い丘があり。小丘の中腹には1級シャトーが集まり、頂点の部分に建つ壮麗なシャトーが、ソーテルヌで唯一の“1級特別級”であるシャトー・ディケム(またはイケム)です。「115ha」の広大なブドウ畑は、浸透性の少ない粘土とガロンヌ川によって運ばれた砂利で構成された丘にあります。畑は、表土は、砂利が混じった薄い砂質層に覆われています。しかし畑が広大なため、表土に砂利が多いところ、砂利が無くほぼ砂質のところ、表土に下部の粘土が露出しているところなど、畑も場所によってその様相が変わってきます。 どの畑も、土壌の性質の違があり、ディケムではその違いがより明白です。このため、質や特徴がそれぞれ異なるブドウが収穫されて、ワインに複雑な味と香りになります。  また有名な話ですが、ディケムのブドウ畑には、19世紀という早い時期から排水パイプが敷かれており、現在ではその距離は約100kmにも及んでいます。ディケムの畑があるこの粘土の丘はもともと排水が悪く、ブドウの根の発育が悪いので、排水処理が必要なのです。通常、貴腐化はブドウ全体ではなく、部分部分で始まるので、ブドウは房ごとに収穫せず、貴腐化部分だけを切り取り、同じ房を何度も収穫します。しかし、完全に糖度が上がりきっていないブドウも混じってしまうことは避けられません。このため、全体としての糖度は下がります。シャトーではそれを嫌って、特に収穫時期に雨が降り、糖分が流された場合などに関し、完全に貴腐化している粒だけを収穫することもあります。これは非常に手間で、大変な作業です。潜在アルコール度数が20度に達した時点で収穫が開始されます。  ブドウは、収穫されてから1時間以内に醸造所へと運ばれ収穫した日にちで分けるため、絞った段階でセミヨンとソーヴィニヨン・ブランが混じることもあります。また、ディケムでは今まで一度も補糖をしたことがない”ということで、それがシャトーの誇りとなっているのです。果汁は地下タンクに移され、発酵が始まらないように温度を下げた状態で、一晩そのまま寝かされます。翌日、上澄みだけを新樽に入れ、室温を上げて、アルコール発酵を開始させます。アルコール発酵は2~6週間と、期間は幅広く、これは自然酵母のみで発酵を行っている為です。アルコール発酵が自然と終了したものと判断したものは、ステンレスタンクに移されてマイナス4℃で、再度発酵が始まらないようにして樽の中にまた戻されます。  唯一の“1級特別級”に格付けされているディケムは、こうしたこだわりによってその名声を維持してきたのです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ソーテルヌ地方の中心部に位置し、沢山の第一級シャトーに囲まれた畑を見下ろす小さな丘の頂きに雄大に広がる。1785年から1997年までの間、このシャトーは、まさに一族によって所有されていた。アレクサンドル・ド・リュル・サリュース伯爵は、この広大なシャトーの経営責任者である一族の最も新しいメンバーで、1968年に叔父から引き継いだ。1997年に、このシャトーは巨大なコングロマリット、モエ=ヘネシーに売却されたが、この売却はリュル・サリュース伯爵の異議により成立せず、現在も彼が管理人である。  イケムの偉大さとユニークさにはいくつかの要因がある。第一は独自の微気候を伴う完璧な立地条件がある。第二に、リュル・サリュース家は、97kmにも及ぶパイプを用いた精巧な排水システムを設置。第三に、経済的な損失やトラブルを斟酌せずに、最も良質なワインだけを生産しようという狂信的とも言える執念が存在する。近隣の畑に比べこれほど優れている最大の理由は、この最後の要因にある。   ディケムでは、1本のブドウの木からたったグラス1杯のワインしか造らない。イケムに6週間から8週間滞在し、最低でも4回はブドウ畑をまわる150人もの摘み手のグループにより、ブドウが完璧に成熟するのを待って一粒一粒摘まれる。1964年は、摘み手達は、13回にも畑をまわったが、不向きと見なされるブドウを収穫しただけで、結局このヴィンテージは生産しなかった。ワイン醸造りをしているシャトーのなかで、収穫全体を自発的に格下のワインにまわすところ、あるいはそれが経済的に可能なところはほとんどない。  ディケムは信じられないような熟成の可能性を持っている。イケムのワインはあまりにリッチで、ふくよかで甘く、その多くはいつも10回目の誕生日を迎える前に飲まれてしまう。しかし、イケムが最高の飲み頃になるには15年から20年の年月が必要であり、偉大なヴィンテージは、50年あるいは75年以上以上経っても、新鮮で退廃的な芳醇さを備え続けている。私がかつて飲んだことのある最も偉大なイケムは1921年ものだった。驚くほど新鮮で生き生きとしており、その贅沢さと豊かさは決して忘れることはないだろう。  こうした品質への情熱は、何も畑に限ったことではない。ワインは新樽の中で3年以上かけて熟成され、全収穫量の20%が蒸発により失われる。リュル・サリュース伯爵が瓶詰めできると見なしたワインでも、最良の樽からだけ厳しく選別される。1975年、1976年、1980年といった秀逸な年には、樽の20%が排除された。1979年のような困難な年には、60%のワインがはずされた。1978年のような手に負えないヴィンテージでは、85%のワインがイケムとして売るのにふさわしくないと判断された。私の知る限り、これほど無情な選別過程をとり入れているシャトーはほかにない。ディケムでは、芳醇さが少しでも失われることを恐れて、決して濾過処理を行わない。  ディケムはまた「Y」と呼ばれる辛口のワインを造っている。これは特色のあるワインで、ディケムらしいブーケを持ち、樽香が強く、味は辛口で、通常は非常にフルボディで際立ってアルコール度数が高く、力強いワインで、私の舌には、フォアグラのようなコクのある食べ物と一緒に出されるのが最高である。ディケムは他の有名なボルドー・ワインと違って、プリムール、つまり先物で売られることはない。このワインは、通常はそのヴィンテージの4年後に、極めて高い価格で出荷されるが、費やされた労力、リスク、そして厳格な選別過程を考えれば、最高の値札に値する数少ない高級価格ワインのひとつである。 一般的な評価 ディケムがボルドーに2つとない偉大なワインであることは、説得力のある真実だと主張できる。 平均年間生産量:10万本 畑 面積:125ha(生産中の畑は103ha) 平均樹齢:30年 密植度:6500本 平均産出量:8hl/ha 育て方:発酵と42ヶ月間の熟成はオークの新樽で行う。清澄も濾過も行う。 ブレンド比率:セミヨン80%、ソーヴィニョン・ブラン20% *注記:このシャトーはイグレック(YGREC)と呼ばれる辛口白ワインも生産している。  造られたヴィンテージは以下の通り:2000年、1996年、1994年、1988年、1985年、1980年、1979年、1978年、1977年、1973年、1972年、1971年、1969年、1968年、1966年、1965年、1964年、1962年、1960年、1959年。  ディケムが生産されなかったのは1992年、1974年、1972年、1964年、1952年、1951年、1930年、1915年、1910年。 シャトーディケム 1975 ソーテルヌ特別第一級格付け Chateau d'Yquem 1975 Premiers Crus Superieur 極甘口 白 ワイン 大人気,100%新品

シャトースデュイロー 2002 AOCソーテルヌ プルミエグランクリュクラッセ 格付第1級 Chateau Suduiraut 2002 AOC Sauternes 1er Grand Cru Classe 白 ワイン 貴腐ワイン 大人気,100%新品

ソーテルヌ地区で最も知名度の高いシャトー【ディケム】に次ぎ、高い評価なのが【シャトー・スデュイロー】です。1992年、アクサ・グループに買収され、さらに、潜在能力が引き出され品質が向上しました。 その畑は【ディケム】と隣接しており、広大で美しいシャトーには、ベルサイユ宮殿の庭園と同じ設計者の手によるフランス庭園もあり、全てが一級に相応しい作りです。 厳しい収穫制限と選果、妥協を許さないブレンドから産まれるワインは、まさに世界最高峰の貴腐ワインの一つと言えます。輝く黄金色、花を思わせる華やかなブーケ、蜂蜜に漬けたような果実の風味。一口含むと、豊かさと優雅さを兼ね備えた甘美な味わいに、心奪われることに間違いはありません。 最良年のワインでは、『40年を超える熟成を経ても輝きを増し続け、素晴らしい味わいに変化する』と評されています。甘い夢が見れそうなとびきり贅沢なワインを、是非味わってみてください。       *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、ソーテルヌ地区プレイニャック●ブドウ品種セミヨン90%、ソーヴィニョン・ブラン10%●タイプ白・フルボディ・甘口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【白 甘口】【ボルドー 白ワイン】 【AOC ボルドー ブラン 】 【アペリティフ 】 【フランス 甘口 白 】 【ボルドー 極甘口 白 】 【シャトー シュー デュイロー 】 【シャトー シュデュイロー 】 【デザートワイン 】 【ソーテルヌ 極甘口 】 【ソーテルヌ格付第2級 】 【ソーテルヌ】 【ボルドー 白 極甘口】 【貴腐ワイン】【ディジェフティフ】 【ソーテルヌ AOC】 【AOC ソーテルヌ】 【デザート ワイン】 【ソーテルヌ 格付】 【格付 ソーテルヌ】 【フランス 】【ボルドー 】【ソーテルヌ】【格付2級 】【食後酒】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Suduiraut シャトー・スデュイロー 『貴腐ワインの王』と呼ばれる存在の【ディケム】の隣人にふさわしい!「最良の場合には、スデュイローは、ブラインドテイスティングでディケムと間違うほどのリッチで甘美なワインをつくり出すことができる。」と賞される!! フランス産貴腐ワインの最高級原産地「ソーテルヌ地区」において、第1級格付けを有するプレミアム貴腐ワイン。ポイヤックのシャトー・ランシュ・バージュの所有者であるJ.M.カーズ氏が支配人となって以来、めざましい品質向上をはたしています。蜜のような甘味の中に複雑な深みを秘めた逸品です! シャトーの歴史 16世紀まで、この土地はアラール家が所有していたため、【ドメーヌ・ダラール】と呼ばれていました。 1580年、ニコラ・アラールが、1年後にボルドー議会の議員となるレオナール・ド・スデュイローと結婚しました。現在あるシャトーは、彼の孫にあたり、当時の国王の顧問をしていたブレーゼ・ド・スデュイローによって1670年頃に建てられたとされています。 その後、シャトーは彼の娘マリー・アンヌが引き継ぎ、1747年には彼女の甥のジョセフ・デュロワ、彼の死後はボルドー議会の議員であったジャン・デュロワ、1788年にルイ・ギヨーム・デュロワ、彼の死後は妻のマリー・ローズ・ルイーズ・ル・テイラーと、所有者は移り変わりました。 彼女の死後の1814年、その遺産はシャトーの管理人であったニコラ・エダム・ギヨに引き継がれ、1833年、彼の4人の娘に移ります。 アクサ・ミレジムの所有に! 1875年、スデュイローはロアンヌ近くにあるヴィルレという町で髪職人であったアンリ・フェルディナンド・ラブルディンが購入、1879年、彼の娘であるルーシーに与えられ、技師であった彼女の夫が1899年に亡くなると、彼女の義理の息子に当たるアルフレッドへと相続され、1940年になるとレオポルド・フランソワ・フォンケルニーに売却されました。 1992年、スデュイローは、フォンケルニー家からアクサ保険の子会社であるアクサ・ミレジムが購入し、現在に至っています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」 ディケムからの道路を下ると、畑の北側がディケムに隣接しているのがシュデュイローの広大で美しいシャトーがあります。シュデュイローはソーテルヌの偉大なワインの一つ。例えば1990年、1989年、1988年、1982年、1976年、1959年はシュデュイローの潜在能力をつぶさに示す例である。最良の場合には、シュデュイローは、ブラインド・テイスティングでディケムと間違うほどのリッチで甘美なワインをつくり出すことができる。しかし、私はいつも、このシャトーのワインの品質がひどく一貫性のないことに困惑してきた。1970年代前半、シャトー・スデュイローは、受け入れられる標準的な水準をかなり下回るワインをいくつか生産していた。しかし、AXA(アクサミレジム)の管理のもとで、このシャトーはその甚大な潜在能力をおいしく引き出すようになった。 シャトー・スデュイローが良いときはそれは良い。偉大なヴィンテージでは、このワインの最良の状態になるのに10年は必要ですが、その後軽く30年間はその状態を維持できるであろう。最高の年には、豊かな色をして、まさに香水のようで、退廃的なまでにリッチで、巨大でさえあるシュデュイローは、クリマンやリューセックのようなシャトーほど一貫していないが、いまやまた軌道に乗ってきたようだ。  1989年と1982年には、このシャトーは、豪華で極めて高品質な、希少で高価なクレーム・ド・テート(キュヴェ・マダムをつくり出した。) このワイン(キュヴェ)は、シャトー・クーテのキュヴェ・マダムの限定版に非常によく似ており、ディケムに対抗できる。生産量はとてもわずかで1.000ケースに満たない。 一般的な評価  シュデュイローは、間違いなくソーテルヌの偉大なシャトーの一つである。AXAによって買収されてからいっそう輝きを増し、一貫性も増した。 平均年間生産量:不定 畑 面積:90ha 平均樹齢:25年 密植度:7000本 平均産出量:17hl/ha 育て方:2~3週間の発酵と18ヶ月間の熟成はの新樽で行う。清澄はするが濾過はしない。 ブレンド比率:セミヨン90%、ソーヴィニョン・ブラン10% シャトースデュイロー 2002 AOCソーテルヌ プルミエグランクリュクラッセ 格付第1級 Chateau Suduiraut 2002 AOC Sauternes 1er Grand Cru Classe 白 ワイン 貴腐ワイン 大人気,100%新品

シャトープティヴィラージュ 1993 マグナム 1500ml AOCポムロール Chateau Petit Village 1993 1500ml AOC Pomerol 赤 ワイン 全国無料,限定セール

Chateau Petit Village  シャトー・プティ・ヴィラージュ高級ポムロールの典型的スタイルが味わえる1本!隣がシャトー・コンセイヤントとヴィユー・シャトー・セルタンという好立地! 【蘇ったトップクラスの地所。プラムのフレーバーのある、力のあるワイン。】【最上位の地所だが、さらに上を目指している。】 ヒュー・ジョンソン氏も★★★(トリプルスター)をつける程の実力派! 【そのテロワールとブドウ品種のブレンド比率によって、隣接するレヴァンジルやヴィユー・シャトー・セルタンよりもしなやかで果実味の豊かなワインが造られています。】 厳しい評価で知られる『ル・クラスマン』も高評価しています。  シャトー・プティ・ヴィラージュは、ピション・バロンと同じく、アクサミレジム社が所有するシャトー。特筆すべきは素晴らしい立地条件!北はヴィユー・シャトー・セルタンとセルタン・ド・メイに接し、東はラ・コンセイヤントに接しています。  畑は砂利が多く、また、鉄分に富んだ底土には粘土が混在。メルロの比率が高いので、メルロが十分な熟成に達し、収量が適正である年には、豊かで官能的なワインができるシャトーです。 ブドウはメルロを主体に、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨンのブレンド。メルロとカベルネ・フランは複雑な香りと長く繊細なフィニッシュをもたらし、カベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドすることにより熟成に適した深みや骨格が増します。  やわらかい、セクシーな、クリーミーな舌触りをしたワインで、濃いルビー/紫色をしており、大柄な、甘いノーズからはファッジ、モカ、ブラックベリー、チェリーが感じられます。ブドウの完熟感があり、みずみずしく、享楽的で、酸が弱い。若いうちからゴージャスな飲み心地を感じさせてくれます。かなり楽しませてくれる味であることは間違いありません! *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ポムロール地区●ブドウ品種メルロ65%、カベルネ・ソーヴィニヨン18%、カベルネ・フラン17%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量1500ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】【AOC ポムロール】【アクサ保険】【高級ポムロール】【ロングヴィル】【ポムロル AOC】【ポムロール AOC】【シャトー プティ ヴィラージュ】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【ポムロール 赤 辛口 】【AOC ポムロール 】【プティ ヴィラージュ 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Petit Village  シャトー・プティ・ヴィラージュ Chateau Petit Village AOC Pomerol シャトー・プティ・ヴィラージュ AOCポムロール 北にはシャトー・コンセイヤントとヴィユー・シャトー・セルタン!南にシャトー・ボールガールに隣接という好立地!アクサ保険(ピション・ロングヴィル他 同経営)買収後、ステファン・ドゥルノンクールをコンサルタントに迎え、人気も価格も急上昇!  ドルドーニュ川左岸のリブルヌ台地に位置するポムロール地区は800ヘクタールの栽培面積しかなく、ほとんどのシャトーが小規模な経営となっています。  シャトー・プティ・ヴィラージュも11haあまりの規模に対しては知名度が高く、メドックのグラン・ヴァンに匹敵する名声を得ています。平均樹齢が35年のメルローが作付けの80%を超え、カベルネ・ソーヴィニョンとカベルネ・フランがそれぞれ10%ほど栽培されています。  小石交じりの粘土質の土壌が膨らみのあるテイストのワインが生まれ、ボリューム感あふれる味わいは典型的なポムロールのスタイルです。 シャトープティヴィラージュ 1993 マグナム 1500ml AOCポムロール Chateau Petit Village 1993 1500ml AOC Pomerol 赤 ワイン 全国無料,限定セール

シャトーラルーヴィエール ルージュ 2005 AOCペサックレオニャン Chateau La Louviere Rouge 2005 AOC Pessac Leognan 赤 ワイン 格安,2018

Chateau La Louviere シャトー・ラ・ルーヴィエールアンドレ・リュルトンの持つ、格付けワインに匹敵するお値打ちワイン!! 1965年に【アンドレ・リュルトン】が取得後、大々的に修復された歴史あるシャトーです。格付けこそされていないですが、1970年代から既に優れた白ワインで知られており、80年代には赤ワインも多くの格付けシャトーを凌ぐほどの評価を得ていました。 セパージュはカベルネ・ソーヴィニョン64%、メルロ30%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド3%というブレンド比率であり、この地の特徴と言える煙草のようなスモーキーなアロマが感じられるワインになっています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2〜4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ペサック・レオニャン地区●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン64%、メルロー30%、カベルネ・フラン3%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【シャトー ラ ルーヴィエール】【シャトー ラ ルヴィエール 】【赤 フルボディ】【フルボディ 赤】【AOC ペサック レオニャン】【ペサック レオニャン AOC】【グラーヴ】【リュルトンファミリー】【ラ ルヴィエール】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】【】 Chateau La Louviere シャトー・ラ・ルーヴィエール シャトー・ラ・ルーヴィエール AOCペサック・レオニャン Chateau La Louviere AOC Pessac Leognan グラン・クリュ格付けになっていませんが、間違いなくそのレベルに匹敵するシャトー。コクの強さとカシスのような香りに特徴があるワイン!! ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  格付けはされていないが、【ラ・ルヴィエール】(その起源を1200年までさかのぼることができる)は現在、多くの格付けシャトーよりも優れたワインをつくっている。特に最近のヴィンテージの品質は、メドックの四級シャトーに匹敵するものがある。経営者のアンドレ・リュルトンが1965年にシャトーを入手してから、この、オー・バイイとカルボーニュの間というまたとない立地に畑を持つシャトーを徹底的に改革した。  すぐ飲めるワインづくりに力が入れられたが、凝縮感があり、新鮮さを感じさせる純粋なワインをつくることも心がけられ、リュルトンはそのすべてをやってのけた。ここの赤ワインは白の輝かしさに比べると劣る、と言われたのは昔なら真実だが、1980年代半ばからは違う。どちらも秀逸なワインとなった。その上、ラ・ルヴィエールはいまだに不当に過小評価されているから、消費者は、グラーヴの名高いシャトーに匹敵する、質のよいおいしいワインを買いだめするチャンスがあるということだ。 ここは、訪問する価値があるシャトーの1つである。建物は、フランスの歴史的建造物とされている。 一般的な評価  アンドレ・リュルトンのシャトーに常に期待できるように、ラ・ルヴィエールは、ペサック・レオニャンで最も一貫して出来のよい、お値打ちの赤および白のワインを造っている。アペラシオン内の格付けワインに間違いなく匹敵できるレベルである。 <赤> 平均年間生産量:15万本 畑 面積:33.5ha、平均樹齢:20~22年 植樹密度:6.500~8.500本/ha 平均収量:45hl/ha 育て方:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレス槽で3週間。熟成は新樽50~75%で12ヶ月。澱引きは3ヶ月ごと。清澄も濾過も行う。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン64%、メルロ30%、カベルネ・フラン3%、プティ・ヴェルド3% シャトーラルーヴィエール ルージュ 2005 AOCペサックレオニャン Chateau La Louviere Rouge 2005 AOC Pessac Leognan 赤 ワイン 格安,2018

シャトーディケム 1985 ソーテルヌ特別第一級格付け Chateau d'Yquem 1985 Premiers Crus Superieur 白 ワイン 貴腐ワイン 極甘口 大人気,100%新品

Chateau d'Yquem シャトー・ディケム(イケム)世界の貴腐ワインの頂点に君臨する『シャトー・ディケム』が極小量入荷!ロバート・パーカー氏は「費やされた努力、リスク、厳格な選別過程を考えれば、最高の値札に値する数少ない高級ワインのひとつである。」と賞賛! ソーテルヌの格付けにおいても唯一【プルミエ・クリュ・シュペリュール(Premiers Crus Superieur)】にランクされています。  世界3大貴腐ワインと呼ばれるのは、フランスの【ソーテルヌ】、ドイツの【トロッケン・ベーレンアウスレーゼ】、ハンガリーの【トカイ・エッセンシア】の3つです。その中でも、フランス・ボルドー地方・ソーテルヌのワインには格付けがあり、その筆頭に君臨しているのがこの【イケム】です。その絶対評価は万人が認めるもので、異を唱える者がいない絶対的存在になっています。  唯一特別第1級【プルミエ・クリュ・シュペリュール(Premiers Crus Superieur)】に選出されイケムと比較しうる白ワインはブルゴーニュの雄「モンラッシェ」ぐらいとも言われるほどです。 ブドウの樹一本からグラス一杯のワインしか造られない、品質が自己の定める水準に満たない年には容赦なく生産しない清廉さ、黄金色に輝くこの雫は、本当に【飲む黄金】 そのものです。  ディケムの素晴らしさは他に類を見ないミクロクリマを有するテロワールももちろんですが、シャトーを運営する人々の妥協を許さぬ厳しさ、まさに「ディケムにふさわしいディケム」 だけを造りだそうとする情熱と弛まぬ努力が大きいのではないでしょうか。シャトーでは通常6~8週間かけて150人もの摘み手が最低でも4回の時期に分けて完全に熟したブドウのみを収穫、そうして厳しく選別されたブドウから造られたワインでも、樽熟成の段階でディケムとして世に出すにふさわしくないと判断されたものは生産量を減らしてでも容赦なく切り落とすのです。 このワインはその長命さでも愛好家を驚かせてきました。ロバート・パーカーによると飲み頃は収穫後10~100年も続く とされ、その熟成ポテンシャルは計り知れないものがあります。また、辛口のディケム「Y(イグレック)」も愛好家垂涎の品となっています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ソーテルヌ地区 / 特別第1級●ブドウ品種セミヨン80%、ソーヴィニョン・ブラン20%●タイプ白・フルボディ・極甘口(貴腐ワイン)●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【フランス ソーテルヌ 極甘口】【フランスボルドー 甘口】【ソーテルヌ】 【ソーテルン 】 【フランス 】【ボルドー 甘口 】【貴腐ワイン 】【ソーテルヌ】 【ソーテルン】 【極甘口 ソーテルヌ】 【イケム】【でぃけむ】【ディケム】 【イケム】 【デザートワイン】 【アペリティフ】【ディジェスティフ】【シャトー イケム】【シャトー ディケム】【ソーテルヌ 格付第1級】【特別第1級】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau d'Yquem シャトー・ディケム(イケム) Chateau d'Yquem シャトー・ディケム(イケム) 世界最高峰の甘口白ワインで全世界が賞賛!独自の地位を保つ唯一のシャトー!神々しい甘美な風味と長い熟成によって生まれる限りない深みは並ぶものがありません!世界の貴腐ワインの頂点に君臨する「シャトー・ディケム」。もちろんソーテルヌの格付けにおいても、ただひとつだけプルミエ・クリュ・シュペリュールにランクされています。 中世には国王の所有物  歴史は古く、中世にはイギリス国王が所有。その後、フランスとイギリス間で100年戦争が起こった結果、1453年、フランス国王のシャルル7世のものとなります。その後も、国有である時代が続き、1711年、代々シャトーの管理をしていたソヴァージュ家のレオン・ドゥ・ソヴァージュが、国から所有権を買い取りソヴァージュ家が単独のオーナーとなりました。  ソヴァージュ家はこの地方の名家で、1565年にシャルル9世がディケムのエステートを訪れた翌年、貴族に任命されます。彼らはディケムの土地にブドウを植樹し、また現在の城館を建てました。1785年、レオン・ドゥ・ソヴァージュの曾孫フランソワーズ・ジョセフィーヌ・ドゥ・ソヴァージュ・ディケムがルイ・アメデ・ドゥ・リュール・サリュース伯爵と結婚し、シャトーはリュール・サリュース家の所有となりました。  1787年に、後のアメリカ大統領のトーマス・ジェファーソンがディケムを30ケース購入し、1790年にジョセフィーヌに宛てた手紙の中でワインを絶賛しています。 1850年以降、ディケムは大人気になり、コンスタンティン大公が絶賛し1樽に2万フラン金貨を支払った事や、明治天皇も定期的に購入とのことです。 1999年までリュール・サリュース家が所有し、特にワイン造りに熱心なのは、ルイ・アマデとフランソワーズ・ジョセフィーヌの孫のロマン・ベルトランドと、その孫のベルトランドでした。ベルトランドは1968年まで在命で、その後はアレクサンドル・ドゥ・リュール・サリュースに引き継がれます。1999年から、【ルイ・ヴィトン・モエ・エ・ヘネシー・グループ】がシャトーの筆頭株主となりました。  シャトーの総責任者のアレクサンドルが引退し、2004年5月からは【シャトー・シュヴァル・ブラン】の総責任者でもあるピエール・リュルトンが総責任者に任命され、現在に至っています。 ワイン造り  ボルドーからN113号線を通ってバルサックへ入り、そこを通り抜けてソーテルヌ村に向かうと、海抜約80mという小高い丘があり。小丘の中腹には1級シャトーが集まり、頂点の部分に建つ壮麗なシャトーが、ソーテルヌで唯一の“1級特別級”であるシャトー・ディケム(またはイケム)です。「115ha」の広大なブドウ畑は、浸透性の少ない粘土とガロンヌ川によって運ばれた砂利で構成された丘にあります。畑は、表土は、砂利が混じった薄い砂質層に覆われています。しかし畑が広大なため、表土に砂利が多いところ、砂利が無くほぼ砂質のところ、表土に下部の粘土が露出しているところなど、畑も場所によってその様相が変わってきます。 どの畑も、土壌の性質の違があり、ディケムではその違いがより明白です。このため、質や特徴がそれぞれ異なるブドウが収穫されて、ワインに複雑な味と香りになります。  また有名な話ですが、ディケムのブドウ畑には、19世紀という早い時期から排水パイプが敷かれており、現在ではその距離は約100kmにも及んでいます。ディケムの畑があるこの粘土の丘はもともと排水が悪く、ブドウの根の発育が悪いので、排水処理が必要なのです。通常、貴腐化はブドウ全体ではなく、部分部分で始まるので、ブドウは房ごとに収穫せず、貴腐化部分だけを切り取り、同じ房を何度も収穫します。しかし、完全に糖度が上がりきっていないブドウも混じってしまうことは避けられません。このため、全体としての糖度は下がります。シャトーではそれを嫌って、特に収穫時期に雨が降り、糖分が流された場合などに関し、完全に貴腐化している粒だけを収穫することもあります。これは非常に手間で、大変な作業です。潜在アルコール度数が20度に達した時点で収穫が開始されます。  ブドウは、収穫されてから1時間以内に醸造所へと運ばれ収穫した日にちで分けるため、絞った段階でセミヨンとソーヴィニヨン・ブランが混じることもあります。また、ディケムでは今まで一度も補糖をしたことがない”ということで、それがシャトーの誇りとなっているのです。果汁は地下タンクに移され、発酵が始まらないように温度を下げた状態で、一晩そのまま寝かされます。翌日、上澄みだけを新樽に入れ、室温を上げて、アルコール発酵を開始させます。アルコール発酵は2~6週間と、期間は幅広く、これは自然酵母のみで発酵を行っている為です。アルコール発酵が自然と終了したものと判断したものは、ステンレスタンクに移されてマイナス4℃で、再度発酵が始まらないようにして樽の中にまた戻されます。  唯一の“1級特別級”に格付けされているディケムは、こうしたこだわりによってその名声を維持してきたのです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ソーテルヌ地方の中心部に位置し、沢山の第一級シャトーに囲まれた畑を見下ろす小さな丘の頂きに雄大に広がる。1785年から1997年までの間、このシャトーは、まさに一族によって所有されていた。アレクサンドル・ド・リュル・サリュース伯爵は、この広大なシャトーの経営責任者である一族の最も新しいメンバーで、1968年に叔父から引き継いだ。1997年に、このシャトーは巨大なコングロマリット、モエ=ヘネシーに売却されたが、この売却はリュル・サリュース伯爵の異議により成立せず、現在も彼が管理人である。  イケムの偉大さとユニークさにはいくつかの要因がある。第一は独自の微気候を伴う完璧な立地条件がある。第二に、リュル・サリュース家は、97kmにも及ぶパイプを用いた精巧な排水システムを設置。第三に、経済的な損失やトラブルを斟酌せずに、最も良質なワインだけを生産しようという狂信的とも言える執念が存在する。近隣の畑に比べこれほど優れている最大の理由は、この最後の要因にある。   ディケムでは、1本のブドウの木からたったグラス1杯のワインしか造らない。イケムに6週間から8週間滞在し、最低でも4回はブドウ畑をまわる150人もの摘み手のグループにより、ブドウが完璧に成熟するのを待って一粒一粒摘まれる。1964年は、摘み手達は、13回にも畑をまわったが、不向きと見なされるブドウを収穫しただけで、結局このヴィンテージは生産しなかった。ワイン醸造りをしているシャトーのなかで、収穫全体を自発的に格下のワインにまわすところ、あるいはそれが経済的に可能なところはほとんどない。  ディケムは信じられないような熟成の可能性を持っている。イケムのワインはあまりにリッチで、ふくよかで甘く、その多くはいつも10回目の誕生日を迎える前に飲まれてしまう。しかし、イケムが最高の飲み頃になるには15年から20年の年月が必要であり、偉大なヴィンテージは、50年あるいは75年以上以上経っても、新鮮で退廃的な芳醇さを備え続けている。私がかつて飲んだことのある最も偉大なイケムは1921年ものだった。驚くほど新鮮で生き生きとしており、その贅沢さと豊かさは決して忘れることはないだろう。  こうした品質への情熱は、何も畑に限ったことではない。ワインは新樽の中で3年以上かけて熟成され、全収穫量の20%が蒸発により失われる。リュル・サリュース伯爵が瓶詰めできると見なしたワインでも、最良の樽からだけ厳しく選別される。1975年、1976年、1980年といった秀逸な年には、樽の20%が排除された。1979年のような困難な年には、60%のワインがはずされた。1978年のような手に負えないヴィンテージでは、85%のワインがイケムとして売るのにふさわしくないと判断された。私の知る限り、これほど無情な選別過程をとり入れているシャトーはほかにない。ディケムでは、芳醇さが少しでも失われることを恐れて、決して濾過処理を行わない。  ディケムはまた「Y」と呼ばれる辛口のワインを造っている。これは特色のあるワインで、ディケムらしいブーケを持ち、樽香が強く、味は辛口で、通常は非常にフルボディで際立ってアルコール度数が高く、力強いワインで、私の舌には、フォアグラのようなコクのある食べ物と一緒に出されるのが最高である。ディケムは他の有名なボルドー・ワインと違って、プリムール、つまり先物で売られることはない。このワインは、通常はそのヴィンテージの4年後に、極めて高い価格で出荷されるが、費やされた労力、リスク、そして厳格な選別過程を考えれば、最高の値札に値する数少ない高級価格ワインのひとつである。 一般的な評価 ディケムがボルドーに2つとない偉大なワインであることは、説得力のある真実だと主張できる。 平均年間生産量:10万本 畑 面積:125ha(生産中の畑は103ha) 平均樹齢:30年 密植度:6500本 平均産出量:8hl/ha 育て方:発酵と42ヶ月間の熟成はオークの新樽で行う。清澄も濾過も行う。 ブレンド比率:セミヨン80%、ソーヴィニョン・ブラン20% *注記:このシャトーはイグレック(YGREC)と呼ばれる辛口白ワインも生産している。  造られたヴィンテージは以下の通り:2000年、1996年、1994年、1988年、1985年、1980年、1979年、1978年、1977年、1973年、1972年、1971年、1969年、1968年、1966年、1965年、1964年、1962年、1960年、1959年。  ディケムが生産されなかったのは1992年、1974年、1972年、1964年、1952年、1951年、1930年、1915年、1910年。 シャトーディケム 1985 ソーテルヌ特別第一級格付け Chateau d'Yquem 1985 Premiers Crus Superieur 白 ワイン 貴腐ワイン 極甘口 大人気,100%新品

シャトーラトゥール 2004 Chateau Latour 2004 赤 ワイン 得価,豊富な

シャトー・ラトゥール Chateau Latour 世界のワインの頂点に輝くボルドー1級シャトー。最も力強いボルドーワインの王!  ロバート・パーカー氏はシャトー・ラトゥールについて「ラトゥールはボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。ラトゥールは今では世界で最も凝縮感のある、豊かでタニックなフルボディのワインの1つである。ル・クラスマンは「シャトー・ラトゥールは間違いなく前世紀を通して今日までずっと偉大なメドックのスタイルを最も完全に表現し、伝え続けてきたクリュであろう。」 著名なワイン評論家ロバート・パーカーに「世界で最も凝縮感のある豊かでタニックなフルボディのワインの1つ」 と形容されるラトゥール。ヴィンテージを問わず表現される濃い色調、濃厚なタンニン、スギやヒノキといった特徴的なアロマがラトゥールらしさを印象づけています。プリムールにおいても5大シャトーのなかで頭一つ抜き出た価格を提示し、不変・不動と思われた一級シャトーの平穏と序列に揺さぶりをかけています。   ロバート・パーカー氏曰く、「ラトゥールは年月がたつにつれて良くなっていくワイン」と評価しています。良くなるとは、ワインが瓶の中ではるかに楽しく興味深いものになること、若い時に飲むよりも熟成させた方が楽しみが増すということを意味しています。  特別な日の特別なワインとして、セラーにしのばせておくのもいいかも知れません 。        *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ポイヤック村・メドック格付第1級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン80%、メルロー15%、カベルネ・フランとプティ・ヴェルド5%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【メドック格付第1級】 【メドック格付第一級】 【AOC ポイヤック】 【ポイヤック AOC】 【シャトー ラトゥール】 【グラン ヴァン】 【ロバート パーカー】 【ゴーミヨ誌】 【ル クラスマン】 【ラトゥール】 【ラツール】 【ポイヤック 格付一級】 【メドック第1級】 【マイケル ブロードベント 満点 】 【クラスマン 満点 】 【パーカー 5つ星 】 【ゴーミヨ 満点 】 【格付1級 格付一級】 シャトー・ラトゥール Chateau Latour Chateau Latour AOC Pauillac シャトー・ラトゥール メドック公式格付第1級・AOCポイヤック  『偉大なワインは水の近くに育つ樹からできる』 という古いメドックのことわざです。ラトゥールはこのことわざの如く、ジロンド川に程近い小高い丘にある畑「ランクロ」を拠点に個性的なテロワールで、畑、穏やかな気候、時間をかけて形成された土壌、このテロワールで産まれます。●テロワール *場所  ボルドーより北へ約60km 。ポイヤックにシャトー・ラトゥールはあります。サンジュリアン 近いポイヤックの南に位置する大部分の畑は、ジロンド川の河口の砂利質の丘にあります。 *気候  大西洋に近く温暖な海洋性気候が特徴。ジロンド川近い畑は寒波・春霜の害から守られています。夏の気候は、通常は晴天の日が多く続き、7月中旬までは雷雨もあります。 また、8月前半には暑く乾燥した日が多く、昼夜の気温差が大きく、雷雨の影響により一段と大きくなることもあり、ブドウの成熟を早めます。 <排水システムについて>  ランクロのブドウ畑には、19世紀以降排水システムが設置され、収穫の時期に品質を損なう余分な水分は素早く除去。 ●歴史  1378年よりフロワサールの『年代記』に登場。当時100年戦争の真っ只中で、要塞のサン・モベール塔はフランス国王のブルトン兵が守備していました。17世紀の終わりまで、ミュレ家により所有され、相次ぐ相続や結婚の結果、アレクサンドル・ドゥ・セギュールの所有地となりました、シャトーの歴史はこのセギュール家と共に始まります。  セギュール氏は、1716年、死の直前にシャトー・ラフィットを獲得し、息子でボルドー市議会議長ニコラ・アレクサンドルは、1718年、シャトー・ムートン・ロッチルドとシャトー・カロン・セギュールを獲得しワイン事業を拡大します。18世紀初め、イギリスで貴族階級やブルジョワ階級の人々が、高級ワインの消費の中心でした。そして、ボルドーワインの輸出も戦いが収まると同時に急速に伸び、品質と価格の点で他のワインを引き離していました。  1842年、一つの法人組織となり、1962年までセギュール家のみで構成していましたが、1963年、イギリスのファイナンシャル・グループ、ピアソン・グループが53%を所有する大株主となり、ハーヴェイズ・オブ・ブリストル社(後にアライド・ライオンズ・グループによって買収)が25%を所有。1989年、アライド・ライオンズ・グループはピアソン・グループの持分を買収し、セギュール家の相続人のもとに残る7%を除いた93%の株式を所有しました。  そして、1993年6月、フランソワ・ピノー氏がアルテミス社を通してアライド・ライオンズ・グループの持ち株を買収しました。30年にわたるイギリス資本による経営を終えたシャトー・ラトゥールは、再びフランス資本となり現在に至ります。 ●ブドウ畑  ラトゥールが所有するブドウ畑は76haで、中でもシャトーを取り囲む「ランクロ」と呼ばれる48haの畑が、グランヴァンになります。「ランクロ畑」は、ジロンド川の水位から16mの高さの丘からなり、南北の2つの支流、また東部のジロンド川沿岸の「パリュ」に囲まれます。  畑では、栽培密度が1haあたり1万本と非常に高く、質の高いブドウを収穫するため生産量は抑えます。また、毎年、枯れたり痛んだ苗木は若い樹に植え替えています。この技術は「コンプランタシオン(Complantation)」と呼ばれ、区画の生産量および品質維持のために行います。植え替えられたこれらの区画では、樹齢の異なる若い樹に印がつけられ、収穫は古い樹とは別に行われます。  区画の平均樹齢が高くなり過ぎた場合や区画内の樹齢のバラつきが増えると、全面的な植替えを検討し、区画全体を植え替える場合には、樹を引き抜いた後、土壌に再び活力を与え、ブドウの捕食動物を追放するために、5年間休ませます。現在では、ブドウ害のあるもの(捕食動物の算出、病気のサイクル等)を正確に分析し、リュット・レゾネ(対処農薬栽培)を実現。土壌では化学的な除草剤は一切使用せず、ブドウのつる、植物の堆肥、厩肥などの有機肥料のみを使用します。 ●収穫と醸造  通常9月中旬頃より、15~20日間かけ、収穫時には毎年臨時で約150人の収穫人を雇い、全て手摘みです。収穫にはブドウが潰れないように8kgほど収容できるカゴを使用。区画毎にカゴは直接醸造所へ運び、エレベーターで醸造所の2階へ運ばれ、余分な水分を取り除き2段階で選別。 1)不要な部分(葉や葉柄)や衛生状態がが悪い実などを除去。 2)ブドウに傷をつけ、品質を損なう恐れのある花柄部分(茎や軸)を除去。  その後タンクに運ばれ、ゆっくりと圧搾をし、アルコール発酵が始まります。タンクを水で冷却し温度調節しながらワインは約3週間かけ醗酵を行います。ワインからマール(=搾りかす。主にブドウの皮や種)を除き、清澄をした後、タンクに移し替えます。翌月には第2次発酵(マロラクティック発酵)が行われ、ワインは柔らかくなり、まろやかさとフィネスを持ちます。2001年にリニューアルされた醸造施設には、現在ステンレス製醸造タンクが66個あります。この数は以前の3倍です。タンク数の増加によりブドウを区画毎に発酵させることが可能になり、樹齢、ブドウの種類、テロワール、区画の面積に合わせて、12hl~170hlのサイズのタンクで醸造が可能です。 ●熟成  熟成する樽には、アリエ県とニエーヴル県のオーク材を使用。新樽はシャトー・ラトゥールに100%、レ・フォ-ル・ドゥ・ラトゥールに50%、ポイヤックに10%の割合で使用します。熟成の始めの数ヶ月は、シャトー・ラトゥールを造る最高のアッサンブラージュ(ブレンド)を選ぶためのテイスティングが繰り返されます。ワインは1年目のセラーで6ヶ月間熟成します。樽は密封されずに、ワインと大気の間でガス交換が行われるようにガラス製の栓でふさぎます。樽熟成中のワインは、わずかずつ蒸発するため、週2回ワインを補います。次に、樽は10~13ヶ月熟成させる為に、2年目のセラーへと移ります。樽は密封され、温度差から守られた樽の中で熟成を続けます。この段階ではウィヤージュの必要はありませんが、3ヶ月ごとに澱引きが行われます。樽に入れてから1年後に清澄されます。この清澄作業の約45日後に最後の澱引きが行われ、澄み切ったワインと澱を最終的に分離します。 ●瓶詰め  バランス、ポテンシャルを確認して瓶詰めをする前に、大きなステンレスタンクの中でブレンドします。現在では、新設のステンレスタンクで、一度に全てのワインをブレンドすることが可能となり、ワインの質を限りなく一定に保つことが可能になりました。ブレンド後、微生物分析に再び各ステンレスタンク(12hl~170hl)に入れられます。この作業は通常6月半ばに[ポイヤック]から始まり、[レ・フォール・ドゥ・ラトゥール]、[シャトー・ラトゥール]へと続きます。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」  ラトゥールはポイヤックとサンジュリアンの境という印象的な土地、壁をめぐらしたレオヴィル・ラス・カーズのブドウ畑のすぐ北に位置。クリーム色のいかめしい塔が立ち、道路からでもすぐ分かる。ラベルにもなって有名なこの堅牢な塔は、17世紀、もとはイギリス人が15世紀に海賊の攻撃から身を守るために建てた要塞のあった場所に建造され、以来、ブドウ畑とジロンド河を見下ろしている。ボルドーのメジャーなシャトーでは一握りしかない、外国企業に経営されてきたシャトーの1つだった。1963年から1994年までラトゥールを所有していたのはイギリス人で、1994年にフランソワ・ピノがこの土地を買い取り、フランス人の元に戻った。  ワインは非の打ちどころのない古典的なもので、素晴しいヴィンテージも凡庸なときも、また出来の悪いときでも、一貫して秀逸な品質です。並、または貧弱なヴィンテージにもボルドー1のワインを産出するという評判は、1960年、1972年、1974年については立証されているが、、最近の貧弱なヴィンテージ(1977年、1980年、1984年)には、ワインは驚くほど、ほかのシャトーより見劣りしている。  また、頑固なまでに時間のかかる熟成でも有名。20年~25年、瓶熟成し、かなりのタンニンを流し、その素晴らしい力強さと深み、豊かさを示すようになる。「勇壮」とか「男性的」「頑強」と言われるが、1983年~1989年の間にかすかだが、それと分かるほどにやわらいだようだ。スタッフは強く否定するのだが、私のテイスティングではより穏やかで、とっつきやすいスタイルと感じた。幸い、このような不真面目な傾向は、ラトゥールが1990年から再び傑出したワインを生産し始めると、消えてしまった。   1982年と、やや劣るが1986年が優れた年であることは否定できないが、際立った10年間ではない。1983年、1985年、1986年の大豊作を処理するのに発酵所(キュヴェリー)が足らなかったのは公然の秘密。ブドウを収容するべく発酵槽を早く空ける必要があった。地下のセラーやキュヴェリーを広張し、ボルドー最大の豊作年の1989年には何とか間に合った。1983年、1985年、1988年、1989年の試飲では、客観的に、今世紀のそれまでのどの年代と比べてのはっきりと軽く、力強さが薄れ、凝縮感の落ちたワインとなった感がある。1990年や1994年、1995年、1996年のラトゥールは元の状態に戻った。 平均年間生産量:20.000本 畑 面積:65ha(シャトーの周囲の47haは「ランクロ」と呼ばれ、グラン・ヴァンに含まれる) 平均樹齢:40年(ランクロ)と37年(その他) 密植度:10.000本 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン80%、メルロー15%、カベルネ・フランとプティ・ヴェルド5% シャトーラトゥール 2004 Chateau Latour 2004 赤 ワイン 得価,豊富な

シャトーラトゥール 1998 1500ml Chateau Latour 1998 1500ml 赤 ワイン 得価,豊富な

シャトー・ラトゥール Chateau Latour 世界のワインの頂点に輝くボルドー1級シャトー。最も力強いボルドーワインの王!  ロバート・パーカー氏はシャトー・ラトゥールについて「ラトゥールはボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。ラトゥールは今では世界で最も凝縮感のある、豊かでタニックなフルボディのワインの1つである。ル・クラスマンは「シャトー・ラトゥールは間違いなく前世紀を通して今日までずっと偉大なメドックのスタイルを最も完全に表現し、伝え続けてきたクリュであろう。」 著名なワイン評論家ロバート・パーカーに「世界で最も凝縮感のある豊かでタニックなフルボディのワインの1つ」 と形容されるラトゥール。ヴィンテージを問わず表現される濃い色調、濃厚なタンニン、スギやヒノキといった特徴的なアロマがラトゥールらしさを印象づけています。プリムールにおいても5大シャトーのなかで頭一つ抜き出た価格を提示し、不変・不動と思われた一級シャトーの平穏と序列に揺さぶりをかけています。   ロバート・パーカー氏曰く、「ラトゥールは年月がたつにつれて良くなっていくワイン」と評価しています。良くなるとは、ワインが瓶の中ではるかに楽しく興味深いものになること、若い時に飲むよりも熟成させた方が楽しみが増すということを意味しています。  特別な日の特別なワインとして、セラーにしのばせておくのもいいかも知れません 。        *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ポイヤック村・メドック格付第1級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン80%、メルロー15%、カベルネ・フランとプティ・ヴェルド5%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量1500ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【メドック格付第1級】 【メドック格付第一級】 【AOC ポイヤック】 【ポイヤック AOC】 【シャトー ラトゥール】 【グラン ヴァン】 【ロバート パーカー】 【ゴーミヨ誌】 【ル クラスマン】 【ラトゥール】 【ラツール】 【ポイヤック 格付一級】 【メドック第1級】 【マイケル ブロードベント 満点 】 【クラスマン 満点 】 【パーカー 5つ星 】 【ゴーミヨ 満点 】 【格付1級 格付一級】 シャトー・ラトゥール Chateau Latour Chateau Latour AOC Pauillac シャトー・ラトゥール メドック公式格付第1級・AOCポイヤック  『偉大なワインは水の近くに育つ樹からできる』 という古いメドックのことわざです。ラトゥールはこのことわざの如く、ジロンド川に程近い小高い丘にある畑「ランクロ」を拠点に個性的なテロワールで、畑、穏やかな気候、時間をかけて形成された土壌、このテロワールで産まれます。●テロワール *場所  ボルドーより北へ約60km 。ポイヤックにシャトー・ラトゥールはあります。サンジュリアン 近いポイヤックの南に位置する大部分の畑は、ジロンド川の河口の砂利質の丘にあります。 *気候  大西洋に近く温暖な海洋性気候が特徴。ジロンド川近い畑は寒波・春霜の害から守られています。夏の気候は、通常は晴天の日が多く続き、7月中旬までは雷雨もあります。 また、8月前半には暑く乾燥した日が多く、昼夜の気温差が大きく、雷雨の影響により一段と大きくなることもあり、ブドウの成熟を早めます。 <排水システムについて>  ランクロのブドウ畑には、19世紀以降排水システムが設置され、収穫の時期に品質を損なう余分な水分は素早く除去。 ●歴史  1378年よりフロワサールの『年代記』に登場。当時100年戦争の真っ只中で、要塞のサン・モベール塔はフランス国王のブルトン兵が守備していました。17世紀の終わりまで、ミュレ家により所有され、相次ぐ相続や結婚の結果、アレクサンドル・ドゥ・セギュールの所有地となりました、シャトーの歴史はこのセギュール家と共に始まります。  セギュール氏は、1716年、死の直前にシャトー・ラフィットを獲得し、息子でボルドー市議会議長ニコラ・アレクサンドルは、1718年、シャトー・ムートン・ロッチルドとシャトー・カロン・セギュールを獲得しワイン事業を拡大します。18世紀初め、イギリスで貴族階級やブルジョワ階級の人々が、高級ワインの消費の中心でした。そして、ボルドーワインの輸出も戦いが収まると同時に急速に伸び、品質と価格の点で他のワインを引き離していました。  1842年、一つの法人組織となり、1962年までセギュール家のみで構成していましたが、1963年、イギリスのファイナンシャル・グループ、ピアソン・グループが53%を所有する大株主となり、ハーヴェイズ・オブ・ブリストル社(後にアライド・ライオンズ・グループによって買収)が25%を所有。1989年、アライド・ライオンズ・グループはピアソン・グループの持分を買収し、セギュール家の相続人のもとに残る7%を除いた93%の株式を所有しました。  そして、1993年6月、フランソワ・ピノー氏がアルテミス社を通してアライド・ライオンズ・グループの持ち株を買収しました。30年にわたるイギリス資本による経営を終えたシャトー・ラトゥールは、再びフランス資本となり現在に至ります。 ●ブドウ畑  ラトゥールが所有するブドウ畑は76haで、中でもシャトーを取り囲む「ランクロ」と呼ばれる48haの畑が、グランヴァンになります。「ランクロ畑」は、ジロンド川の水位から16mの高さの丘からなり、南北の2つの支流、また東部のジロンド川沿岸の「パリュ」に囲まれます。  畑では、栽培密度が1haあたり1万本と非常に高く、質の高いブドウを収穫するため生産量は抑えます。また、毎年、枯れたり痛んだ苗木は若い樹に植え替えています。この技術は「コンプランタシオン(Complantation)」と呼ばれ、区画の生産量および品質維持のために行います。植え替えられたこれらの区画では、樹齢の異なる若い樹に印がつけられ、収穫は古い樹とは別に行われます。  区画の平均樹齢が高くなり過ぎた場合や区画内の樹齢のバラつきが増えると、全面的な植替えを検討し、区画全体を植え替える場合には、樹を引き抜いた後、土壌に再び活力を与え、ブドウの捕食動物を追放するために、5年間休ませます。現在では、ブドウ害のあるもの(捕食動物の算出、病気のサイクル等)を正確に分析し、リュット・レゾネ(対処農薬栽培)を実現。土壌では化学的な除草剤は一切使用せず、ブドウのつる、植物の堆肥、厩肥などの有機肥料のみを使用します。 ●収穫と醸造  通常9月中旬頃より、15~20日間かけ、収穫時には毎年臨時で約150人の収穫人を雇い、全て手摘みです。収穫にはブドウが潰れないように8kgほど収容できるカゴを使用。区画毎にカゴは直接醸造所へ運び、エレベーターで醸造所の2階へ運ばれ、余分な水分を取り除き2段階で選別。 1)不要な部分(葉や葉柄)や衛生状態がが悪い実などを除去。 2)ブドウに傷をつけ、品質を損なう恐れのある花柄部分(茎や軸)を除去。  その後タンクに運ばれ、ゆっくりと圧搾をし、アルコール発酵が始まります。タンクを水で冷却し温度調節しながらワインは約3週間かけ醗酵を行います。ワインからマール(=搾りかす。主にブドウの皮や種)を除き、清澄をした後、タンクに移し替えます。翌月には第2次発酵(マロラクティック発酵)が行われ、ワインは柔らかくなり、まろやかさとフィネスを持ちます。2001年にリニューアルされた醸造施設には、現在ステンレス製醸造タンクが66個あります。この数は以前の3倍です。タンク数の増加によりブドウを区画毎に発酵させることが可能になり、樹齢、ブドウの種類、テロワール、区画の面積に合わせて、12hl~170hlのサイズのタンクで醸造が可能です。 ●熟成  熟成する樽には、アリエ県とニエーヴル県のオーク材を使用。新樽はシャトー・ラトゥールに100%、レ・フォ-ル・ドゥ・ラトゥールに50%、ポイヤックに10%の割合で使用します。熟成の始めの数ヶ月は、シャトー・ラトゥールを造る最高のアッサンブラージュ(ブレンド)を選ぶためのテイスティングが繰り返されます。ワインは1年目のセラーで6ヶ月間熟成します。樽は密封されずに、ワインと大気の間でガス交換が行われるようにガラス製の栓でふさぎます。樽熟成中のワインは、わずかずつ蒸発するため、週2回ワインを補います。次に、樽は10~13ヶ月熟成させる為に、2年目のセラーへと移ります。樽は密封され、温度差から守られた樽の中で熟成を続けます。この段階ではウィヤージュの必要はありませんが、3ヶ月ごとに澱引きが行われます。樽に入れてから1年後に清澄されます。この清澄作業の約45日後に最後の澱引きが行われ、澄み切ったワインと澱を最終的に分離します。 ●瓶詰め  バランス、ポテンシャルを確認して瓶詰めをする前に、大きなステンレスタンクの中でブレンドします。現在では、新設のステンレスタンクで、一度に全てのワインをブレンドすることが可能となり、ワインの質を限りなく一定に保つことが可能になりました。ブレンド後、微生物分析に再び各ステンレスタンク(12hl~170hl)に入れられます。この作業は通常6月半ばに[ポイヤック]から始まり、[レ・フォール・ドゥ・ラトゥール]、[シャトー・ラトゥール]へと続きます。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」  ラトゥールはポイヤックとサンジュリアンの境という印象的な土地、壁をめぐらしたレオヴィル・ラス・カーズのブドウ畑のすぐ北に位置。クリーム色のいかめしい塔が立ち、道路からでもすぐ分かる。ラベルにもなって有名なこの堅牢な塔は、17世紀、もとはイギリス人が15世紀に海賊の攻撃から身を守るために建てた要塞のあった場所に建造され、以来、ブドウ畑とジロンド河を見下ろしている。ボルドーのメジャーなシャトーでは一握りしかない、外国企業に経営されてきたシャトーの1つだった。1963年から1994年までラトゥールを所有していたのはイギリス人で、1994年にフランソワ・ピノがこの土地を買い取り、フランス人の元に戻った。  ワインは非の打ちどころのない古典的なもので、素晴しいヴィンテージも凡庸なときも、また出来の悪いときでも、一貫して秀逸な品質です。並、または貧弱なヴィンテージにもボルドー1のワインを産出するという評判は、1960年、1972年、1974年については立証されているが、、最近の貧弱なヴィンテージ(1977年、1980年、1984年)には、ワインは驚くほど、ほかのシャトーより見劣りしている。  また、頑固なまでに時間のかかる熟成でも有名。20年~25年、瓶熟成し、かなりのタンニンを流し、その素晴らしい力強さと深み、豊かさを示すようになる。「勇壮」とか「男性的」「頑強」と言われるが、1983年~1989年の間にかすかだが、それと分かるほどにやわらいだようだ。スタッフは強く否定するのだが、私のテイスティングではより穏やかで、とっつきやすいスタイルと感じた。幸い、このような不真面目な傾向は、ラトゥールが1990年から再び傑出したワインを生産し始めると、消えてしまった。   1982年と、やや劣るが1986年が優れた年であることは否定できないが、際立った10年間ではない。1983年、1985年、1986年の大豊作を処理するのに発酵所(キュヴェリー)が足らなかったのは公然の秘密。ブドウを収容するべく発酵槽を早く空ける必要があった。地下のセラーやキュヴェリーを広張し、ボルドー最大の豊作年の1989年には何とか間に合った。1983年、1985年、1988年、1989年の試飲では、客観的に、今世紀のそれまでのどの年代と比べてのはっきりと軽く、力強さが薄れ、凝縮感の落ちたワインとなった感がある。1990年や1994年、1995年、1996年のラトゥールは元の状態に戻った。 平均年間生産量:20.000本 畑 面積:65ha(シャトーの周囲の47haは「ランクロ」と呼ばれ、グラン・ヴァンに含まれる) 平均樹齢:40年(ランクロ)と37年(その他) 密植度:10.000本 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン80%、メルロー15%、カベルネ・フランとプティ・ヴェルド5% シャトーラトゥール 1998 1500ml Chateau Latour 1998 1500ml 赤 ワイン 得価,豊富な

シャトーデュアールミロン 1994 Chateau Duhart Milon Rothschild 1994 赤 ワイン 得価,豊富な

ボルドー5大シャトーの筆頭に君臨!!そして!!最も入手困難を極める、[シャトー・ラフィット・ロートシルト]! その[ラフィット]に隣接するポイヤックの名門シャトー。「ロスチャイルド家」が買収後、華麗に復活し、あのパーカーさんも『3級に昇格すべき』とする4級格付けシャトー。 そんなシャトーが産んだ最高傑作!! 以前は[ラフィット]のセカンドワインとされるほどの評価で、先述の格付けの際には、現在人気の[ランシュ・バージュ]などよりも上位の、ポイヤックで唯一つの4級とされるほどでした。ただ、19世紀後半から20世紀半ばにかけては、所有者が転々と代わり、畑の面積もどんどん減少するなど、そのポテンシャルには相応しくないとの評価が一般的でした。 低迷していたシャトーも、1962年、[ラフィット]で名を馳せる「ロートシルト家」がこの[デュアール・ミロン]を買収したことから、急速に復興が始まりました。 豊富な資金力の下、ブドウの植え替えと排水設備の設置から、発酵タンクや醸造設備の一新などなど、徹底的な改修や改革が行われ、そうした努力の結果、ようやく過去の栄光を取り戻し、Rパーカーさんも3級に昇格させても良いかもしれないと評価するまでになりました。 現在では、ブドウの栽培法からワインの仕込みや醸しに至るまで、全て【ラフィット・ロートシルト】と同様の手法が用いられ、熟成に使用する樽は、一度ラフィットで使用されたものが使われています。 21世紀になり新興市場、特に中国での爆発的な【ラフィット・ロートシルト】人気もあり、同じオーナー、同じ手法で造られたこのワインも益々入手困難となってきています。 ほとんど漆黒の深い色調。幾つかのスパイスにブラックベリーとミルクチョコレートの見事なアロマ。控え目な木樽のニュアンスにクレーム・ド・カシス、甘草、西洋杉の香りなど次々にポイヤックのワインに特徴的な香りが鼻腔をくすぐります。濃厚で凝縮したタンニンは強固な印象を受けます。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ポイヤック村・格付け第4級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン63%、メルロー37%●タイプ赤・フルボディ・辛口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】【AOC ポイヤック】【ポイヤック AOC】【メドック 格付第4級】【格付4級】【シャトー デュアール ロートシルト】【シャトー ラフィット ロートシルト】【シャトー デュアールロートシルト】【ポイヤック AOC】【メドック グランクリュ】【デュアール ミロン】【シャトー ラフィット ロートシルト 】【格付第一級 】【デュアール ミロン ロートシルト】【バロン ド ロートシルト】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】 Chateau Duhart Milon Rothschild シャトー・デュアール・ミロン あのメドック格付第一級!最高峰!5大シャトーの筆頭シャトーの【シャトー・ラフィット・ロートシルト】と同経営!(ロートシルト家による)であり、醸造チームも全てラフィット・ロートシルトのチームであり、ブドウ畑も敷地もすべてラフィット・ロートシルトの西側に隣接する人気の格付ポイヤック第4級! ロバート・パーカー氏に「3級に昇格させてもよいかもしれない」と言わしめたメドック格付第4級! 有名な1級シャトー【ラフィット・ロートシルト】と【ムートン・ロートシルト】との地続きの畑を持つのがシャトー・デュアール・ミロン・ロートシルト。 以前は【ラフィット】のセカンドワインとされるほどの評価で、1855年の格付けでは、ポイヤック唯一の4級シャトーとされました。しかし、その後は所有者が転々と移り、衰退の一途を辿っていました。 ラベルが【ラフィット・ロスチャイルド】似ています。それも、そのはず、【デュアール・ミロン】は、ラフィット・ロスチャイルドが所有する「もう1つの」シャトーなのです。 1962年、ロートシルト家がシャトーを買収したことから、このシャトーの復興が始まります。ブドウの植え替えから新しい醸造所と発酵タンクの設置など、徹底的な改修が行われ、40年にもおよぶ努力の結果、ようやく過去の栄光を取り戻してきています。 畑は【シャトー ラフィット・ロスチャイルド】の西側、カリュアド台地の延長線上にあるミロンの丘に位置する、細かい砂利まじりの土壌の畑でブドウが造られており、1962年以降はずっとラフィットと同じ醸造チームが手がけています。 醸造作業についても全く同じ行程で、伝統に則った厳格な収穫管理、手摘み収穫、多種多様な作業を年間通じて手作業で行っています。 畑の場所が異なるため、ラフィットと全く同じ味わいというわけにはいきませんが、造られるワインのスタイルはまさにラフィットそのものです。 バランスが取れていて、エレガンスとフィネスが重視されているスタイルです。 メドック格付けの見直しがあれば3級に昇格させてもいいかもしれないと言われる程の実力を持ち、かつ、ラフィットが手掛けているとなればボルドーファンの方が、皆さん欲しがるのも納得です。 ラフィット同様、入荷も少なく、毎年最新ヴィンテージが出たらあっという間に売り切れてしまう大変人気の高いシャトーと言えるでしょう。 歴史 18世紀の初頭、【ラフィット・ロートシルト】の成功により、ポイヤックの地はブドウ畑で埋め尽くされた。当時、ラフィットを所有していたのは、ルイ15世から『葡萄の王子』と呼ばれたニコラ・アレキサンドル・ド・セギュール伯爵でした。 品質の良さを認められていた【シャトー・デュアール・ミロン・ロートシルト】のワインは、シャトー・ラフィットのセカンドワインとされていました。 1830年、カステジャ家がミロンの畑の発祥の地であるマンダヴィ・ミロンを相続します。その後、隣接する畑を買い取り、およそ40haとなった畑に【デュアール・ミロン】の名を付けました。 カステジャ家の伝承によると、シャトー名にも名を残したデュアール氏とは、かつてルイ15世の武装船の船長で、定年後にポイヤックに住むようになったと言われています。 また、1950年代までポイヤックの港には海賊の家が残されていたことから、これをラベルの絵柄としています。 1855年の格付けでは、畑の質が認められ、ポイヤックで唯一の第4級のシャトーになっています。19世紀後半から20世紀前半にかけてもカステジャ家の所有が続き、50haという広い畑を持つ、ポイヤックの中でも大きなシャトーの一つとなっていました。 1937年、ついにカステジャ家の所有の畑が売却されることになります。それ以降の25年間、5人の所有者に引き継がれ、その間に畑は分割され、これが大きな要因として次第に衰退していきました。1956年の冷害によってシャトーは更に低迷し、ワインの質が著しく低下することになりました。 1962年、ついに今のロートシルト家の手に渡りましたが、110haの土地にわずか17haのブドウ畑しかないという状態でした。 そこから大きく修復の手が入り、排水設備、ブドウ木の植え替え、畑の購入、整理統合などを行いました。新しい醸造所と発酵タンクも設置され、1973年から2001年の間に、ブドウ畑も43haから71haに広がります。 40年にも及ぶシャトー改善の努力の結果、ブドウの木も成長し、ようやく格付け4級シャトーに相応しいレベルに復活を果たしました。 シャトーデュアールミロン 1994 Chateau Duhart Milon Rothschild 1994 赤 ワイン 得価,豊富な

シャトーバーンオーブリオン 2001 Chateau Bahans Haut Brion 2001 赤 ワイン 格安,2018

Chateau Haut Brion シャトー・オー・ブリオン限りなくファーストに近い、【シャトー・オー・ブリオン】のセカンド・ワイン!メドック以外で唯一の格付け第1級シャトー!5大シャトーのセカンドワインの中で最もコストパフォーマンスに優れた、玄人好みの1本です!! 5大シャトーのなかで、 唯一グラーヴ地区から選ばれた【オー・ブリオン】。5大シャトーの中でも 最もエレガントで他にない複雑なアロマで、世界のワインファンを魅了するワインです。 ロバート・パーカー氏は、オー・ブリオンについて、「この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーはほかにない。」 と「ボルドーで最高のセカンドワインの1つである」と大絶賛しています。   セカンドワインというと、シャトーによって、樹齢の若いブドウを使用したものや、別の区画から取れたブドウを使用するものなど様々ですが、オー・ブリオンの場合は、瓶詰め手前までグラン・ヴァンと同じように造っています。  グラン・ヴァンと同じ畑で育てた後にブドウが選別され、グラン・ヴァンとセカンドに分けます。つまり、 オー・ブリオンと同じテロワールであり、同じ畑で栽培から収穫、製法までに同じように造っています。限りなくファースト・ラベルに近いセカンドと称される理由はそこにあります。そして、このバーン・オー・ブリオンは、1998年より元の【ル・バーン・デュ・シャトー・オーブリオン(Le Bahans du Chateau Haut-Brion)】から改名され、さらに2007年から【ル・クラレンス・ド・オー・ブリオン(Le Clarence de Haut Brion)】となってリニューアルされ、現在では造られていない銘柄になりました。  赤いベリーやスモーキーなアロマ。甘やかなカシスやプラムなどの黒系果実の芳醇な香り、ブラックカラント、カカオ、チョコレートやトリュフなどの複雑なニュアンス。酸味は控えめで、アタックは柔らかく深い魅惑的な果実味の濃厚な味わいは模範的なグラーヴのスタイルを体現した1本と言えるでしょう。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ぺサック・レオニャン・グラーブ / メドック格付け1級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン48%、メルロー27%、カベルネ・フラン25%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【AOC ペサック レオニャン】 【ペサック レオニャン AOC】 【グラーヴ 格付】 【格付 グラーヴ】 【オー ブリオン】 【バーン オーブリオン】 【バアン オーブリオン】 【バーン・オー・ブリオン】【バアン・オー・ブリオン】【オーブリオン】 【オー ブリオン】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Haut-Brion シャトー・オー・ブリオン シャトー・オー・ブリオン プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ・格付第一級 グラーヴ Chateau Haut-Brion 1er Grand Cru Classe du Graves AOC Pessac- Leognan グラーブ地区にありながら、例外的にメドック格付けで1級に選ばれたワイン!5大シャトーの中で最も歴史が古く、最も小さなシャトー!現地、フランスで、5大シャトーの中で最も人気のあるシャトー!! 1855年のメドックの格付けで、当時からあまりにも有名だったために、例外的にグラーブ地区から選ばれ、1級という栄誉を与えられた歴史的シャトーがオー・ブリオンです。それもそのはず、オー・ブリオンの名声は、当時すでにヨーロッパ全土に広まる勢いだったのです。  オー・ブリオンが誕生したのは1550年。その後、「滓引き」「ウイヤージュ(補酒)」といった手法を初めて取り入れるなど技術革命を起こし、イギリス市場に進出。1666年、ロンドンにオー・ブリオンを供する居酒屋ができると、このワインは大評判となりました。その後、オー・ブリオンは、ナポレオン戦争で敗れたフランスの救世主となります。国の崩壊という危機に追い込まれていたフランスの外相タレイランは、敗戦国の処遇を決める1814年の「ウィーン会議」で、連日連夜、各国代表に豪華な料理とオー・ブリオンを振る舞いました。  これによって各国代表も態度を軟化させ、フランスは敗戦国でありながら領土をほとんど失うことなく乗り切ることができたのです。まさに“フランスの救世主”ともいえるオー・ブリオンの名声は、瞬く間にヨーロッパ全土に広まっていきました。特例としてメドックの格付1級に加えられているのも当然のことなのですね。  オー・ブリオンは、5大シャトーの中で最も“エレガント”“香り高い”と評される一方で、“軽い”“外交的”とも言われていますが、決して軽いという訳ではありません。他の4つのメドックのワインに比べると、メルローの比率が高いため、渋みが少なく柔らかさがあり、グラーヴ地区らしい香りや味の調和のとれた、とても親しみやすいワインなのです。 それに加えて、優れた凝縮感を持ち合わせていて、いい年のものは、若いうちから飲みやすいにも関わらず、ゆっくり寝かせると重みとともに滑らかな舌触りも増し、30年の熟成にも耐えることから、5大シャトーで“最も飲み頃の期間が長い”とも言われています。  類まれな豊かな香りとともに、タンニンの殻に邪魔されることなく、複雑でエレガントな風味と、まろやかでたっぷりとした旨味を楽しめることができる、極上の美酒オー・ブリオン。その味わいに触れてみると、多くの者の心を動かし、歴史さえも変えてきた理由がお分かりいただけることでしょう。かつてフランスという国をも救ったオー・ブリオンは、今でも社交の場で最高の働きをしてくれる、とっておきの1本なのです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」  ペサック郊外の活気ある商業地区にあるオー=ブリオンは、米国人が所有する唯一の第一級シャトー。ディロン一族がオー=ブリオンを1935年に購入した際、シャトーは非常に貧弱な状態で、シャトーとセラーに多額の資金を投入した。現在は、この美しい場所は、グラーブの模範的なシャトーになった。  オー=ブリオンのワイン造りは、明敏でハンサムなジャン・デルマ(ワインの世界における最も才能のある管理者の一人)が管理。オー=ブリオンはまた、ボルドー・ワインにしては長期間(最長30ヶ月)新樽で熟成させるところで、ポムロルのクリネと並んで、ワインを瓶詰めする時期が最も遅いシャトーの1つ。  オー・ブリオンのワインのスタイルは変化を遂げた。1950年代から1960年代初めにかけての、とびきり豊かで、土の香りのする、甘くさえあるワインは、1966年から1974年の間には、より軽く、やせて、気軽に飲める、いくらか単純なスタイルのクラレットに変り、第一級シャトーに期待する豊かさと深みを欠いていた。これが意図的なものなのか、あるいは単に少し低迷していただけなのか、いまだに答えは見つからない。オー=ブリオンのスタッフたちは短気であり、このような批判に対しては敏感である。1975年のヴィンテージからは再び、1966年以前には備わっていた、本来の土っぽい豊かさと凝縮味を取り戻した。今日、オー=ブリオンはまぎれもなく第一級シャトーの地位にふさわしいワインを造っている。  偶然の一致か分からないが、オー=ブリオンの質が1966年から1974年という時代を経て回復し始めたのは、ダグラス・ディオンの娘であるジョアンがこの会社の代表取締役となった1975年のことであった。最初の夫であるルクセンブルクのシャルル皇太子が亡くなった後、彼女は1978年にムシイ公爵と再婚した。これと同じくして、バーン=オー=ブリオンへまわされるブドウの量が増やされ、それにより、オー=ブリオンの品質が改善されたのは疑問の余地がない。更に、ジャン・デルマに対し、このシャトーを運営する全権限が与えられた。ボルドー全ての人々が認めるだろうが、彼はフランスにおける最も才能のある、また知識豊かなワインの造り手であり、管理者の一人なのである。クローン選別についての、最新技術を集結しての驚異的な研究では、フランスでは彼の右に出る者はいない。1980年代に収穫が豊かになると、デルマは、ポムロルのシャトー・ペトリュスのクリスティアン・ムエックスと同様に、ブドウの房を切り取ることで収穫制限したのであった。この方法により優れた凝縮味と驚異的な質を備えた1989年ものが生まれたことは間違いない。このワインは、初期の段階では1959年と1961年もの以来、最も賞賛に値するオー=ブリオンであると思われる。  ブラインド・テイスティングにおいて、オー=ブリオンが、第一級シャトーのなかでは最も外交的で軽いワイン、という印象をしばしば与えるという事実は興味深い。実際には、このワインは軽いのではなく、単に、オークの個性があって肉付きがよく、よりタンニンの多いメドックのワインや、よりシフトでメルロが支配的な、右岸でつくられたワインとは異なっているというだけなのだ。最高のヴィンテージにおいては、早熟であるにもかかわらず、このワインは30年かそれ以上熟成を続ける能力を持っており、ほかのいかなる第一級シャトーのワインよりも飲み頃である期間が長い。  1978年以来、オー=ブリオンの質的レベルが向上するに伴って、セカンド・ラベルであるバアン=オー=ブリオンの質も向上した。これはいまやボルドーで最高のセカンド・ワインのひとつであり、いくつかのヴィンテージでこれを凌いだことのあるセカンド・ワインといえば、名高いシャトー・ラトゥールのレ・フォール・ドゥ・ラトゥールくらいのものである。  オー=ブリオンで造られる白ワインは依然として、グラーヴ地方で最高のワインであると評価されている。しかし、生産量が非常にわずかなため、所有者の要請で格付けされたことがない。とはいえ、驚異的なモンラッシェのようにふくよかな舌触りのある白のグラーヴづくりを追求するジャン・デルマの指導のもと、この白ワインはまったく力強いものとなっている。1994年、1989年および1985年といった最近のヴィンテージなどは、まったく驚くほどの出来栄えを示している。  私の個人的な感想を付け加えておくと、30年以上にわたって集中的にできるだけ多くのボルドー・ワインを試飲した結果、自分の試飲に生じた唯一の全般的な変化というのは、私がオー=ブリオンに対して、ますます深い愛情を抱くようになったということである。このワインに備わった、燻したような、ミネラル、葉巻の箱、甘いブラックカラントの特性は、私が年齢を重ねるにつれ、またジャン・デルマならきっとそう私に言うであろうが、私がより賢くなるにつれ、いっそう魅力的に感じられる。 <赤> 平均年間生産量:14.000~18.000ケース 畑 面積:43ha 平均樹齢:36年 密植度:8.000本 育て方:収穫は手作業。発酵は温度調節された225hl入りのステンレス鋼の発酵槽で行われる。 マストの温度によって、コンピューター制御でポンピング・オーバーし、温度調節する。 平均温度は30℃。熟成は新しいオーク樽で22ヶ月間。新鮮な卵白で清澄処理される。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロー37%、カベルネ・フラン18% <白> 平均年間生産量:7.800本 セカンド:5.000本 畑 面積:2.7ha 平均樹齢:36年 植樹密度:8.000本 平均収量:35hl/h 育成:発酵と13~16ヶ月間の熟成はオークの新樽で行う。清澄も濾過もしない。 ブドウ品種:セミヨン63%、ソーヴィニョン・ブラン37% シャトーバーンオーブリオン 2001 Chateau Bahans Haut Brion 2001 赤 ワイン 格安,2018

シャトーオーブリオン 1982 プルミエグランクリュクラッセ格付第一級 グラーヴ Chateau Haut Brion 1982 1er Grand Cru Classe du Graves AOC Pessac Leognan 赤 ワイン 格安,2018

Chateau Haut-Brion シャトー・オー・ブリオンメドック格付け第一級!五大シャトーのなかで、 唯一グラーヴ地区から選ばれたオー・ブリオン。そして五大シャトーの中でも最もエレガントで他にない複雑なアロマで世界のワインファンを魅了するワインです。  五大シャトーの中で唯一グラーヴ地区から選ばれた【シャトー・オー・ブリオン】。ボディは厚く、タイトで、ポテンシャルが十分に発揮されるまでに長期熟成を要する伝統的な造りが特徴です。またメルロがカベルネ・ソーヴィニヨンより多くなるアッサンブラージュも独特のものです。  500年以上も続くオー・ブリオンの歴史のその最初の記録は、 イングランド王【チャールズ2世】のワインセラーの元帳で見つかり、1660年から1661年の間に、169本のオー・ブリオンが王の宮廷に収められていました。1935年にアメリカの有名な財界人【クラレンス・ディロン氏】が買い取り、現在は、そのディロン氏の熱い意思をルクセンブルグ大公国【ロベール皇太子殿下】が受け継いでいます。  ブドウの平均年齢は35年、最も古い区画では1930年代、1ヘクタールにつき平均8,000本の密度でブドウが植えられています。ボルドーで最初に発酵槽にステンレスタンクを用いたことでも分かるように、技術革新に積極的なシャトーとしても有名です。  収穫は手で行われ、区画ごとに同じ作業グループが取り扱い、チームが個々のブドウを熟知できるようにしています。オークの新樽100%(専用の樽作製場を所持している)で、ヴィンテージの持久力と力強さに応じて22〜26ヵ月間寝かせます。ポテンシャルが十分に発揮されるまでに長期熟成を要する伝統的な造り。  味わいの面では、年々様々な変遷を遂げてきました。1950年代から1960年代はじめにかけては現在と似たとびきりリッチで、土っぽく、甘いスタイル。1966年から1974年の間には、より軽く、穏やかな、いくらか単純なスタイルの赤ワインに変わってしまい、少し低迷を見せていましたが、1975年のヴィンテージからは、1966年以前に備わっていた土っぽい豊かさと凝縮感を取り戻し、まぎれもなく一級シャトーにふさわしいワインを現在まで造り続けています。  香りの面では、「オー・ブリオンの偉大なヴィンテージの右に出るものはない」 、と言われるほど香り高いワインとして有名です。特徴はスモーキーで、ミネラル、葉巻や甘いカシスを感じる香り。 「この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーはほかにない。」 (『ボルドー第4版』より)とロバート・パーカーも賞賛しています。  赤いベリーやブラックベリー、スモーキーなアロマ。カシスジャムのような濃縮感。トースト、ミネラル、鉛筆の芯、甘草、スパイス、ミルクチョコレートなど様々なニュアンスが感じられ複雑な印象。酸は控えめながら果実味のエキス分、グリセリンのレベル全ての要素において偉大で並はずれた品質を誇ります。味わい深い魅惑的なワインです。その豊潤で官能的な味わいにしばし酔いしれることでしょう。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / グラーヴ地区 ※赤ワイン:メドック地区・格付け第一級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロー37%、カベルネ・フラン18%●タイプ赤・辛口・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【AOC ペサック レオニャン】 【ペサック レオニャン AOC】 【グレーヴ 格付】 【格付 グラーヴ】 【オー ブリオン】 【オーブリオン】 【オー・ブリオン】 【オー・ブリヨン】 【オーブリヨン】 【オー ブリヨン】 【シャトー オー ブリオン】 【グラーヴ 格付】 【ロバート パーカー】 【ル クラスマン】 【シャトー オーブリオン】 【オー・ブリオン】【オー・ブリヨン】【オーブリオン】【クリュ クラッセ グラーヴ】【シャトー オー ブリオン】【ボルドー グラーヴ】【AOC Pessac- Leognan】 Chateau Haut-Brion シャトー・オー・ブリオン シャトー・オー・ブリオン プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ・格付第一級 グラーヴ Chateau Haut-Brion 1er Grand Cru Classe du Graves AOC Pessac- Leognan グラーブ地区にありながら、例外的にメドック格付けで1級に選ばれたワイン!5大シャトーの中で最も歴史が古く、最も小さなシャトー!現地、フランスで、5大シャトーの中で最も人気のあるシャトー!! 1855年のメドックの格付けで、当時からあまりにも有名だったために、例外的にグラーブ地区から選ばれ、1級という栄誉を与えられた歴史的シャトーがオー・ブリオンです。それもそのはず、オー・ブリオンの名声は、当時すでにヨーロッパ全土に広まる勢いだったのです。  オー・ブリオンが誕生したのは1550年。その後、「滓引き」「ウイヤージュ(補酒)」といった手法を初めて取り入れるなど技術革命を起こし、イギリス市場に進出。1666年、ロンドンにオー・ブリオンを供する居酒屋ができると、このワインは大評判となりました。その後、オー・ブリオンは、ナポレオン戦争で敗れたフランスの救世主となります。国の崩壊という危機に追い込まれていたフランスの外相タレイランは、敗戦国の処遇を決める1814年の「ウィーン会議」で、連日連夜、各国代表に豪華な料理とオー・ブリオンを振る舞いました。  これによって各国代表も態度を軟化させ、フランスは敗戦国でありながら領土をほとんど失うことなく乗り切ることができたのです。まさに“フランスの救世主”ともいえるオー・ブリオンの名声は、瞬く間にヨーロッパ全土に広まっていきました。特例としてメドックの格付1級に加えられているのも当然のことなのですね。  オー・ブリオンは、5大シャトーの中で最も“エレガント”“香り高い”と評される一方で、“軽い”“外交的”とも言われていますが、決して軽いという訳ではありません。他の4つのメドックのワインに比べると、メルローの比率が高いため、渋みが少なく柔らかさがあり、グラーヴ地区らしい香りや味の調和のとれた、とても親しみやすいワインなのです。 それに加えて、優れた凝縮感を持ち合わせていて、いい年のものは、若いうちから飲みやすいにも関わらず、ゆっくり寝かせると重みとともに滑らかな舌触りも増し、30年の熟成にも耐えることから、5大シャトーで“最も飲み頃の期間が長い”とも言われています。  類まれな豊かな香りとともに、タンニンの殻に邪魔されることなく、複雑でエレガントな風味と、まろやかでたっぷりとした旨味を楽しめることができる、極上の美酒オー・ブリオン。その味わいに触れてみると、多くの者の心を動かし、歴史さえも変えてきた理由がお分かりいただけることでしょう。かつてフランスという国をも救ったオー・ブリオンは、今でも社交の場で最高の働きをしてくれる、とっておきの1本なのです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」  ペサック郊外の活気ある商業地区にあるオー=ブリオンは、米国人が所有する唯一の第一級シャトー。ディロン一族がオー=ブリオンを1935年に購入した際、シャトーは非常に貧弱な状態で、シャトーとセラーに多額の資金を投入した。現在は、この美しい場所は、グラーブの模範的なシャトーになった。  オー=ブリオンのワイン造りは、明敏でハンサムなジャン・デルマ(ワインの世界における最も才能のある管理者の一人)が管理。オー=ブリオンはまた、ボルドー・ワインにしては長期間(最長30ヶ月)新樽で熟成させるところで、ポムロルのクリネと並んで、ワインを瓶詰めする時期が最も遅いシャトーの1つ。  オー・ブリオンのワインのスタイルは変化を遂げた。1950年代から1960年代初めにかけての、とびきり豊かで、土の香りのする、甘くさえあるワインは、1966年から1974年の間には、より軽く、やせて、気軽に飲める、いくらか単純なスタイルのクラレットに変り、第一級シャトーに期待する豊かさと深みを欠いていた。これが意図的なものなのか、あるいは単に少し低迷していただけなのか、いまだに答えは見つからない。オー=ブリオンのスタッフたちは短気であり、このような批判に対しては敏感である。1975年のヴィンテージからは再び、1966年以前には備わっていた、本来の土っぽい豊かさと凝縮味を取り戻した。今日、オー=ブリオンはまぎれもなく第一級シャトーの地位にふさわしいワインを造っている。  偶然の一致か分からないが、オー=ブリオンの質が1966年から1974年という時代を経て回復し始めたのは、ダグラス・ディオンの娘であるジョアンがこの会社の代表取締役となった1975年のことであった。最初の夫であるルクセンブルクのシャルル皇太子が亡くなった後、彼女は1978年にムシイ公爵と再婚した。これと同じくして、バーン=オー=ブリオンへまわされるブドウの量が増やされ、それにより、オー=ブリオンの品質が改善されたのは疑問の余地がない。更に、ジャン・デルマに対し、このシャトーを運営する全権限が与えられた。ボルドー全ての人々が認めるだろうが、彼はフランスにおける最も才能のある、また知識豊かなワインの造り手であり、管理者の一人なのである。クローン選別についての、最新技術を集結しての驚異的な研究では、フランスでは彼の右に出る者はいない。1980年代に収穫が豊かになると、デルマは、ポムロルのシャトー・ペトリュスのクリスティアン・ムエックスと同様に、ブドウの房を切り取ることで収穫制限したのであった。この方法により優れた凝縮味と驚異的な質を備えた1989年ものが生まれたことは間違いない。このワインは、初期の段階では1959年と1961年もの以来、最も賞賛に値するオー=ブリオンであると思われる。  ブラインド・テイスティングにおいて、オー=ブリオンが、第一級シャトーのなかでは最も外交的で軽いワイン、という印象をしばしば与えるという事実は興味深い。実際には、このワインは軽いのではなく、単に、オークの個性があって肉付きがよく、よりタンニンの多いメドックのワインや、よりシフトでメルロが支配的な、右岸でつくられたワインとは異なっているというだけなのだ。最高のヴィンテージにおいては、早熟であるにもかかわらず、このワインは30年かそれ以上熟成を続ける能力を持っており、ほかのいかなる第一級シャトーのワインよりも飲み頃である期間が長い。  1978年以来、オー=ブリオンの質的レベルが向上するに伴って、セカンド・ラベルであるバアン=オー=ブリオンの質も向上した。これはいまやボルドーで最高のセカンド・ワインのひとつであり、いくつかのヴィンテージでこれを凌いだことのあるセカンド・ワインといえば、名高いシャトー・ラトゥールのレ・フォール・ドゥ・ラトゥールくらいのものである。  オー=ブリオンで造られる白ワインは依然として、グラーヴ地方で最高のワインであると評価されている。しかし、生産量が非常にわずかなため、所有者の要請で格付けされたことがない。とはいえ、驚異的なモンラッシェのようにふくよかな舌触りのある白のグラーヴづくりを追求するジャン・デルマの指導のもと、この白ワインはまったく力強いものとなっている。1994年、1989年および1985年といった最近のヴィンテージなどは、まったく驚くほどの出来栄えを示している。  私の個人的な感想を付け加えておくと、30年以上にわたって集中的にできるだけ多くのボルドー・ワインを試飲した結果、自分の試飲に生じた唯一の全般的な変化というのは、私がオー=ブリオンに対して、ますます深い愛情を抱くようになったということである。このワインに備わった、燻したような、ミネラル、葉巻の箱、甘いブラックカラントの特性は、私が年齢を重ねるにつれ、またジャン・デルマならきっとそう私に言うであろうが、私がより賢くなるにつれ、いっそう魅力的に感じられる。 <赤> 平均年間生産量:14.000~18.000ケース 畑 面積:43ha 平均樹齢:36年 密植度:8.000本 育て方:収穫は手作業。発酵は温度調節された225hl入りのステンレス鋼の発酵槽で行われる。 マストの温度によって、コンピューター制御でポンピング・オーバーし、温度調節する。 平均温度は30℃。熟成は新しいオーク樽で22ヶ月間。新鮮な卵白で清澄処理される。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロー37%、カベルネ・フラン18% <白> 平均年間生産量:7.800本 セカンド:5.000本 畑 面積:2.7ha 平均樹齢:36年 植樹密度:8.000本 平均収量:35hl/h 育成:発酵と13~16ヶ月間の熟成はオークの新樽で行う。清澄も濾過もしない。 ブドウ品種:セミヨン63%、ソーヴィニョン・ブラン37% シャトーオーブリオン 1982 プルミエグランクリュクラッセ格付第一級 グラーヴ Chateau Haut Brion 1982 1er Grand Cru Classe du Graves AOC Pessac Leognan 赤 ワイン 格安,2018

シャトープティヴィラージュ 1995 マグナム 1500ml AOCポムロール Chateau Petit Village 1995 1500ml AOC Pomerol 赤 ワイン 全国無料,限定セール

Chateau Petit Village  シャトー・プティ・ヴィラージュ高級ポムロールの典型的スタイルが味わえる1本!隣がシャトー・コンセイヤントとヴィユー・シャトー・セルタンという好立地! 【蘇ったトップクラスの地所。プラムのフレーバーのある、力のあるワイン。】【最上位の地所だが、さらに上を目指している。】 ヒュー・ジョンソン氏も★★★(トリプルスター)をつける程の実力派! 【そのテロワールとブドウ品種のブレンド比率によって、隣接するレヴァンジルやヴィユー・シャトー・セルタンよりもしなやかで果実味の豊かなワインが造られています。】 厳しい評価で知られる『ル・クラスマン』も高評価しています。  シャトー・プティ・ヴィラージュは、ピション・バロンと同じく、アクサミレジム社が所有するシャトー。特筆すべきは素晴らしい立地条件!北はヴィユー・シャトー・セルタンとセルタン・ド・メイに接し、東はラ・コンセイヤントに接しています。  畑は砂利が多く、また、鉄分に富んだ底土には粘土が混在。メルロの比率が高いので、メルロが十分な熟成に達し、収量が適正である年には、豊かで官能的なワインができるシャトーです。 ブドウはメルロを主体に、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨンのブレンド。メルロとカベルネ・フランは複雑な香りと長く繊細なフィニッシュをもたらし、カベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドすることにより熟成に適した深みや骨格が増します。  やわらかい、セクシーな、クリーミーな舌触りをしたワインで、濃いルビー/紫色をしており、大柄な、甘いノーズからはファッジ、モカ、ブラックベリー、チェリーが感じられます。ブドウの完熟感があり、みずみずしく、享楽的で、酸が弱い。若いうちからゴージャスな飲み心地を感じさせてくれます。かなり楽しませてくれる味であることは間違いありません! *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ポムロール地区●ブドウ品種メルロ65%、カベルネ・ソーヴィニヨン18%、カベルネ・フラン17%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量1500ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】【AOC ポムロール】【アクサ保険】【高級ポムロール】【ロングヴィル】【ポムロル AOC】【ポムロール AOC】【シャトー プティ ヴィラージュ】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【ポムロール 赤 辛口 】【AOC ポムロール 】【プティ ヴィラージュ 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Petit Village  シャトー・プティ・ヴィラージュ Chateau Petit Village AOC Pomerol シャトー・プティ・ヴィラージュ AOCポムロール 北にはシャトー・コンセイヤントとヴィユー・シャトー・セルタン!南にシャトー・ボールガールに隣接という好立地!アクサ保険(ピション・ロングヴィル他 同経営)買収後、ステファン・ドゥルノンクールをコンサルタントに迎え、人気も価格も急上昇!  ドルドーニュ川左岸のリブルヌ台地に位置するポムロール地区は800ヘクタールの栽培面積しかなく、ほとんどのシャトーが小規模な経営となっています。  シャトー・プティ・ヴィラージュも11haあまりの規模に対しては知名度が高く、メドックのグラン・ヴァンに匹敵する名声を得ています。平均樹齢が35年のメルローが作付けの80%を超え、カベルネ・ソーヴィニョンとカベルネ・フランがそれぞれ10%ほど栽培されています。  小石交じりの粘土質の土壌が膨らみのあるテイストのワインが生まれ、ボリューム感あふれる味わいは典型的なポムロールのスタイルです。 シャトープティヴィラージュ 1995 マグナム 1500ml AOCポムロール Chateau Petit Village 1995 1500ml AOC Pomerol 赤 ワイン 全国無料,限定セール

シャトーデュクリュボーカイユ 1981 Chateau Ducru Beaucaillou 1981 赤 ワイン 定番,新品

Chateau Ducru Beaucaillou シャトー・デュクリュ・ボーカイユレオヴィル・ラスカーズの力強さより風味の美しさと、洗練さに秀でていると言われるサンジュリアン格付第2級!これぞ元祖スーパーセカンド!! 山吹色のエチケットがトレードマークの【デュクリュ・ボーカイユ】 。誰でも一度目にしたら忘れられない印象的なこのボトルは、今昔問わずワイン通に愛されてきた有名シャトー!特筆すべきはテロワールで古ガロンヌ河により運ばれた直径5センチにもなる大きな砂利が表面を覆っており、その下は粘土質になっています。ブドウ栽培に向いた最高のテロワールであり、そのサン・ジュリアンらしい複雑なテロワールの味わいはボトルにも確かに反映されています。  デュクリュ・ボーカイユはもともとは【ボーカイユ】として、定評があったシャトーですが1795年にベルトラン・デュクリュ氏が買い取り、品質の向上に務めました。その際シャトーの名前は現在の【デュクリュ・ボーカイユ】へ変更となり、1855年のメドック格付けの際には2級とになりました。  その後、相続や買収でのオーナー変更が数度ありましたが、名声は落ちず1941年に現在のオーナーのボリー家の手に渡ります。このボリー家というのが、家族揃ってワイン造りの達人で、現在ではポイヤックの【シャトー・オー・バタイエ】【シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト】【シャトー・ラグランジュ】の一部を買い取り醸造を開始しました。また、サン・ジュリアンの【シャトー・ラランド・ボリー】、リストラック・メドックの【シャトー・デュクリュゾー】など数多くのワイナリーを経営しています。 ロバート・パーカー氏は 「投資の対象というよりは、ワイン通が好んで買うワインなのである。品質に対するコストパフォーマンスの点では、ボルドーのスーパーセカンドで最も興味深いワインの1つだ。」 (『ボルドー第四版』より)と評価しています。  また、このシャトーにつき特筆すべきはテロワールです。レオヴィル・ラス・カーズやラトゥールなどに近い畑 は、古ガロンヌ河によって運ばれた、5cm程の大きな砂利が表面を覆っており、その下は粘土質。その名前の元になった「ボーカイユー(美しい砂利・小石、の意味)」という言葉のとおり、多くの砂利が体積した、ワイン栽培には最適な土壌となっているのです。  味わいは、サン・ジュリアンでも最高級のテロワールが表現されています。「エレガントでバランスが良く、気品漂う」 と評され、しっかりとしたタンニンはありますが、優雅で繊細な香りとしっかりしたボディ。ブドウの収穫は全て手摘みで行い、ブドウ畑の中で選果を行います。畑で選果を行うのは、醸造所まで移動させているごく短い時間であっても、状態の悪いブドウと健全なブドウを触れ合わすことが無いように、という配慮からだそう。  熟成が進み飲み頃を迎えると、上品さ、味わいのバランスの良さは群を抜くワインながら、飲み頃が来るまで非常に長い時間を要する、正に飲み手に忍耐を強いるワインです。       十分に黒味を帯びた紫色で、クレーム・ド・カシス、ブラックベリーのジャムのような濃厚な黒系果実やスミレの花、リコリス、ガナッシュ、スモーキーなアロマ。ブラックベリーやカシスの黒系果実の柔らかな香り。ミネラルやコーヒーのニュアンスもあります。デュクリュ・ボーカイユの畑の特徴である砂利のニュアンスも感じられます。カベルネ・ソーヴィニヨン由来のリッチで力強い味わいが特徴的で、力強さだけではなく、きめの細かいタンニンと酸があり、造りの良さを感じさせます。 また、非常に調和の取れた素晴らしくエレガントな味わいで、重過ぎません。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 シャトーデュクリュボーカイユ 1981 Chateau Ducru Beaucaillou 1981 赤 ワイン 定番,新品

シャトートロタノワ 2002 AOCポムロール Chateau Trotanoy 2002 AOC Pomerol 赤 ワイン 全国無料,限定セール

Chateau Trotanoy シャトー・トロタノワ 格調高いポムロルを代表する優良シャトー。甘美なアロマ溢れる優雅なスタイル。年産わずか2,500ケース。ボルドー最高峰ワインの誉れ高いあのペトリュスと同経営で、ペトリュスに次ぐと言われる大人気ワイン!  【シャトー・トロタノワ】は、ポムロール地区で別格のトップシャトー、シャトー・ペトリュスと同様ムエックス社の所有で、ほぼペトリュスと同様に造られています。 ポムロール中央台地の西斜面に位置し、わずか7.2haの小さな敷地に畑があります。砂利と厚い粘土の混じった土壌 で、乾燥した夏には非常に固くなりぎっしりと目が詰まることから、「固すぎて耕せない」の意、フランス語で【tropennuyeux】がシャトー名の由来 となっています。 ブドウの平均樹齢は35年と比較的古く、収量はメドックの第一級格付けシャトー以上の39hl/haに抑えられワインが造られます。 ほとんどペトリュスと同様に造られますが、違う点としてペトリュスがメルロの比率が95%に対し、トロタノワが90%。また、トロタノワが毎年新樽を33~50%使用している ことだけなのです。トロタノワがいかに高品質であるか理解できます! 1970年代後半まで、トロタノワは華やかな豊かさのある、強烈なフルボディのワインを生産。熟成の頂点に至るまで、大抵10年はセラーで寝かせる必要ありました。その力、強さ、凝縮味の点で、見事にペトリュスに対抗するところまであと一歩まで近づいたヴィンテージもあったほどです。ボルドー全体のヴィンテージが貧弱なときでも、良好な、時には絢爛たるワインを産するという素晴らしい実績を持っています。 素晴らしい深いガーネットの色合い。ジャムやコンポートのプラム、ブラックベリーの濃厚な香りに、モカ、シガーのニュアンスのあるチェリーのアロマ。腐葉土、芍薬、西洋杉、甘草などのニュアンスが感じられます。円熟した滑らかな口当たりに、豊潤かつエレガントな口当たりに凝縮感に満ちた甘い果実の上品さをともなう余韻が長く続きます。甘美で、見事なバランスを備えており、その品格を飲み手に訴えかけてくるような優雅なワインです。 ムエックス社が造りだす、美しく熟成を重ねた1本。貴重なバックヴィンテージを是非ご堪能ください。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー / ポムロール地区●ブドウ品種メルロ90%、カベルネ・フラン10%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【AOCポムロル】 【AOCポムロール】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Trotanoy シャトー・トロタノワ Chateau Trotanoy AOC Pomerol シャトー・トロタノワ AOCポムロール『近年見事な復活を遂げ、連続して上質なワインを生み出し続け、畑の立地は格別で、大成功を収めたトロタノワは、同廐のペトリュスと楽に肩を並べる出来である。品質の面でも、このアペラシオンのスター級のシャトーと同等のレベルになった。』とロバート・パーカー氏も高評価!シャトー・ペトリュスと同じ造り手!(J.P.ムエックス)であり、しかもペトリュスの近くロバート・パーカー氏は満点5ッ星★★★★★生産者に挙げる! ヒュー ジョンソン氏も 「潜在的に同じ運営になるペトリュス Petrus に次ぐものとなるポムロルのワイン。面積はわずか11haだが最良の状態のワインは芳香にみち、肉づきがよく、壮麗なもの。ムエックス社の支配下に復活をとげている。」★★★★4つ星評価と高評価!! ヴィンテージによってはペトリュスの好敵手になり得る、ポムロールの偉大なるワイン!!  シャトー・トロタノワは、ペトリュスの部分的オーナーであるムエックスファミリーによって1953年に獲得された、ポムロール西斜面の頂上に存在する由緒あるシャトー です。両ワインとも、共通のチームによって全く同じ製法で醸造されており、新樽使用率以外はペトリュスとほぼ同一と言って良いほど、品質はお墨付きです!! 年間生産量はわずか2500ケースながら、世界中のワイン通が所望してやまない偉大なるワインです!! ロバート・パーカーJr 『BORDEAUX ボルドー 第3版』  歴史的に、トロタノワはポムロルだけでなく、ボルドー全域でも最も偉大なワインのひとつである。1976年以降、トロタノワのワインはメドックの格付け第二級に匹敵する品質である。1976年以前のヴィンテージでも、第一級に優るとも劣らない深遠なワインも多々あった。 トロタノワは1953年以降、ジャン・ピエール・ムエックス社の所有となっているが、このシャトーは人目にはつきにくい(ジャン・ジャック・ムエックスの住まいである)。   このささやかなシャトーのブドウ畑は、粘土と砂礫(されき)の土壌で、ポムロルの教会とカテュソー村の間、ペトリュスの西1km に位置している。このワインは毎年、66%の新樽が使われることを除いてはペトリュスとまったく同じ方法で醸造され、取り扱われている。 1970年代後半まで、トロタノワは華やかな豊かさのある、強烈なフルボディのワインで、熟成の頂点に至るまでたいていたっぷり10年はセラーで寝かせる必要があった。いくつかのヴィンテージでは、その力、強さ、凝縮味の点で、見事にペトリュスに対抗するところまであと一歩と近づいた。  ボルドー全体のヴィンテージが貧弱なときでも、良好な、時には絢爛(けんらん)たるワインを産するというすばらしい実績を持っている。1967年、1972年、1974年のヴィンテージでは、トロタノワはボルドー全域でベスト2、ベスト3に食い込む成果をあげた。1970年代後半は、スタイルが一時軽めになった。その後、並外れてふくよかで芳醇で、退廃的な1982年をつくり出して、また重々しい形に戻ろうとしているようにも見えたのだが、その後、1995年まではスリリングというよりもむしろ良好なワインの連続であった。トロタノワの微小な畑にとっては大がかりな植え替えが行われ、若い木からとれたブドウがブレンドされるようになっていることは間違いない。理由は何にしろ、トロタノワはもはやポムロルで上位3~4番までに入るワインのひとつであるとは思えない。  1980年代では(1982年のヴィンテージを除いて)クリネ、レグリーズ・クリネ、ヴィユー・シャトー・セルタン、ル・パン、ラフルール、ラ・フルール・ドゥ・ゲ、レヴァンジル、ラ・コンセイヤントの各シャトーに追い越され、特定のヴィンテージではボン・パストゥールにも凌駕(りようが)された。だが、クリスティアン・ムエックスとそのスタッフの能力と才能をもってすれば、この状況は今にも変わっていくだろう。  最近のヴィンテージはどれも非常によくなっており、1995年などはセンセーショナルな出来栄えだ。 トロタノワは、世界中のワイン通に高い評価を得ており、高価ではある。しかし、ペトリュスの半額以上の値段で売られることはほとんどない。これは覚えておいて損のない事実だ。(ヴィンテージによっては)偉大なペトリュスに偶然似ているというだけではないワインなのだから。 セカンドラベル:なし 畑の面積:7.5ha 平均樹齢:28年 植樹密度:5,500本 平均収量: 35~45hl 平均生産量:3,500ケース 土壌:砂利と粘土 酵母の添加:野性酵母 育成:マセラシオンの期間:21~25日、発酵の温度は27~30度で行う。 発酵のコントロールは自動温度調節機能付きタンク。 発酵槽のタイプはオーク樽を使用。 毎年新樽を33%~50%使用し、樽熟の長さは20~24ケ月行います。 フィルターの使用は壜詰めの前に軽くかけるます。 ブドウ品種:メルロー90%、カベルネ・フラン10% シャトートロタノワ 2002 AOCポムロール Chateau Trotanoy 2002 AOC Pomerol 赤 ワイン 全国無料,限定セール

シャトーカントメルル 1982 Chateau Cantemerle 1982 赤 ワイン 正規品,定番人気

メッドク格付け5級シャトー。 『さえずるクロツグミ』という意味を持つのがシャトー・カントメルルです。 メドックの入り口部分に位置する畑は、この地域では【ラ・ラギューヌ】と並んで最良の場所にあり、オーメドックのシャトーの中でもトップクラスと評されています。過去の記録によると、19世紀後半の頃には、何と【ラフィット】よりも高値で取引されたこともあるぐらいで、その実力は高く評価されています。 そのワインは、上品な果実の香りを持ち、タンニンが柔らかく比較的あっさりしたタイプ。素晴らしい畑から収穫された、素晴らしいブドウによって作られています。 1867年の万博では銀賞を獲得、現在では【メドックの3級に匹敵する】と言われるほど、そのワインには定評があります。テロワールに恵まれているシャトーのワインは安心して楽しむことができる、それを証明してくれるかのようなワインです。        【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、メドック地区オー・メドックAC、マコー村第5級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン52%、メルロー40%、プティ・ヴェルド5%、カベルネ・フラン3%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【AOC オー メドック】 【オーメドック AOC】 【シャトー カントメルル】 【格付 オーメドック】 【オーメドック 格付】 【グランクリュクラッセ】 【グランクリュ クラッセ】 【グラン クリュ クラッセ】 【オーメドック グラン クリュ】 【グラン クリュ オーメドック】 【オー メドック 赤 辛口】【ボルドー 格付】【メドック 格付】【オーメドック 格付】【格付第5級】【格付第五級】【メドック 赤 辛口】【ボルドー 赤 辛口】【フランス 赤 辛口】【赤 フルボディ】【メドック格付第五級 】【メドック格付第5級 】【格付五級 】【格付5級 】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【オー メドック 赤 辛口 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Cantemerle シャトー・カントメルル 【第5級格付けながら、卓越したワインを生み出す】とヒュージョンソン氏も3ツ星★★★評価!3級シャトーに匹敵する実力!安定感があり、いつ飲んでも美味しい!魅力的なワイン!! 1855年当時の格付けで5級シャトーですが、不断の努力の末、格付け以上の実力を発揮する。今では 3級シャトーに匹敵するとも噂される実力!カントメルルはほとんどのヴィンテージで、早飲みと熟成が可能な点も魅力の一つです。若いうちはチャーミングでフルーティ。オーク樽由来のバニラのテイストが印象的。一方熟成を重ねると、非常にエレガントで若いころと全く違った魅力が感じられます。まるで成長した大人の女性のように優美で滑らか。これが、カントメルルです!! 歴史 中世、シャトー・カントメルルは、シャトーから1kmほど離れたメドックの川岸を守る要塞の一つだった。古文書によると、1147年にはすでにカントメルル領主が存在したことを証明している。この一帯でワイン作りが始まったのが1354年のことで、当時のカントメルル領主は「収穫の10分の1の税金」と「ワイン1樽」を支払っていた記録が残っている。 その後、何代ものオーナーへと所有権が移り変わっていくが、16世紀より、ブドウ栽培地の開拓がカントメルルのドメーヌでの主な事業となっていく。17世紀になると、カントメルル家はジロンヴィル、モーカン、ソーヴといったシャトーまで支配するようになった。 1643年、カントゥメルル領主ルイスの弟がソーヴ城に住み、そこをシャトー・カントメルルと命名、本格的にブドウ栽培を行うようになる。 メドック格付けリスト 1855年、ナポレオン3世は、フランスの豊かさを世界に見せるためにパリ万博を開催する。ボルドー商工会議所は、ワインの格付けを行うための準備を行うこととなり、仲買人組合に68の赤ワインの銘柄リストと21の白ワインの銘柄リストを提出し、ワインの売価によって5級のクラスとそれ以下の3つのクラスに分けるよう提案した。 しかし、オリジナルリストには、最初はカントメルルの名前は記載されておらず、後からようやく「カントメルル、ヴィルヌヴ・ドュルフォル婦人、マコー」と追加されたのだが、カントメルルは格付け対象から外されてしまっていた。 これは、当時のカントメルルが、ボルドーの仲買人を通さずオランダの買手と直接交渉したため、その売価を知らなかったためだった。 しかし、現実にはカントメルルは町を代表するワインを作っており、オランダでの評判が高かったことは間違いなかった。同時に5級に格付けされた他のシャトーのワインよりも、実際に高い価格で取り引きされていた記録が残っており、その資料を揃えて組合へ提出すると、リストへの追加の要求が認められた。 1855年9月、まだ万博開催中に、カントメルルは5級クラスとしてリストに加えられることになった。この歴史あるリストが変更になったのはこれが最初のことで、2度目は1973年に【ムートン・ロートシルト】が1級クラスに格上げされた時、わずかにこの2つしか例がないことなのだ。 1867年の万博の際には、シャトー・カントメルルはワインの出来の良さを評価され、銀メダルを授与されています。 1879-1887年、シャトーはフィロキセラとべと病の危機に瀕し、年間生産量が半減してしまう。被害が甚大だったサン・ジュリアン、ポイヤック、サンテステッフなどと比べると、まだ混乱は少ない方だったため、1884年にはポイヤックの1級シャトー【ラフィット・ロートシルト】よりも、カントメルルのワインの方が高値で取り引きされた記録も残っている。 しかし1892年、シャトーはデュボス家に売却され、300年間続いたヴィルヌヴ・ドゥ・ドュルフォル家の支配は終わりを告げることになった。 購入者となったテオフィル・デュボスは、カントメルルのブドウ栽培者であり、同時にメドックのクリュ・クラスの労働組合副長であり、1914年に売られることになるデュボス・フレール社の仲買人でもあった。彼の死後、息子ピエールとベルナルがカントメルルを1923年まで共同相続し、その後はピエールのみが所有者となった。1930年から始まった戦争の間、いくつかのワイン区画でぶどうが引き抜かれ、1945年からは25haほどしか栽培出来ず、その状態が1981年まで続く。そして同年、シャトーは建築共済組合と建設省に売却された。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ちっぽけなマコー村のちょうど南にカントメルルの愛らしいシャトーがある。有名な県道2号線(ボルドーからメドックに抜ける幹線道路)に沿った深い樹木に覆われた公園の中にあり、そのワインづくりの歴史は、16世紀後半にさかのぼる。今世紀になってからの大半の期間はデュボ家が所有しており、ほれぼれするほど香り高い、エレガントな姿のワインの生地としてこのシャトーを有名にしたのは、この一家である。しかし、資金難や一族の内紛のせいで、カントメルルは1980年、売りに出された。 1970年にはこのシャトーは荒れるがままになっており、1975年以降のいくつかのヴィンテージはその影響をまぬがれ得なかった。カントメルルのセラー、シェ(ワイン蔵)、そしてシャトーは刷新され、新しいセラーや醸造設備、最新設備を導入したテイスティング・ルームなどがつくられた。そしてとりわけ重要だったのは、品質に対する真剣な取り組みがなされたことである。  1980年以前は、瓶ごとのばらつきがかなりあって、多くのヴィンテージが、古い樽のにおいや果実味の欠如という欠点を抱えていた。経営者が変わってから今日に至るまでの最上のワインは1989年と1983年である。ブドウ畑は大幅に植え替えられたため、樹齢が上がるにつれて、品質はさらに向上するに違いない。カントメルルのスタイルの特徴は、リッチで、しなやかな果実味と、強烈で華やかなブーケにある。 畑の比較的軽い土壌と高いメルロの割合を考えると、決して超大作になるようなワインではないだろう。カントメルルの最良の作品は、きまって、いくばくかの芳香がある早熟タイプであり、そのために若いうちから、申し分のない魅力がある。ただし、高い期待が寄せられているにもかかわらず、カントメルルは過去10年間、1989年と1983年ほど卓越したワインをつくっていない。 一般的な評価  カントメルルは、いつになったら神秘的な1989年、1983年、あるいは1961年のような出来栄えをふたたび見せてくれるのだろうか? どうしたことか、このシャトーは1970年代と1980年代のスランプの後、完全に回復したことがない。ワインは、よくできているが、並はずれたものとなることはない。概してその格付けにふさわしい。ただし、読者の方は、(残念なことにめったにないが)偉大な成功作に注意を向けるとよいだろう。三級に比肩する作品で、まぎれもなく目を向ける価値がある。全体からみると、品質に対する価格比には興味を持てる。 平均年間生産量:35万本 畑 面積:87ha 平均樹齢:25年 密植度:1万本 平均収量:55hl/ha 育成:発酵は、最良のロットのものは木とコンクリートの槽で、残りはステンレス槽で行う。 発酵温度は一定でなく、メルロは26~28℃、カベルネは28~30℃、プティ・ヴェルドは30~32℃。 マセレーションは最低22℃で30日間。収量の20%(メルロのみ)は新樽内マロラクティック。 熟成は新樽40%で12ヶ月。澱引きは12℃で3回。必要なら軽い清澄を行うが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン52%、メルロー40%、プティ・ヴェルド5%、カベルネ・フラン3% 所有者:SMABTP(相互保険会社) シャトーカントメルル 1982 Chateau Cantemerle 1982 赤 ワイン 正規品,定番人気

シャトーコスデストゥルネル 1995 メドック格付第2級AOCサンテステフ Chateau Cos d`Estournel 1995 AOC Saint Estephe 赤 ワイン 定番人気,本物保証

Chateau Cos d'Estournel AOCSaint- Estephe シャトーコス・デストゥルネル メドック格付第2級・AOCサンテステフ メドック格付第一級に匹敵する高い人気!クラスマン最高評価3ツ星★★★、ロバート・パーカー氏も満点の5ッ星★★★★★生産者!第一級ラフィット・ロートシルトに隣接するサンテステフのトップシャトー! 1982年からとりわけ素晴らしいワインを生産し、格付け1級に肉薄しました。また2001年以降はさらに素晴らしいワインを生産し続けています。エチケットはシャトーの外観を写したもので、アジア風のパゴダのような美しいシャトーです。ポイヤックとの村境のすぐ北隣はなんとあの格付け一級のシャトー・ラフィットを見下ろす丘の背に位置 しています。  コス・デストゥルネルの特徴として一般的に他のシャトーよりもブレンドに使用するメルロの比率が高い、猛暑の年など困難なヴィンテージに強い と言われています。 メルロが多く含まれていることによって、サン・テステフらしい、力強いカベルネ・ソーヴィニヨンのタンニンによる骨格と、メルロの膨らみのある果実味が見事に調和し、素晴らしいハーモニーを生みます。  非常に深みのある濃い色合いで、ほのかに甘い黒系のブラックカラントやブラックチェリーの熟した果実香を主体に、オリーブやハーブ、ローストしたハーブや甘草、スパイスやコーヒー、バニラのニュアンスさらには若干スモーキーなニュアンスが感じられます。口当たりはスパイシーながらも優しく厚みのある果実味も豊かで、よく熟した硬めのタンニン、やや控えめな酸が感じられます。しっかりとした構造で力強い飲み口です。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー / メドック地区 / サンテステフ村 格付け第2級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン 85% メルロ 13% カベルネ・フラン 2%●タイプ赤・フルボディ・辛口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】【メドック 格付第2級】【メドック グラン クリュ クラッセ】【デストネル デストーネル】【シャトー コス デストゥネル 】【シャトー コス デストゥルネル 】【デストゥールネル 】【デストーネル】 【デストネル】 【デストゥーネル】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【メドック 赤 辛口 】【サンテステフ 赤 辛口 】【AOC サン テステフ】 【赤 フルボディ 】【メドック 格付 】【AOC サン テステフ 】【サン・テステフ 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Cos d'Estournel AOCSaint- Estephe シャトーコス・デストゥルネル メドック格付第2級・AOCサンテステフ Chateau Cos d'Estournel AOCSaint- Estephe シャトーコス・デストゥルネル メドック格付第2級・AOCサンテステフ  メドック格付第一級に匹敵する高い人気!クラスマン最高評価3ツ星★★★、ロバート・パーカー氏も満点の5ッ星★★★★★生産者!第一級ラフィット・ロートシルトに隣接するサンテステフのトップシャトー!メドックで異彩を放つ存在で、東洋風パコダをデザインした異国情緒あふれる建物を持つシャトー【シャトー・コス・デストゥルネル】 歴史  【シャトー・コス・デストゥルネル】のワインは、19世紀の初めから半ばにかけて、ボルドーの誇り高いシャトーの殆どのワインよりも高い値がつき、遠くインドにまで輸出されていました。実際、【ルイ・ガスパール・デストゥルネル】は、【サン・テステフのマハラジャ】としてインドでも知られていました。  1852年、シャトーを拡張し整備するための借金が増え、ルイ・ガスパール・デストゥルネルはシャトーをロンドンの銀行家である、マーティンズに売却します。彼はマーティンズによって引き続きシャトーに住むことを許され、1853年になくなりました。それは1855年のメドック格付で、サン・テステフ最高のシャトーとなり、彼の努力が報われる2年前のことでした。  1869年、マーティンズはシャトー・コス・デストゥルネルをバスク地方の貴族、エラズ家に売却しました。エラズ家は1889年にホスタイン兄弟にここを売りました。1917年、ボルドーを代表するワイン商人であったフェルナンド・ジネステ家がコス・デストゥルネルを買い取りました。そして、彼らの孫たち、ジャン・マリー、イヴ、ブルーノ・プラッツがシャトー・コス・デストゥルネルを引き継いでいます。  1998年、プラッツ兄弟は、コス・デストゥルネルをメルロー家、タイヤン・グループのオーナー、そしてモヤノ氏を代表者とするアルゼンチンの投資家たちに売却しました。また2000年にコス・デストゥルネルをは再び売却され、今では【ソシエテ・デ・ドメーヌ・レビエ】の所有 となっています。  醸造の指揮を取っているのは【フェルナド・ジネステ】の偉大な孫で、1970年から1998年までコス・デストゥルネルをの経営者でもあったブルーノ・プラッツの息子【ジャン・ギョーム・プラッツ】です。 特徴 シャトーはアジアのパゴダのような外観で、ポイヤックとの村境のすぐ北の、著名な隣人【ラフィット・ロートシルト】を見下ろす丘の背面にあります。   メドックにしては珍しく、コス・デストゥルネルはメルロのブレンド比率が高く(約40%) 、新樽の比率が平均よりも高いこと(60~100%)で他と大きく違いがあります。 ヴォリュームのある、リッチなテクスチャーをワインにもたらしています。深い砂利質土壌は常に密度が高く、肉厚なワインを生み、比率の高いメルロがワインの風味を和らげています。  醸造と熟成には常に手間を掛けていて、それがメドック最高級のクリュの中でもトップの上品さと複雑性を誇るワインの産出を可能にしているのです。 他の多くのワインと同様に、1980年代初めのワインは、年月とともに徐々に、そして穏やかに熟成する強い樽香が特徴です。 欠点のない1982~1996年の間に(ブルーノの時代)とても早い段階から消費者を誘惑し、瓶詰め直後から魅力的で、壮麗かつ非常に調和のとれたワインを世に送り出すようにはなりましたが、真価を表すにはやはり相応の熟成が必要です。 醸造と育成   収量を適度に低く保つために畑では厳しい剪定が行われています。コス・デストゥルネルをはコンクリート製の、レ・パゴデ・ド・コスはスチール製の発酵槽で醸造されます。事前に10~15日間の定温浸漬をし、ヴィンテージとフェノール類の完成度に応じて色や風味を引き出します。ワインはオーク樽で18~22ヵ月間熟成させます。シャトー・コス・デストゥルネルは伝統への健全な敬意を保ちつつも、革新的な手法を嫌悪することもなく、毎年新しい試みを採用 しています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  【ブリュノ・プラッツ】の心のこもった指導のもとで、コス・デストゥルネル(驚いたことに、コスはsを「ス」と発音するのだ)はサン=テステフのなかでは最高の評価を得るまでになった。1982年以降、ここのワインは次から次へと当たりが続いており、ほとんどのヴィンテージで、メドックで最上のワインを生産するのではないかと期待できる。このシャトーは東洋風のパゴダのような外観で、ポイヤックとの村境のすぐ北、その著名な隣人ラフィット=ロートシルトを見下ろす丘の背にある。メドックものにしては珍しく、コスはブレンドに使うメルロの比率が高い(40%)ことと、新樽を使う比率が高い(60%~100%)ことで他と一線を画している。このメルロの比率はオー=メドックでは最も高い部類に入り、コス・デストゥルネルの最近のヴィンテージに目立つ、肉付きのよい、豊かな舌触りという個性を生み出している。  経営者であり所有者でもあるブリュノ・プラッツは、新しいワイン技術を取り入れることに関しては前衛的だ。このシャトーは、ボルドーのメジャーなシャトーのなかでは数少ない、樽熟成の前と瓶詰め前の2度濾過(ろか)処理することを金科玉条としているシャトーのひとつである。ただし、プラッツは考え直そうとしているのかもしれない。1989年の瓶詰めの前には2度目の濾過処理を省略する決定をしている。その成果はおのずと明らかである。1950年代、1960年代とモンローズの後塵を拝してきたコス・デストゥルネルは、1980年代に入ってボルドーで最も人気の高いワインのひとつとなったのである。コス・デストゥルネルは、たとえば1993年、1992年、1991年といった難のあるヴィンテージで特に成功してきたことにも注目しておきたい。 平均年間生産量:30万本 畑 面積:64ha 平均樹齢:35年 密植度:9000本/ha 平均産出量(過去5年間):50hl/ha 育て方:ブドウは手摘みで、ワインづくりは伝統的な手法。発酵は約3週間。ワインをオーク樽に移すのは発酵槽でマロラクティック発酵が完了した後。 1997年、プラッツ氏は初めてマロラクティック発酵を100%、樽としては小ぶりのオーク樽で行うことを決定した。 ヴィンテージによって、新樽の比率は60%から100%の間で変化する。清澄処理も濾過処理も行われる。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー40% シャトーコスデストゥルネル 1995 メドック格付第2級AOCサンテステフ Chateau Cos d`Estournel 1995 AOC Saint Estephe 赤 ワイン 定番人気,本物保証

シャトータルボ 2002 AOCサンジュリアンメドック格付第4級 Chateau Talbot 2002 AOC Saint Julien 赤 ワイン 定番,新品

Chateau Talbot シャトー・タルボシャトー・タルボの名前は、1453年のカスティヨンの戦いに破れたイギリス軍指揮官、シュースベリー伯ジョン・トールボットにちなんだものです。 タルボはヴィンテージに左右されない安定感とひかえめな価格で、長年のボルドーファンからの高い支持を得ています。特に、クラシックなボルドースタイルがお好みの方におすすめしたいシャトーです。 「このシャトーはコルディエ家の管理のもと、一貫して上質な、たくましい、それでいてフルーティーな、フルボディのワインを生産しており、メドックのワインの格付けが新しくなることがあったら当然昇格していいだろう。」 (『ボルドー第4版』より)と評価されている実力派。 華やかなベリーとカベルネ特有のハーブの香りが特徴的で、熟した果実の味わいとしなやかなタンニンのある、しっかりとした骨格のワインが造られています。ブルーベリーやジャムやスミレ、ハーブやプラムなどのアロマで、バランスが非常に良く、タンニンは豊富なためパワフルな印象ながらも味わいの要素は繊細でエレガント。 フレッシュな果実味とハーブのニュアンスがあり、エレガントなミディアムボディの仕上がりです。  *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方、メドック地区サンジュリアン村・第4級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン66%、メルロー26%、プティ・ヴェルド5%、カベルネ・フラン3%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【フランス ボルドー メドック 】 【サンジュリアン AOC 】 【シャトー タルボー 】 【タルボー】 【メドック格付第4級 】 【グラン クリュ クラッセ 】 【ボルドー 赤 辛口 】【サン ジュリアン 赤 辛口 】【タルボ 】【タルボー 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】  Chateau Talbot シャトー・タルボ Chateau Talbot AOC Saint-Julien シャトー・タルボ AOCサンジュリアン・メドック格付第4級 ロバート・パーカー氏に【タルボは一貫して高品質でメドック最良のお買い得品である】と評価させたほど、メドック・グラン・クリュ第4級! ボルドーファンが愛する、クラシックなボルドースタイル!サン・ジュリアン第四級ですが「第三級に格上げされるべきである」との高い評価を受けています。凝縮しつつもなめらかなスタイルはまさにボルドーワインの優雅さと偉大さの典型。 シャトー・タルボは、サンジュリアンに位置する4級シャトーで、所有するブドウ畑の面積は「100ha強」と、メドックでも2番目の大きさを誇っています。  15世紀のイギリス統治時代、サンジュリアン村のこの一帯は『タルボ将軍』が治めていました。彼は、シェイクスピアの『ヘンリー4世』にも登場する(邦訳ではトールボット将軍)、イギリス人にとって英雄とも言える人物です。しかし、100年戦争の末期にタルボ将軍は、ここから程近いカスティヨンの地で戦死、この地のイギリスによる支配の時代が終了したのです。 実際のところ、このシャトーはタルボ将軍の持ち物ではなく、軍隊が本拠地と定めただけだということらしいのですが、今でも「戦いに敗れたタルボ将軍が、この畑のどこかに財宝を埋めた」という言い伝えを信じる人も少なくないのだとか。  シャトーの名声は19世紀から高まり、現在でも高い品質を維持し続けているシャトーです。同地区の2級シャトー【グリュオー・ラローズ】よりも低い評価を受けることが多いのですが、ビンテージによっては評価が逆転する時もあります。 サンジュリアンのワインらしい、濃い色調の、柔らかく厚みがあり味わい深いワインをお楽しみください。 D.ペッパーコーン氏はシャトー・タルボについて タルボのワインは安定していることで昔から有名である。 グリュオー ラローズより全体にタンニンと濃度が低いから、早く飲めるようになるが、反面、よく長持ちするワインでもある。 タルボの魅力は調和にある。 これ以上に魅力的なサンジュリアンはどこにもない。かぐわしい香りをもち、果実味には偉大なサンジュリアン独特の品のよさが漂っている。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  広大な単一の畑を持つ【シャトー・タルボ】は、ジロンド河から内陸部に入った、小さなサン=ジュリアン=ペイシュヴェルの村のずっと裏手、グリオ・ラローズのすぐ北にある。 タルボの名は、1453年のカスティヨンの戦いに破れたイギリス軍指揮官、シュースベリー伯ジョン・トールボットにちなんだものだ。このシャトーはコルディエ家の管理のもと、一貫して上質な、たくましい、それでいてフルーティーな、フルボディのワインを生産しており、メドックの格付けが新しくなることがあったら当然昇格していただろう。新しい管理者のもとではよりやわらかい、よりエレガントなスタイルへと移行しつつあるようで、ヴィンテージごとの一貫性も増している。  タルボでは、ささやかだが、おいしい辛口白ワインもつくられている。カイユ・ブラン・デュ・シャトー・タルボと呼ばれており、新鮮で華やかな香りのする白である(メドックで最上の白の1つだ)。ただし、収穫後2~4年で飲むのがベストだ。 ●一般的な評価 タルボは一貫して高品質な¥で、メドックで最良のお買い得品の1つである。1986年や1982年といったヴィンテージは、いまだにこのワインがいかに偉大なものになり得るかという評価の指標となっている。 <赤> 平均年間生産量:30万本 セカンドワイン:30万本 畑 面積:102ha 平均樹齢:35年、植樹密度:7.700本 平均収量:52hl/ha育成:醗酵とマセレーションは温度管理されたステンレスと木製の槽で3週間。 熟成は新樽40%で15ヶ月。 清澄と、軽い濾過を行う。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン66%、メルロー26%、プティ・ヴェルド5%、カベルネ・フラン3% 所有者:ロレーヌ・リュストマン・コルディエとナンシー・ビニョン・コルディエ <白> :Caillou Blanc du Chateau Talbot カイユー・ブラン・デュ・シャトー・タルボ アペラシオン:ボルドー Bordeaux 平均年間生産量:3.000ケース 畑 面積:6ha 平均樹齢:25年 平均産出量(過去5年間):55hl/ha 育て方:発酵と育成は全部で9ヶ月。収穫の半分は新しいオーク樽に、残りは1年使った樽に入れられる。 その間ずっと澱の上に置かれ、頻繁にかき混ぜられる(バトナージュ)。 瓶詰めの前に清澄処理はされないが、軽く濾過処理される。 ブレンド比率:ソーヴィニョン・ブラン84%、セミヨン16% シャトータルボ 2002 AOCサンジュリアンメドック格付第4級 Chateau Talbot 2002 AOC Saint Julien 赤 ワイン 定番,新品

シャトーパプクレマンルージュ 1976 グラーヴグランクリュクラッセ Chateau Pape Clement 1976 Grand Cru Classe 赤 ワイン 格安,2018

Chateau Pape Clement シャトー・パプ・クレマン 13世紀からの歴史を持つグラーヴ格付けシャトー。多くの所有者たちの努力の結晶を感じる、クラシックなボルドースタイル。 【シャトー・パプ・クレマン】の歴史は、13世紀 にまで遡ります。1299年に【ベルトラン・ド・ゴ司教】がボルドーの大司教となり、ぺサック・レオニャンの「モット」と呼ばれるブドウ畑が領地として与えられ、その畑に魅力を感じた彼が近代的方法で領地の経営を開始しました。  1305年の教皇選挙会議により、【教皇クレマン5世】となった【ベルトラン・ド・ゴ】でしたが、教皇の職務が忙しく、悔しくもブドウ畑を大司教館へ譲り渡すことになりました。クレマン5世の意志を受け継いだ歴代の大司教達は、ブドウ畑の運営、ワイン造りの設備を整えました。このパプ・クレマンのシャトー名は【パプ=教皇】、【クレマン=クレマン5世】に由来 しています。  ワインの高い品質は、頑なに挑む畑仕事からくるものであります。今日、ボルドーのブドウ栽培では当たり前となった、ブドウの幹を一列ごとに区別して植える手法も、フランス全域においてシャトー・パプ・クレマンが最初に行った手法 なのです。  このシャトーはすぐ近くのオー・ブリオンと比べてみると、やや成分が少ないものの、ぺサックの砂礫土壌ならではのスモーキーでスパイシーなブーケは共通 しています。フィネスとボディの力強さのバランスも素晴らしい、ふくよかな甘味ある骨太な造りが実に魅力的なワインです。  熟成により赤みを少し帯びてはいるものの、未だに深い紫色。カシスやプラムなどの黒系果実のアロマにコーヒーやスパイスのニュアンスが感じられる華やかな香り。非常にクラシックで、グラーヴらしい造りをしています。甘みあるしっかりとしたタンニンとハーブやフルーツの風味が重なり合うフルボディ。オー・ブリオンの洗練とラ・ミッションの力強さの中間を行くと言われる味わいは、後味に鉱物的な旨みがしっかりと残ります。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / グラーブ地区 ペサック・レオニャン●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー ●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】 【フルボディ 赤】 【赤 フルボディ】 【シャトー パープ クレマン】 【AOC ペサック レオニャン】 【グラーヴ 格付】 【パプ クレマン】 【シャトー パープ クレマン】 【シャトー パプ クレマン】【フランス 】【ボルドー  】【ペサック レオニャン 】 【Bertrand de Gouth】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Pape Clement シャトー・パプ・クレマン Chateau Pape Clement Grand Cru Classe シャトー・パプ・クレマン グラーヴ・グラン・クリュ・クラッセ 「骨の髄までエレガントで、複雑で、ボルドーの中でも最も独特なワイン・・・。抜け目のない愛好家ならぜひとも買うべきである。」とパーカー氏に断言させた、グラーヴ格付シャトー!! あのシャトー・オーブリオンより古い歴史がありながら、なかなか名声がついて来なかった、いわば不遇のワインがこの【シャトー・パプ・クレマン】。このワインが、グラーヴの一流ワインとして名声を得るようになってきたのは比較的最近ですが、グラーヴ地区の主要なシャトーであることに異論はないでしょう。ボルドーでも最も古い歴史を持つシャトーの一つで、その歴史は13世紀にまで遡ることが出来ます。  1264年生まれの聖職者【ベルトラン・ド・ゴ】は、後にボルドーの大司教となりました。彼は領地として与えられたブドウ畑に魅せられ、当時、最も近代化された方法を用いてワイン作りを行っていました。その後、彼はさらに出世して「教皇クレマン5世」という地位にまで上り詰めたのです。シャトー名はここに由来 しています。  その後、ボルドーの大司教館の領地となりましたが、代々の大司教たちはワイン作りの近代化と技術の革新に励み、常に高いレベルのワインを作り続けていきました。今では当然のこととなっていますが、ブドウの幹を一列ごとに区別して植えるようになったのも、フランス国内ではシャトー・パプ・クレマンが最初 に行ったのが始まり。  20世紀前半から、シャトーは低迷期を迎えてしまいますが、19世紀には数々の華々しい賞を受賞していたことからも、やはり素晴らしい畑を持ったシャトーであることは間違いありません。ここ最近では、モンターニュ家を中心として再建が進み、グラーブ地区では『オー・ブリオン』に次ぐ評価 を受けるようにまでなってきました。 ここの赤は、深い味わいと豊かなボディが特徴の格付けワインです。 また、少量ながら白ワインも生産しています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ボルドーにおいて最も古いシャトーとブドウ畑の1つを有するパプ・クレマンは、ペサック近郊の有名なシャトー・オー=ブリオンから近隣に位置している。歴史的には、パプ・クレマンはボルドー地域の最も重要なシャトーの1つであった。もともとの所有者の1人、ベルトラン・ド・ゴは1299年にこの田舎の地所を買い取り、その6年後に法王クレマン五世となった。教皇の座を陽光のまぶしい、神聖なプロヴァンスの町、アヴィニョンに移すという彼の大胆な決定は、フランス人に称賛された。  この歴史上の一時期は「バビロン捕囚」として知られ、アヴィニョンの外にあるシャトーでクレマン五世によってつくられたワイン、シャトーヌフ・デュ・パプという名とともに人々に記憶されている。クレマン五世はアヴィニョンにとどまり、パプ・クレマンの畑を教会に譲り渡し、そこはフランス革命のさなかに剥奪されるまでは、誰に邪魔されることもなく営みを続けていた。  1937年の凶暴な嵐のような雹で完全に打ちのめされてしまったブドウ畑は、1939年にこのシャトーを購入した、卓越した農業工学者であったポール・モンターニュによってよみがえった。現在、シャトーは故モンターニュの相続人が管理しており、運営は、ベルナール・マグレが担い、多大な情熱とエネルギーを注ぎ込んでいる。1950年代、1960年代、そして、1970年代初めにはパプ・クレマンの品質を疑う者などいなかったのだが、細部への注意不足や、設備への投資を怠ったことから、1975年以降、質の低下が深刻なものとなった。その後の10年にこのシャトーが造ったワインはしばしばカビ臭く、新鮮さに欠け、早い話が出来の悪いものだった。  貧弱から凡庸なワインが続いたが、それは1985年、若くて熱心なベルナール・プジョルが雇い入れられて終わりを告げた。プジョルには、パプ・クレマンの品質を復活させる為の全責任が与えられ、その最初の結果が深遠なる1986年に表れた後は、偉大なオー=ブリオンやラ・ミッション・オー=ブリオンに近づき、肩を並べるほどになってきている。プジョルは1990年代の後半に辞し、ベルナール・マグレは聡明なワイン醸造コンサルタント、ミシェル・ロランを雇った。  パプ・クレマンは極度に軽い、砂利質の土壌の上にあり、よくできたときには魅惑的で抗しがたいブーケがあり、タバコとミネラルの強い香りと混じり合ったたっぷりとした黒系果実の香りがする。メルロの割合が比較的高いため、ごく若いうちから飲めるし、最高のヴィンテージには数十年間熟成し続けるものもある。1980年代後半の5年でパプ・クレマンはボルドーの花形の1つになり、2001年、2000年、1998年、1996年、1990年、1988年、1986年といった深遠なワインを生み出した。  彼らの品質への新たなこだわりは、希少な白ワイン用の畑の割合が増加していることでもわかる。昔はごくごくわずかな生産量(通常100ケース以下)はシャトー専用であったが、今は600ケース近い白ワインをつくっている。手短に言えば、ここはボルドーのスーパースター・シャトーの仲間入りをしたのである。 一般的な評価  骨の髄までエレガントで、複雑で、ボルドーの中でも最も独特なワインであるパプ・クレマンは、1986年のヴィンテージ以降、とりわけベルナール・マグレがこのシャトーを手に入れてからは絶好調である。マグレは、1990年代後半以降のヴィンテージが実証しているように、このシャトーをボルドーの最高レベルに押し上げようと、懸命にあらゆる努力をしている。抜け目のない愛好家ならぜひとも買うべきワインである。 <赤> 平均年間生産量:9万5000本 畑 面積:30ha 平均樹齢:27年 植樹密度:8000本 平均収量:39hl/ha 育成:コールド・マセレーションは3日間。発酵とマセレーション(カベルネ・ソーヴィニョンについては26~29日間)は温度管理された木製槽で行う。ビジャージュは手作業。マロラクティックと20ヶ月の熟成は新樽で。清澄はしないが濾過はヴィンテージによる。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン58%、メルロー42% 所有者:ベルナール・マグレ <白> 平均年間生産量:6000本  畑 面積:2.8ha  平均樹齢:20年  植樹密度:8000本  平均収量:37hl/ha  育成:発酵と11ヶ月の熟成(攪拌あり)は澱の触れたまま新樽70%で行う。清澄も濾過も行う。  ブドウ品種:ソーヴィニョン・ブラン45%、セミヨン45%、ミュスカデル10%  シャトーパプクレマンルージュ 1976 グラーヴグランクリュクラッセ Chateau Pape Clement 1976 Grand Cru Classe 赤 ワイン 格安,2018

シャトーピションロングヴィルコンテスドラランド 1987 AOCポイヤックメドック格付第2級 Chateau Pichon Longueville Comtesse de Lalande 1987 AOC Pauillac 赤 ワイン 得価,豊富な

Chateau Pichon Longueville Comtesse de Lalande シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド ポイヤック格付一級シャトーと肩を並べる大人気シャトー!「ポイヤックの貴婦人」と形容される女性的で優しいワイン【シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド】!   シャンパーニュの名門【ルイ・ロデレール社】に買収され、ますます品質をあげているボルドー・2級シャトー!! 一級の【シャトー・ラトゥール】、二級の【シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン】といったシャトーに挟まれたところに位置するのが【ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド】。ポイヤックの3つの名高い一級シャトー(ラフィット、ラトゥール、ムートン)にも肩を並べるほどの実力です。  近年、格付け改定がなされたら一級に格上げになるだろうと言われる「スーパーセカンド」と評されるいくつかのシャトーの中でもこの【ピション・ラランド】は独特の存在感です。ポイヤックにありながら、メルロの割合が多く、マルゴーのワインのような柔らかく上品なワイン です。そうした女性的な味わいはシャトーの始まりにあるのかもしれません。  元は【ピション・ラランド】と【ピション・バロン】は一つのシャトーでした。17世紀にまで歴史を遡ると長い間シャトーはその名声を維持し続けますが、当時の当主【バロン・ジョセフ・ドゥ・ロングヴィル氏】は5人の子供達にシャトーを分割しようと考えていました。長男がすでに亡くなっていたので、次男が全体の五分の二を、残りの五分の三を3人の娘で分割しました。  この次男が相続した畑が現在のピション・バロンです。姉妹それぞれに五分の一ずつ相続された3つの畑ですが、管理が困難であったため結局1850年から1860年までの間はピション・バロンを所有する次男が管理していました。  5人の子供の一人、ラランド王に嫁いだ次女がワイン造りに強い関心を示した為、シャトーを分割し、ラランド王国の王女(コンテス・ラランド)の名前を持つシャトーになりました。そして、男兄弟が相続した【ピション・バロン】の方はがっちりとした、筋肉質で力強い男性的なワインとなり。姉妹が相続した【ピション・ラランド】の方は上品で滑らかな女性的なワインが造り出されました。  ピション・ラランドは、「アタックはあくまでデリケートに。しかし中間から一気に広がってくる圧倒的なヴォリューム感そしてフィニッシュには遠慮しない。」 というもので、エレガントなスタイルは、男性的なピション・バロンと比べ『貴婦人のよう』 と賞されます。  ロバート・パーカー氏は「現在、ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドは間違いなく最も人気が高く、1978年以降ポイヤックで最も一貫して秀逸なワインとなっており、ヴィンテージによっては一級の品質を示すこともある」 (『ボルドー第四版』より) と評価しています。 ブラックチェリーやフランボワーズのなどの赤・黒系果実の香り、黒コショウ、ミント、ダークチョコレート、バニラクリーム、なめし革、西洋杉のニュアンス。たっぷりとして粘性も高く、口に含むと、果実味の厚みがありリッチな印象。完熟した果実味と酸、渋みとのバランスが大変良く、女性らしい優美さをもった華やかな1本です。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によっては、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー /  メドック地区ポイヤック村・第2級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【AOC ポイヤック】 【メドック 格付】 【格付第2級 二級】 【コンテスト ラランド】 【ロングヴィル ラランド】 【シャトー ピション】 【フランス ボルドー メドック ポイヤック】 【グラン クリュ クラッセ】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Pichon Longueville Comtesse de Lalande シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド Chateau Pichon Longueville Comtesse De Lalande AOC Pauillac シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド AOCポイヤック・メドック格付第2級 女性的な強さと優雅さを秘めた官能的にして偉大なシャトー!イヤック格付の中でも、一級シャトーと肩を並べる大人気ワイン!あの格付第一級、シャトー・ラトゥールに隣接する大人気格付!【ラランド】!ロバート・パーカー氏は★★★★★5ッ星生産者! 一級の【シャトー・ラトゥール】、ニ級の【シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン】といったシャトーに挟まれたところに位置するのが、【ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド】。ポイヤックの3ツの名高い一級シャトー(ラフィット、ラトゥール、ムートン)にも肩を並べるほどの実力! ポイヤック村へ車を走らせると、ジャン・ミッシェル・カーズ氏の指揮下にて完成したモダン・クラシックな門をくぐり抜けます。すると【ピション・ロングヴィル・バロン】の門が見えてきます。左手にはそのシャトーがあり、その反対側には【コンテス・ド・ラランド】のシャトーがあります。華麗・豪華な【ピション・ロングヴィル・バロン】、それに比べると【コンテス・ド・ラランド】は少し端正な感じがします。  しかし、ワインはシャトーのイメージとは逆かもしれません。女性的で優美なのは【コンテス・ド・ラランド】であり、男性的で豪壮なのは【ピション・バロン】です。今では、この2つの兄妹シャトーは、世界でも大人気のワインとなっています。  同じ村、隣り合ったシャトーは元々は同一だった存在ながら、そのワインのスタイルは大きく違ます。格付けシャトーの中で最もメルロの使用率が高いものの1つであるコンテス・ド・ラランド(伯爵夫人)は、若くしても貴婦人のような優美さを備えるもので、もちろん熟成によっても華開きます。  時にボルドーは『ワインの女王』と賞されますが、まさにコンテス・ド・ラランドはボルドーの女王に相応しい1つです。難しかった年の90年ですら、まさにコンテス・ド・ラランドは素晴らしいワインであり、骨格は細いものの、他の作年と同様の優美で繊細、複雑なスタイルを充分保っていました。  平均で3万ケースを生産していますが、難しい年にも品質の高いワインを送り出し続け、今やスーパーセカンドでもトップクラスとの評価を受けています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」から  現在、ピション=ロングヴィル=コンテス・ドゥ・ラランド(ピション・ラランド)は明らかに人気が高く、そして1978年からは、ポイヤックのなかでも一貫して輝くばかりのワインをつくり続けている。多くのヴィンテージでこの地域の3つの有名な一級シャトーと張り合い、時にはまさっている。1961年以来、ピション・ラランドのワインは大変な成功をおさめているが、1970年代終わりから1980年代初めにかけて、ランクザン夫人のエネルギッシュな舵取りのもとで、その品質が驚くべき高みにまで上りつめたのは疑う余地のないことだ。ワインは知的なつくり方をされ、暗い色合いで、しなやかで果実味に富み、なめらかで、若いうちから飲める。マルゴーのシャトー・パルメとともに、最も有名なメドックのシャトーとしての風格があり、ブレンドには相当量のメルロを使っている。ただ、ピション・ラランドには必要なタンニン、深み、豊かさがあって、10年から20年、ゆっくりと熟成させることができる。メルロの割合が高い(35%)ことで、ワインの柔らかく、肉付きのよい特徴の一部は説明できるだろう。 ランクザン夫人 このシャトーはかつて、ひとつのピション=ロングヴィルという地所の一部分で、それが1850年に分割されたものだ。ランクザン夫人の父のエドゥアール・ミュイレが1924年に購入したのだが、現在の名声を築いたのは娘の方である。1980年代に資本が相当つぎ込まれた。1980年に新しい発酵室が、1988年に新しい樽熟成のためのセラーとテイスティング・ルーム(隣のシャトー・ラトゥールの壮観な眺め付きだ)がつくられ、そして1990年、シャトーの改修は完了した。ランクザン夫人はシャトーに住んでいるが、場所はピション=ロングヴィル・バロンから道路を横切ったところだ。ブドウ畑はポイヤックとサン=ジュリアンの両方にまたがり、後者の性質がしばしばピション・ラランドのしなやかなスタイルの原因とされる。 平均年間生産量:45~50万本 畑 面積:75ha 平均樹齢:35年、密植度:9000本/ha 平均産出量(過去5年間):50hl/ha 育て方:ブドウは手作業で摘まれ、完全に除梗。破砕してから、33基の温度調節されたステンレスタンクに移される。 発酵は18~24日間続き、マロラクティック発酵はタンクの中で起こる。 アサンブラージュは12月で、ワインは半分が新しいオーク樽に、半分が1年使った樽に移され、18ヵ月寝かされる。 澱引きは3ヵ月ごと。ワインは卵白で清澄処理され、ごく軽く濾過処理されて瓶詰めされる。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロー35%、カベルネ・フラン12%、プティ・ヴェルド8% シャトーピションロングヴィルコンテスドラランド 1987 AOCポイヤックメドック格付第2級 Chateau Pichon Longueville Comtesse de Lalande 1987 AOC Pauillac 赤 ワイン 得価,豊富な

シャトーシャススプリーン 1992 Chateau Chasse Spleen 1992 赤 ワイン 人気,送料無料

Chateau Chasse Spleen シャトー・シャス・スプリーン 大人気のボルドー・メドック・フルボディ辛口赤ワイン!あの『神の雫』にも登場!ロバート・パーカー氏には3~4つ星★★★~★★★★生産者で「傑出したシャトーである。一貫して上質なワインを生産し、三級シャトーと同等の出来だったこともしばしばある。」と大絶賛するシャトー! シャトー名である【シャス・スプリーン】は「憂いを払う」との意味で、1821年、このシャトーに滞在した英国の詩人バイロンが命名されたと言われています。グランクリュ並みの人気と実力をもち、2003年より、ブルジョワ・エクセプショネル級に格上げされています。  【シャトー・シャス・スプリーン】は、ムーリスのトップ・クラスのシャトーとして格付け以上の評価を受けています。その実力は3級以上、2級にも匹敵すると誰もが認める高級シャトーなのです。第一次世界大戦当時から1976年まではラーリ家が所有して見事なワインを生産してきましたが、その後タイヤン社を中心とするグループが買収しました。そのタイヤン社の取締役ジャック・メルローの手腕により、品質もよりいっそう素晴らしいものになり、品質もヴィンテージに関係なく安定してレベルの高いワインを生産しています。  深いガーネット色、透明度が高く輝きがあります。フレッシュなバラやサクランボ、ハーブ、リコリス、鉛筆の芯の香りが濃厚かつ複雑に香り、ほのかにバニラのニュアンスも感じられます。味わいには凝縮したサクランボや桑の実、きめの細かいしなやかなストラクチャー、タンニンも力強く、余韻も長く上品に続いていきます。若いうちは荒削りに感じられますが、熟成後はメドックでも最上の赤ワインに華開いてくれます。複雑味もありますが、全体としてのバランスに非常に優れた逸品です。      *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ムーリ・ブルジョワ・エクセプショネル級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロ25%、プティ・ヴェルド5%●タイプ赤・辛口・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【フランス 辛口 赤】 【ボルドー 辛口 赤】 【ボルドー】【ムーリー AOC】【ムーソー AOC】【ムーリス AOC】【AOC ムーリー】【AOC ムーソー】【AOC ムーリス】【赤 フルボディ】フルボディ 辛口 赤】【シャススプリーン】【シャス スプリーン】【ムーリー】【シャトー・シャススプリーン 】【シャトーシャススプリーン 】【シャトーシャス・スプリーン 】【シャススプリーン 】【シャス スプリーン 】【ワインスペクテーター誌 】【ゴーミヨ誌 】【インターナショナルワインセラー 】【ロバート・パーカー 】【クラスマン 】【シャス=スプリーン】【シャススプリーン】【Moulis en Medoc 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Chasse Spleen シャトー・シャス・スプリーン Chateau Chasse-Spleen シャトー・シャス・スプリーン 『神の雫』にも登場!格付シャトー並みの評価を受けるムーリスのトップシャトー!!メドックでもっとも人気のあるクリュ・ブルジョワの一つ!『憂いを払う』力強さいっぱいのワイン!パーカー氏3~4ッ星生産者で、「傑出したシャトーである。一貫して上質なワインを生産し、3級シャトーと同等の出来だったこともしばしばある。」と大絶賛!!シャス・スプリーンは「憂いを払う」の意味で、1821年、このシャトーに滞在した英国の詩人バイロン卿の命名と言われています。 1855年に決定されたメドック格付け「1~5級」の格下、クリュ・ブルジョワに格付けされるこのシャトーを、額面どおり格下に認識しているワイン関係者、愛好家は一人もいないでしょう。 その実力は3級以上、2級にも匹敵すると誰もが認める高級シャトーなのです。  濃厚な構成とアロマの力強さは、ACムーリスではトップで、ボルドー全域で見てもトップ・クラス。 カベルネ・ソーヴィニヨン優勢の造りは、若いうちはしばしば粗削りに感じられますが、熟成後はこの問題を解決し、メドックで最上の赤ワインの一つに昇華します。  構成成分は複雑だがバランスもよく、中程度の深い豊かな色調。甘く、噛みごたえがあり、エキス分もタンニンも豊富で力強く、余韻はそうとう長い。超大作級のグラン・ヴァンなのです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  シャス=スプリーンは傑出したシャトーである。過去30年にわたって一貫して上質なワインを生産し、三級シャトーと同等の出来だったこともしばしばある。貧弱で凡庸なヴィンテージでさえ、そのワインは突出した深みのあるルビー色や、プラムのような熟したブーケ、豊かさと松美のあるしっかりとした風味で特徴づけられている。  シャス=スプリーンの偉大なヴィンテージは2000年、1990年、1989年、1986年、1985年、1978年、1975年、1970年、1966年で、その中ではメドックのトップ格付けシャトーに匹敵するワインもある。  シャス=スプリーンはラーリー家の所有だったが、1976年に、筆頭株主をソシエテ・ベルナール・タイヤンとするシンジケートに買収された。取締役のジャック・メルローはシャトーの運営に関する多くの聡明な決定を下した。その結果、いっそうひらめきのあるワインが生まれ、1980年代の終わりには文句なしにトップクラスとなった。  4区画からなる畑は主として深い砂利質土壌で、平均樹齢が30年という多くの老木を誇る。ここは非常に伝統的な方法を今も忠実に守るシャトーである。マロラクチック発酵の後も瓶詰めの前も濾過をしない、メドックでもごく少数のシャトーの1つなのだ。現代技術に対する唯一の進歩は、ブドウの収穫の一部を機械で行うようになったことだけである。セカンド・ワインの導入、熟成用のオークの新樽使用率の引き上げ(50%)、細部に至るまでの完璧な配慮など、クレール・ヴィラールのもとでの進歩は明らかである。シャス=スプリーンが過小評価されていることに世界が気づいたため、価格に急騰した。 平均年間生産量:28万本 畑 面積:80ha 平均樹齢:30年 植樹密度:10000本 平均収量:50hl/ha 育成:発酵とマセレーションは温度管理されたステンレスとコンクリート(エポキシ張り)のタンクで3~4週間。 熟成は毎年40%が更新されるーク樽で14~18ヵ月。清澄はするが、いまでも濾過はしていない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロー25%、プティ・ヴェルド5% 所有者:SAデュ・シャトー・シャス=スプリーン シャトーシャススプリーン 1992 Chateau Chasse Spleen 1992 赤 ワイン 人気,送料無料

シャトーカマンサック 1991 Chateau Camensac 1991 赤 ワイン 正規品,定番人気

シャトー・カマンサックは、オー・メドック地区サン・ローラン村の第5級格付けシャトーです。1855年に第5級に格付けされたものの、注目されず忘れ去られた存在になっていたシャトーでした。 1965年、スペインのリオハ地方にあるモダンなスタイルの上質なワインで知られるワイナリー、マルケス・デ・カセレスを所有しているフォルネル家が買収した後、エミール・ペイノー教授の指導の下、ぶどうの植え替えを行い、醸造所と貯蔵庫は最新のものを導入しました。これらの設備投資により、カマンサックの品質は格段に向上しました。それに伴い、評価・人気も急上昇しているシャトーです。      *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、メドック地区オー・メドックAC/サンローラン・ド・メドック村 第五級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー40%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ 】 【フランス 辛口 赤 】【ボルドー 辛口 赤 】【メドック 辛口 赤 】【オー メドック 辛口 赤 】【シャトー カマンサック 】 【chateau Camensac 】 【メドック グラン クリュ クラッセ 】 【フォルネール兄弟 】 【格付第5級 】 【シャトー カマンサック 】【フォルネル家 】【メドック格付第5級 】【エミール ペイノー博士 】【ミシェル ローラン 】【ロバートパーカー3つ星 】【クラスマン 】【D.ペッパーコーン 】【ヒュージョンソン氏 】【ゴーミヨ誌 】 【AOC オーメドック 】 【オーメドック格付 】 【メドック 格付 】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Camensac シャトー・カマンサック エミール・ペイノー教授の指導の下、さらに品質が向上している。【シャトー・カマンサック】 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  カマンサックは、1855年の格付けシャトーの中では最も知名度が低いものの1つである。サン=ジュリアンの西にあるサン=ローランという、かなり奥まったところに位置していることも理由の1つだろう。 さらに言えば、1970年代までずっと変わらず凡庸なワインをつくってきたことが、総じて人々の関心を遠ざけてしまった。しかし、カマンサックの事態はよいほうへ変化してきた。  カマンサックの復興を担ったのはフォルネール兄弟である。彼らは1965年にこのシャトーを買収すると、ブドウ畑の植え替え、シェ(ワイン蔵)と醸造設備の刷新という費用のかかる仕事に取り組んだ。 フォルネール兄弟はスペインのリオハ地方にもマルケス・デ・カセレスというワイナリーを所有しており、そこでつくられるモダンなスタイルのワインによってよく知られている。  カマンサックのワインはスタイルか軽くなり、しなやかさと果実味を強調したものになった。カマンサックはより良質のワインをつくるようになったが、五級シャトーを代表するほどのものではない。 確かに良質の果実味、ミディアムのボディ、よいヴィンテージなら10年間はセラーで寝かせるに十分なタンニンといった、ある種のサン=ジュリアン的な特徴を持っている。1980年代終わりに私が行ったテイスティングでは、湿った段ボールのようなにおいがするワインが多かったが、この問題は1990年代になって改善された。凝縮感と、率直で四角四面なスタイルを持つワインになっている。 平均年間生産量:28万本 畑 面積:75ha 平均樹齢:35年 密植度:1万本 平均収量:45hl/ha 育成:発酵と18~21日間のマセレーション。熟成は新樽35%で18ヶ月。清澄も濾過も行う。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー40% 所有者:GFAデュ・シャトー・カマンサック シャトーカマンサック 1991 Chateau Camensac 1991 赤 ワイン 正規品,定番人気

シャトームートンロートシルト 1983 Chateau Mouton Rothschild 1983 赤 ワイン 得価,豊富な

Chateau Mouton Rothschild シャトー・ムートン・ロートシルト ボルドー5大シャトーの一つであり、毎年変わるアートラベルでおなじみの“ムートン・ロートシルト”。五大シャトーの中でも特に繊細で優美と称されるシャトー・ムートン! 100年以上も変更されることのなかった1855年のメドックの格付け。それを覆し、第1級に格上げされた唯一のシャトーが、このシャトー・ムートン・ロスチャイルドです。  ユダヤ系の大富豪ロスチャイルド家がこのシャトーを買収したのは、1853年のこと。その2年後のメドックの格付けで、必ず1級を取ると思われていた【ムートン】は、2級に格付けされました。これに奮起したロスチャイルド家は、「1級にはなれないが2級には甘んじれぬ、ムートンはムートンなり」 と言い、畑、醸造技術、熟成方法などに改良を加え、1級になるために様々な努力を行ってきました。  118年後の1973年、4世代にわたる努力の末、シャトームートンは悲願の昇格を果たします。その時、「我1級になりぬ、かつて2級なりき、されどムートンは昔も今も変わらず」 という、有名な名句の逸話が残されています。 シャトー・ムートンは5大シャトーの中では、 最も繊細で優美なワインと評価されます。カベルネ・ソーヴィニヨンの比率が高く、飲み頃になるまでに時間がかかる長期熟成型のワイン。エレガントなブーケと豊かなボディを持った"比類のない"ワインです。シルクのようなきめ細かさ、アーモンドとすみれの香りを秘めたエレガントな芳香 、そして酸味とコクの結びついたバランスの良さは、理想の赤ワインが備えている全ての条件をくまなく発揮しています。 また1945年以来、毎年有名な画家によって描かれるラベルはコレクターも多く、ムートンの人気を集める理由の一つ。 1983年のボルドー地域は、比較的豊作で良質のブドウが収穫された年になります。その結果、タンニン、果実味、酸味のバランスが非常に理想的で、長期熟成の好条件が揃った優良なヴィンテージとなっています。 アタックはスムーズでリッチ。シガーボックスやペッパーなどのスパイスや、プラム、ベリーの完熟した果実の芳醇なアロマ。アタックはスムーズでリッチ、大変バランス感覚に優れた味わい。このヴィンテージらしい凝縮感と、長くたっぷりとした余韻にうっとりさせられる見事なワインです。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ポイヤック村・第1級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン75%、メルロ15%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド2%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】【AOC ポイヤック】【シャトー ムートン ロートシルト】【フランス ボルドー】【ボルドー メドック】【メドック グラン クリュ クラッセ】【プルミエ グラン クリュ クラッセ】【メドック ポイヤック】【パーカー】【ゴーミヨ】【ワインスペクテーター】【一級】【五大シャトー】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Mouton Rothschild シャトー・ムートン・ロートシルト Chateau Mouton Rothschild シャトー・ムートン・ロートシルト 100年以上も変更されることのなかった1855年のメドックの格付け。それを覆し、第1級に格上げされた唯一のシャトーが、シャトー・ムートン・ロートシルトです。それだけに、その実力は並外れたものなのです。 ユダヤ系の大富豪ロートシルト家(英語読みでロスチャイルド)がこのシャトーを買収したのは、1853年のことでした。ところが、その2年後のメドックの格付けで、必ず1級を取ると思われていたムートンは、2級に格付けされてしまいました。 これに奮起したロートシルト家は、「1級にはなれないが2級には甘んじれぬ、ムートンはムートンなり」 と言い放ち、畑、醸造技術、熟成方法などに改良を加え、1級になるために様々な努力と働きかけを行っていきました。 そして、実に118年後の1973年、4世代にわたる努力の末、ムートンは悲願の昇格を果たしたのです。その時、「われ1級になりぬ、かつて2級なりき、されどムートンは昔も今も変わらず」 という名句を残したという、有名な逸話が残されています。 ここのワインの人気の一因として、アートなラベルの存在も挙げられるでしょう。1945年以降、毎年、著名なアーティストにラベルを飾る絵を依頼していて、ダリ(58年)、ミロ(69年)、シャガール(70年)、ウォーホル(75年)など、豪華なアーティストが描いたラベルの数々は、見ているだけでもうっとりする美しさで、コレクターも多いのです。 このラベル・コレクションの火付け役であるフィリップ・ド・ロートシルト男爵は、1922年から、独創的なアイデアでシャトーの改革を続けた、大胆不敵なカリスマ的人物でした。 今では当たり前のこととなっている『ワインを瓶詰めする』ということを最初に行ったのも彼だったのです。ムートンは、五大シャトーの中で最も“豪勢”“派手”と言われています。ラフィットの優雅さ、マルゴーの女性らしさ、ラトゥールの男性的な力強さなどとは一線を画し、濃厚で芳醇、ふくよかで肉づきがよくリッチな味わいです。 そして、深くてエキゾチックな魅力もあり、10~15年、じっくり瓶の中で熟成させていくと、獣肉のような艶めかしさが現れてくるという、とても魅惑的なワインなのです。年によって異なる、とても美しいラベルを持つムートンは、特別の日に飲んだり、贈り物にも最適のワインでしょう。記念日や誕生日の年、思い出の年のものであればより一層楽しめることでしょう。 ぜひ、美しいラベルと共に、ゆらゆらと香り立つ魅惑的なムートンの魔力に酔いしれてみてください。 畑 面積:78ha 平均樹齢:45年 植樹密度:8.500本 平均収量:40~50hl/ha 育成:発酵とマセレーションは木製槽で15~25日間。熟成はオークの新樽で19~22ヶ月。 清澄はするが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン77%、メルロ11%、カベルネ・フラン10%、プティ・ヴェルド2% 平均年間生産量:シャトー・ムートン・ロートシルト/30万本 ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト/不定 エール・ダルジャン/1万8000~2万4000本 所有者:GFAバロンヌ・フィリッピーヌ・ロートシルト 年代別ラベルデザイナー 年代アーティスト年代アーティスト年代アーティスト1924ジャン・カルリュ1945フィリップ・ジュリアン1946ジャン・ユーゴー1947ジャン・コクトー1948マリー・ローランサン1949アンドレ・ディニモン1950ジョルジュ・アルヌルフ1951マルセル・ヴェルテス1952レオノール・フィニ1953100周年記念ラベル1954ジャン・カルズー1955ジョルジュ・ブラック1956パヴェル・チェリチェフ1957アンドレ・マッソン1958サルバドーレ・ダリ1959リチャード・リポルド1960ジャック・ヴィヨン1961ジョルジュ・マチュー1962マッタ1963ベルナール・デュフール1964ヘンリー・ムーア1965ドロテア・タニング1966ピエール・アレシンスキー1967セザール1968ボナ1969ジョアン・ミロ1970マーク・シャガール1971ワシリー・カンディンスキー1972セルジュ・ポリアコフ1973パブロ・ピカソ1974ロバート・マザーウェル1975アンディ・ウォーホル1976ピエール・スーラジュ1977エリザベス女王訪問記念ラベル1978ジャン・ポール・リオペール1979堂本 尚郎1980ハンス・アルトゥング1981アーマン1982ジョン・ヒューストン1983サウル・スタインバーグ1984ヤコヴ・アガム1985ポール・デルヴォー1986ベルナール・セジュルネ1987ハンス・エルニ1988キース・へリング1989ゲオルク・バゼリック1990フランシス・ベーコン1991Setsuko・パルテユス(出田節子)1992ペール・キルケビー1993バルテュス1994カレル・アペル1995アントニ・ダビエス1996古千(グ・ガン)1997ニッキ・ド・サン・ファル1998ルフィーノ・タマヨ1999レイモン・サヴィニャック2000「アウクスブルクの羊」の金エッチング2001ロバート・ウイルソン2002イリヤ・カバコフ2003ムートン150周年記念ラベル2004チャールズ皇太子2005ジュゼッぺ・ペノーネ 2006ルシアン・フロイド2007ベルナール・ヴェネ2008シュ・レイ 2009アニッシュ・カプーア 2010ジェフ・クーンズ2011ギィ・ド・ルージュモン 2012  シャトームートンロートシルト 1983 Chateau Mouton Rothschild 1983 赤 ワイン 得価,豊富な

シャトーカントメルル 1978 Chateau Cantemerle 1978 赤 ワイン 正規品,定番人気

メッドク格付け5級シャトー。 『さえずるクロツグミ』という意味を持つのがシャトー・カントメルルです。 メドックの入り口部分に位置する畑は、この地域では【ラ・ラギューヌ】と並んで最良の場所にあり、オーメドックのシャトーの中でもトップクラスと評されています。過去の記録によると、19世紀後半の頃には、何と【ラフィット】よりも高値で取引されたこともあるぐらいで、その実力は高く評価されています。 そのワインは、上品な果実の香りを持ち、タンニンが柔らかく比較的あっさりしたタイプ。素晴らしい畑から収穫された、素晴らしいブドウによって作られています。 1867年の万博では銀賞を獲得、現在では【メドックの3級に匹敵する】と言われるほど、そのワインには定評があります。テロワールに恵まれているシャトーのワインは安心して楽しむことができる、それを証明してくれるかのようなワインです。        【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、メドック地区オー・メドックAC、マコー村第5級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン52%、メルロー40%、プティ・ヴェルド5%、カベルネ・フラン3%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【AOC オー メドック】 【オーメドック AOC】 【シャトー カントメルル】 【格付 オーメドック】 【オーメドック 格付】 【グランクリュクラッセ】 【グランクリュ クラッセ】 【グラン クリュ クラッセ】 【オーメドック グラン クリュ】 【グラン クリュ オーメドック】 【オー メドック 赤 辛口】【ボルドー 格付】【メドック 格付】【オーメドック 格付】【格付第5級】【格付第五級】【メドック 赤 辛口】【ボルドー 赤 辛口】【フランス 赤 辛口】【赤 フルボディ】【メドック格付第五級 】【メドック格付第5級 】【格付五級 】【格付5級 】【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【オー メドック 赤 辛口 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Cantemerle シャトー・カントメルル 【第5級格付けながら、卓越したワインを生み出す】とヒュージョンソン氏も3ツ星★★★評価!3級シャトーに匹敵する実力!安定感があり、いつ飲んでも美味しい!魅力的なワイン!! 1855年当時の格付けで5級シャトーですが、不断の努力の末、格付け以上の実力を発揮する。今では 3級シャトーに匹敵するとも噂される実力!カントメルルはほとんどのヴィンテージで、早飲みと熟成が可能な点も魅力の一つです。若いうちはチャーミングでフルーティ。オーク樽由来のバニラのテイストが印象的。一方熟成を重ねると、非常にエレガントで若いころと全く違った魅力が感じられます。まるで成長した大人の女性のように優美で滑らか。これが、カントメルルです!! 歴史 中世、シャトー・カントメルルは、シャトーから1kmほど離れたメドックの川岸を守る要塞の一つだった。古文書によると、1147年にはすでにカントメルル領主が存在したことを証明している。この一帯でワイン作りが始まったのが1354年のことで、当時のカントメルル領主は「収穫の10分の1の税金」と「ワイン1樽」を支払っていた記録が残っている。 その後、何代ものオーナーへと所有権が移り変わっていくが、16世紀より、ブドウ栽培地の開拓がカントメルルのドメーヌでの主な事業となっていく。17世紀になると、カントメルル家はジロンヴィル、モーカン、ソーヴといったシャトーまで支配するようになった。 1643年、カントゥメルル領主ルイスの弟がソーヴ城に住み、そこをシャトー・カントメルルと命名、本格的にブドウ栽培を行うようになる。 メドック格付けリスト 1855年、ナポレオン3世は、フランスの豊かさを世界に見せるためにパリ万博を開催する。ボルドー商工会議所は、ワインの格付けを行うための準備を行うこととなり、仲買人組合に68の赤ワインの銘柄リストと21の白ワインの銘柄リストを提出し、ワインの売価によって5級のクラスとそれ以下の3つのクラスに分けるよう提案した。 しかし、オリジナルリストには、最初はカントメルルの名前は記載されておらず、後からようやく「カントメルル、ヴィルヌヴ・ドュルフォル婦人、マコー」と追加されたのだが、カントメルルは格付け対象から外されてしまっていた。 これは、当時のカントメルルが、ボルドーの仲買人を通さずオランダの買手と直接交渉したため、その売価を知らなかったためだった。 しかし、現実にはカントメルルは町を代表するワインを作っており、オランダでの評判が高かったことは間違いなかった。同時に5級に格付けされた他のシャトーのワインよりも、実際に高い価格で取り引きされていた記録が残っており、その資料を揃えて組合へ提出すると、リストへの追加の要求が認められた。 1855年9月、まだ万博開催中に、カントメルルは5級クラスとしてリストに加えられることになった。この歴史あるリストが変更になったのはこれが最初のことで、2度目は1973年に【ムートン・ロートシルト】が1級クラスに格上げされた時、わずかにこの2つしか例がないことなのだ。 1867年の万博の際には、シャトー・カントメルルはワインの出来の良さを評価され、銀メダルを授与されています。 1879-1887年、シャトーはフィロキセラとべと病の危機に瀕し、年間生産量が半減してしまう。被害が甚大だったサン・ジュリアン、ポイヤック、サンテステッフなどと比べると、まだ混乱は少ない方だったため、1884年にはポイヤックの1級シャトー【ラフィット・ロートシルト】よりも、カントメルルのワインの方が高値で取り引きされた記録も残っている。 しかし1892年、シャトーはデュボス家に売却され、300年間続いたヴィルヌヴ・ドゥ・ドュルフォル家の支配は終わりを告げることになった。 購入者となったテオフィル・デュボスは、カントメルルのブドウ栽培者であり、同時にメドックのクリュ・クラスの労働組合副長であり、1914年に売られることになるデュボス・フレール社の仲買人でもあった。彼の死後、息子ピエールとベルナルがカントメルルを1923年まで共同相続し、その後はピエールのみが所有者となった。1930年から始まった戦争の間、いくつかのワイン区画でぶどうが引き抜かれ、1945年からは25haほどしか栽培出来ず、その状態が1981年まで続く。そして同年、シャトーは建築共済組合と建設省に売却された。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ちっぽけなマコー村のちょうど南にカントメルルの愛らしいシャトーがある。有名な県道2号線(ボルドーからメドックに抜ける幹線道路)に沿った深い樹木に覆われた公園の中にあり、そのワインづくりの歴史は、16世紀後半にさかのぼる。今世紀になってからの大半の期間はデュボ家が所有しており、ほれぼれするほど香り高い、エレガントな姿のワインの生地としてこのシャトーを有名にしたのは、この一家である。しかし、資金難や一族の内紛のせいで、カントメルルは1980年、売りに出された。 1970年にはこのシャトーは荒れるがままになっており、1975年以降のいくつかのヴィンテージはその影響をまぬがれ得なかった。カントメルルのセラー、シェ(ワイン蔵)、そしてシャトーは刷新され、新しいセラーや醸造設備、最新設備を導入したテイスティング・ルームなどがつくられた。そしてとりわけ重要だったのは、品質に対する真剣な取り組みがなされたことである。  1980年以前は、瓶ごとのばらつきがかなりあって、多くのヴィンテージが、古い樽のにおいや果実味の欠如という欠点を抱えていた。経営者が変わってから今日に至るまでの最上のワインは1989年と1983年である。ブドウ畑は大幅に植え替えられたため、樹齢が上がるにつれて、品質はさらに向上するに違いない。カントメルルのスタイルの特徴は、リッチで、しなやかな果実味と、強烈で華やかなブーケにある。 畑の比較的軽い土壌と高いメルロの割合を考えると、決して超大作になるようなワインではないだろう。カントメルルの最良の作品は、きまって、いくばくかの芳香がある早熟タイプであり、そのために若いうちから、申し分のない魅力がある。ただし、高い期待が寄せられているにもかかわらず、カントメルルは過去10年間、1989年と1983年ほど卓越したワインをつくっていない。 一般的な評価  カントメルルは、いつになったら神秘的な1989年、1983年、あるいは1961年のような出来栄えをふたたび見せてくれるのだろうか? どうしたことか、このシャトーは1970年代と1980年代のスランプの後、完全に回復したことがない。ワインは、よくできているが、並はずれたものとなることはない。概してその格付けにふさわしい。ただし、読者の方は、(残念なことにめったにないが)偉大な成功作に注意を向けるとよいだろう。三級に比肩する作品で、まぎれもなく目を向ける価値がある。全体からみると、品質に対する価格比には興味を持てる。 平均年間生産量:35万本 畑 面積:87ha 平均樹齢:25年 密植度:1万本 平均収量:55hl/ha 育成:発酵は、最良のロットのものは木とコンクリートの槽で、残りはステンレス槽で行う。 発酵温度は一定でなく、メルロは26~28℃、カベルネは28~30℃、プティ・ヴェルドは30~32℃。 マセレーションは最低22℃で30日間。収量の20%(メルロのみ)は新樽内マロラクティック。 熟成は新樽40%で12ヶ月。澱引きは12℃で3回。必要なら軽い清澄を行うが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン52%、メルロー40%、プティ・ヴェルド5%、カベルネ・フラン3% 所有者:SMABTP(相互保険会社) シャトーカントメルル 1978 Chateau Cantemerle 1978 赤 ワイン 正規品,定番人気

シャトーブラネールデュクリュ 1990 Chateau Branaire Ducru 1990 赤 ワイン 定番,新品

Chateau Branaire Ducru シャトー・ブラネール・デュクリュ ロバート・パーカー氏に「最もスタイリッシュで複雑な、特筆に値するほどおいしいワインの1つだ」と絶賛させた。メドック格付け第4級、シャトー・ブラネール・デュクリュが追及するサン・ジュリアンスタイルワイン。 サン・ジュリアンのライジングスター【ブラネール・デュクリュ】格付け4級シャトーですが、常にそれ以上という評価を受けている実力のあるシャトーです。 サン・ジュリアンのワインとしては個性的な、スパイシーな風味を持ち、一部に熱狂的に支持されているワインです。元々高い品質のワインを造るシャトーでしたが、特に1990年代半ば以降は一貫して高品質なワインを造り続けています。  彼らの基本方針は新鮮味、力強さ、エレガンスを与えるカベルネ・ソーヴィニョンを主体とした果実の持ち味を正確に表現しながら、サン・ジュリアン・ワインの精神を汲むスタイルのワインを造り上げることです。  畑は【ベイシュヴェル】や【デュクリュ・ボーカイユ】より内陸にあります。そのため、ベイシュヴェルやデュクリュ・ボーカイユよりボディーの力強さが勝り、ややスパイシーな魅力 を備えています。その濃厚な果実とエキゾチックなアロマ、チョコレートなどの風味がブラネール・デュクリュの持ち味 となっています。   日本での知名度はまだまだ低いですがサンジュリアンとしての典型的な良さを備える シャトーです。1988年より新オーナーの【パトリック・マトロー】の運営のもと醸造所は近代化を進めワインの品質が安定し、1990年代以降急速に評価を高めています。 若いうちはやや暴れ気味なタンニンが、熟成すると魅惑的な柔らかくシルキーな存在になります。キイチゴやカシスなどの黒系果実の香りに、スミレの香りに樽香が溶け込み、様々なスパイスの風味が果実味を引き立てます。複雑で熟成度が高く、偉大なフィネスを感じます。上品で穏やかなタンニンと安定した酸、そして深い余韻が見事なバランス。更に数年熟成させても美味しく飲んでいただけるワインです。 ドングリアーノ ワイン オススメの1本! *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~3営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区サンジュリアン村・メドック格付け第4級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロー22%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド3%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【シャトー ブラネール】 【メドック 格付】 【シャトー ブラネール デュクリュ】 【フランス 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【メドック 赤 辛口  】【サンジュリアン 赤 辛口】【サンジュリアン格付 】【サンジュリアン 格付】 【メドック 格付 第4級】 【格付四級 】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Branaire Ducru シャトー・ブラネール・デュクリュ Chateau Branaire Ducru AOC Saint-Julien Grand Cru Classe シャトー・ブラネール・デュクリュ AOCサン・ジュリアン メドック格付第4級エレガントで繊細な味わいに定評があるシャトー。メドック格付け『第4級」格付ですが、評価は『第2級』並み!! 第3級のラグランジュとお買得グランヴァン王の地位を争うブラネール・デュク リュ。オーナーのパトリック・マロトー氏は、ユニオン・デ・グランクリユ・ ド・ボルドー(132シャトー加盟の協会)の会長をここ数年務めていた、ボルドー ・グランクリュの大重鎮でもあります。  サン・ジュリアン村のワインは、繊細なタンニンと果実味のバランスが特徴的で すが、このシャトーの畑は内陸に位置するため、隣接するベイシュヴェルやデュ クリュ・ボーカイユと比べても、よりボディの力強いワインに仕上がっています。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」  私は常々、ブラネールはなぜか低く評価され、ボルドーの熱狂的な支持者たちが自分のお気に入りのワインを論議する際にも、その存在は忘れられてきた、と感じている。サン=ジュリアンを旅行で通る人々ならおそらく、メドックのワイン街道をはさんでベイシュヴェルのすぐ反対にある、くすんだベージュ色の建物に気づいたであろう。最近いくつかのヴィンテージ、とりわけ1975年、1976年、1982年1989年のものは、すばらしい香りと深み、豊かな味わいのあるワインであり、サン=ジュリアンの最高級ワインと同様によいものであった。しかしながら、このブドウ園の成果にはばらつきがある。1980年代と1990年代には個性の曖昧な平凡な一連のワインが生産されている。それは、極端に豊富な収穫量と、厳しさを欠く選別の結果を反映しているのだろうか? 新しいセラーの建設と、新しいワインづくりのチーム、またセカンド・ラベルの登場はブラネールを再び正しい路線に戻すために必要な措置であったようだ。それは1994年と1995年の目覚しい成果となって現れている。  ブラネールのブドウ畑は、多くのボルドーのシャトーのように、分割されてサン=ジュリアンの村に散らばっている。そして、ブラネールのワインにははっきりとした個性がある。サン=ジュリアンにしては格別にスパイシーであり、エキゾチックなほどのオークとヴァニリンのアロマがある。味わってみると、このワインにはしばしば、ブラインド・テイスティングでも比較的簡単に識別できるような、際立ったチョコレートの成分が感じられる。この独自の特色はことに1975年、1976年、1982年、1989年の優れたヴィンテージで顕著である。 平均年間生産量:15.000ケース 畑 面積:50ha 平均樹齢:30年 密植度:10000本/ha 平均産出量(過去5年間):47hl/ha 育て方:ブドウは手摘みで、除梗。発酵は3週間。 産出量の3分の1は新しいオーク樽の中でマロラクティック発酵させ、残りはタンクに入れられる。 マロラクティック発酵の後、すべてオーク樽の中で18~24ヶ月熟成。新樽の比率は50%。 瓶詰めの前に卵白で清澄処理されるが、濾過処理はされない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロー22%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド3% シャトーブラネールデュクリュ 1990 Chateau Branaire Ducru 1990 赤 ワイン 定番,新品

シャトーラトゥール 1974 Chateau Latour 1974 赤 ワイン 得価,豊富な

シャトー・ラトゥール Chateau Latour 世界のワインの頂点に輝くボルドー1級シャトー。最も力強いボルドーワインの王!  ロバート・パーカー氏はシャトー・ラトゥールについて「ラトゥールはボルドーの一級シャトーで最も安定したワインであるのは間違いない。ラトゥールは今では世界で最も凝縮感のある、豊かでタニックなフルボディのワインの1つである。ル・クラスマンは「シャトー・ラトゥールは間違いなく前世紀を通して今日までずっと偉大なメドックのスタイルを最も完全に表現し、伝え続けてきたクリュであろう。」 著名なワイン評論家ロバート・パーカーに「世界で最も凝縮感のある豊かでタニックなフルボディのワインの1つ」 と形容されるラトゥール。ヴィンテージを問わず表現される濃い色調、濃厚なタンニン、スギやヒノキといった特徴的なアロマがラトゥールらしさを印象づけています。プリムールにおいても5大シャトーのなかで頭一つ抜き出た価格を提示し、不変・不動と思われた一級シャトーの平穏と序列に揺さぶりをかけています。   ロバート・パーカー氏曰く、「ラトゥールは年月がたつにつれて良くなっていくワイン」と評価しています。良くなるとは、ワインが瓶の中ではるかに楽しく興味深いものになること、若い時に飲むよりも熟成させた方が楽しみが増すということを意味しています。  特別な日の特別なワインとして、セラーにしのばせておくのもいいかも知れません 。        ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区ポイヤック村・メドック格付第1級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン80%、メルロー15%、カベルネ・フランとプティ・ヴェルド5%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元  【ワイン通販】【通販ワイン】【赤 フルボディ】 【メドック格付第1級】 【メドック格付第一級】 【AOC ポイヤック】 【ポイヤック AOC】 【シャトー ラトゥール】 【グラン ヴァン】 【ロバート パーカー】 【ゴーミヨ誌】 【ル クラスマン】 【ラトゥール】 【ラツール】 【ポイヤック 格付一級】 【メドック第1級】 【マイケル ブロードベント 満点 】 【クラスマン 満点 】 【パーカー 5つ星 】 【ゴーミヨ 満点 】 【格付1級 格付一級】 シャトー・ラトゥール Chateau Latour Chateau Latour AOC Pauillac シャトー・ラトゥール メドック公式格付第1級・AOCポイヤック  『偉大なワインは水の近くに育つ樹からできる』 という古いメドックのことわざです。ラトゥールはこのことわざの如く、ジロンド川に程近い小高い丘にある畑「ランクロ」を拠点に個性的なテロワールで、畑、穏やかな気候、時間をかけて形成された土壌、このテロワールで産まれます。●テロワール *場所  ボルドーより北へ約60km 。ポイヤックにシャトー・ラトゥールはあります。サンジュリアン 近いポイヤックの南に位置する大部分の畑は、ジロンド川の河口の砂利質の丘にあります。 *気候  大西洋に近く温暖な海洋性気候が特徴。ジロンド川近い畑は寒波・春霜の害から守られています。夏の気候は、通常は晴天の日が多く続き、7月中旬までは雷雨もあります。 また、8月前半には暑く乾燥した日が多く、昼夜の気温差が大きく、雷雨の影響により一段と大きくなることもあり、ブドウの成熟を早めます。 <排水システムについて>  ランクロのブドウ畑には、19世紀以降排水システムが設置され、収穫の時期に品質を損なう余分な水分は素早く除去。 ●歴史  1378年よりフロワサールの『年代記』に登場。当時100年戦争の真っ只中で、要塞のサン・モベール塔はフランス国王のブルトン兵が守備していました。17世紀の終わりまで、ミュレ家により所有され、相次ぐ相続や結婚の結果、アレクサンドル・ドゥ・セギュールの所有地となりました、シャトーの歴史はこのセギュール家と共に始まります。  セギュール氏は、1716年、死の直前にシャトー・ラフィットを獲得し、息子でボルドー市議会議長ニコラ・アレクサンドルは、1718年、シャトー・ムートン・ロッチルドとシャトー・カロン・セギュールを獲得しワイン事業を拡大します。18世紀初め、イギリスで貴族階級やブルジョワ階級の人々が、高級ワインの消費の中心でした。そして、ボルドーワインの輸出も戦いが収まると同時に急速に伸び、品質と価格の点で他のワインを引き離していました。  1842年、一つの法人組織となり、1962年までセギュール家のみで構成していましたが、1963年、イギリスのファイナンシャル・グループ、ピアソン・グループが53%を所有する大株主となり、ハーヴェイズ・オブ・ブリストル社(後にアライド・ライオンズ・グループによって買収)が25%を所有。1989年、アライド・ライオンズ・グループはピアソン・グループの持分を買収し、セギュール家の相続人のもとに残る7%を除いた93%の株式を所有しました。  そして、1993年6月、フランソワ・ピノー氏がアルテミス社を通してアライド・ライオンズ・グループの持ち株を買収しました。30年にわたるイギリス資本による経営を終えたシャトー・ラトゥールは、再びフランス資本となり現在に至ります。 ●ブドウ畑  ラトゥールが所有するブドウ畑は76haで、中でもシャトーを取り囲む「ランクロ」と呼ばれる48haの畑が、グランヴァンになります。「ランクロ畑」は、ジロンド川の水位から16mの高さの丘からなり、南北の2つの支流、また東部のジロンド川沿岸の「パリュ」に囲まれます。  畑では、栽培密度が1haあたり1万本と非常に高く、質の高いブドウを収穫するため生産量は抑えます。また、毎年、枯れたり痛んだ苗木は若い樹に植え替えています。この技術は「コンプランタシオン(Complantation)」と呼ばれ、区画の生産量および品質維持のために行います。植え替えられたこれらの区画では、樹齢の異なる若い樹に印がつけられ、収穫は古い樹とは別に行われます。  区画の平均樹齢が高くなり過ぎた場合や区画内の樹齢のバラつきが増えると、全面的な植替えを検討し、区画全体を植え替える場合には、樹を引き抜いた後、土壌に再び活力を与え、ブドウの捕食動物を追放するために、5年間休ませます。現在では、ブドウ害のあるもの(捕食動物の算出、病気のサイクル等)を正確に分析し、リュット・レゾネ(対処農薬栽培)を実現。土壌では化学的な除草剤は一切使用せず、ブドウのつる、植物の堆肥、厩肥などの有機肥料のみを使用します。 ●収穫と醸造  通常9月中旬頃より、15~20日間かけ、収穫時には毎年臨時で約150人の収穫人を雇い、全て手摘みです。収穫にはブドウが潰れないように8kgほど収容できるカゴを使用。区画毎にカゴは直接醸造所へ運び、エレベーターで醸造所の2階へ運ばれ、余分な水分を取り除き2段階で選別。 1)不要な部分(葉や葉柄)や衛生状態がが悪い実などを除去。 2)ブドウに傷をつけ、品質を損なう恐れのある花柄部分(茎や軸)を除去。  その後タンクに運ばれ、ゆっくりと圧搾をし、アルコール発酵が始まります。タンクを水で冷却し温度調節しながらワインは約3週間かけ醗酵を行います。ワインからマール(=搾りかす。主にブドウの皮や種)を除き、清澄をした後、タンクに移し替えます。翌月には第2次発酵(マロラクティック発酵)が行われ、ワインは柔らかくなり、まろやかさとフィネスを持ちます。2001年にリニューアルされた醸造施設には、現在ステンレス製醸造タンクが66個あります。この数は以前の3倍です。タンク数の増加によりブドウを区画毎に発酵させることが可能になり、樹齢、ブドウの種類、テロワール、区画の面積に合わせて、12hl~170hlのサイズのタンクで醸造が可能です。 ●熟成  熟成する樽には、アリエ県とニエーヴル県のオーク材を使用。新樽はシャトー・ラトゥールに100%、レ・フォ-ル・ドゥ・ラトゥールに50%、ポイヤックに10%の割合で使用します。熟成の始めの数ヶ月は、シャトー・ラトゥールを造る最高のアッサンブラージュ(ブレンド)を選ぶためのテイスティングが繰り返されます。ワインは1年目のセラーで6ヶ月間熟成します。樽は密封されずに、ワインと大気の間でガス交換が行われるようにガラス製の栓でふさぎます。樽熟成中のワインは、わずかずつ蒸発するため、週2回ワインを補います。次に、樽は10~13ヶ月熟成させる為に、2年目のセラーへと移ります。樽は密封され、温度差から守られた樽の中で熟成を続けます。この段階ではウィヤージュの必要はありませんが、3ヶ月ごとに澱引きが行われます。樽に入れてから1年後に清澄されます。この清澄作業の約45日後に最後の澱引きが行われ、澄み切ったワインと澱を最終的に分離します。 ●瓶詰め  バランス、ポテンシャルを確認して瓶詰めをする前に、大きなステンレスタンクの中でブレンドします。現在では、新設のステンレスタンクで、一度に全てのワインをブレンドすることが可能となり、ワインの質を限りなく一定に保つことが可能になりました。ブレンド後、微生物分析に再び各ステンレスタンク(12hl~170hl)に入れられます。この作業は通常6月半ばに[ポイヤック]から始まり、[レ・フォール・ドゥ・ラトゥール]、[シャトー・ラトゥール]へと続きます。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」  ラトゥールはポイヤックとサンジュリアンの境という印象的な土地、壁をめぐらしたレオヴィル・ラス・カーズのブドウ畑のすぐ北に位置。クリーム色のいかめしい塔が立ち、道路からでもすぐ分かる。ラベルにもなって有名なこの堅牢な塔は、17世紀、もとはイギリス人が15世紀に海賊の攻撃から身を守るために建てた要塞のあった場所に建造され、以来、ブドウ畑とジロンド河を見下ろしている。ボルドーのメジャーなシャトーでは一握りしかない、外国企業に経営されてきたシャトーの1つだった。1963年から1994年までラトゥールを所有していたのはイギリス人で、1994年にフランソワ・ピノがこの土地を買い取り、フランス人の元に戻った。  ワインは非の打ちどころのない古典的なもので、素晴しいヴィンテージも凡庸なときも、また出来の悪いときでも、一貫して秀逸な品質です。並、または貧弱なヴィンテージにもボルドー1のワインを産出するという評判は、1960年、1972年、1974年については立証されているが、、最近の貧弱なヴィンテージ(1977年、1980年、1984年)には、ワインは驚くほど、ほかのシャトーより見劣りしている。  また、頑固なまでに時間のかかる熟成でも有名。20年~25年、瓶熟成し、かなりのタンニンを流し、その素晴らしい力強さと深み、豊かさを示すようになる。「勇壮」とか「男性的」「頑強」と言われるが、1983年~1989年の間にかすかだが、それと分かるほどにやわらいだようだ。スタッフは強く否定するのだが、私のテイスティングではより穏やかで、とっつきやすいスタイルと感じた。幸い、このような不真面目な傾向は、ラトゥールが1990年から再び傑出したワインを生産し始めると、消えてしまった。   1982年と、やや劣るが1986年が優れた年であることは否定できないが、際立った10年間ではない。1983年、1985年、1986年の大豊作を処理するのに発酵所(キュヴェリー)が足らなかったのは公然の秘密。ブドウを収容するべく発酵槽を早く空ける必要があった。地下のセラーやキュヴェリーを広張し、ボルドー最大の豊作年の1989年には何とか間に合った。1983年、1985年、1988年、1989年の試飲では、客観的に、今世紀のそれまでのどの年代と比べてのはっきりと軽く、力強さが薄れ、凝縮感の落ちたワインとなった感がある。1990年や1994年、1995年、1996年のラトゥールは元の状態に戻った。 平均年間生産量:20.000本 畑 面積:65ha(シャトーの周囲の47haは「ランクロ」と呼ばれ、グラン・ヴァンに含まれる) 平均樹齢:40年(ランクロ)と37年(その他) 密植度:10.000本 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン80%、メルロー15%、カベルネ・フランとプティ・ヴェルド5% シャトーラトゥール 1974 Chateau Latour 1974 赤 ワイン 得価,豊富な

シャトーブラーヌカントナック 1975 Chateau Brane Cantenac 1975 超希少 古酒 赤 ワイン 定番,新作登場

格付け2級シャトーの中で最もお買い得なワインが“ブラーヌ・カントナック”です。現在の所有者は、ボルドーで最も有名な一族であるリュルトン・ファミリーの一人で、彼の妥協する事のない真摯なワイン造りの姿勢が、60年代後半から80年代前半にかけての品質の低下時期から完全に復興させました。今ではその高い格付けに相応しい品質のワインが造られており、常に安定したレベルを保っています。 マルゴーのシャトーは、同じメドックの他の地区と比べメルロの比率が高いシャトーが多く見受けられますが、このシャトーの畑はカベルネ・ソービニョンに向いたテロワールを持っているためカベルネの使用比率が高めですが、それでもしっかりとマルゴーらしい繊細さやフィネスを持っています。外交的で比較的早く飲み頃を迎える事の多いこのシャトーのワインとしては長命です。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。 予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、メドック地区マルゴー:カントナック村・第2級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィ二ヨン65%、メルロー30%、カベルネフラン5% ●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【フランス 辛口 赤】 【ボルドー 辛口 赤】 【ボルドー】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 シャトー・ブラーヌ・カントナック AOCマルゴー・メドック格付け2級 Chateau Brane Cantenac Chateau Brane Cantenac シャトー・ブラーヌ・カントナックリュルトン家のアンリ・リュルトン(Henri Lurton)の指揮の下【シャトー・ブラーヌ・カントナック】は人気も品質も急上昇!、ロバート・パーカー氏は五大シャトーに次ぐ★★★★4つ星生産者に挙げる。かぐわしく濃厚な格付マルゴーとして定評!のメドック格付第2級! ボルドーで最も有名なワインの造り手一族であるリュルトン家が所有する実力派です。シャトー名は、1855年の格付け前からの所有者だったブラーヌ男爵の名にちなんでいます。カントナック台地の最良の部分にある90haの畑は、メドックでも最大級。特徴的な5つの土壌の区画を持ち、それぞれの地質の特性を活かされています。1993年にオーナーとなったアンリ・リュルトン氏は、妥協を一切許さないワイン造りにその情熱を傾け。醸造学の勉強に打ち込み、新しい技術を取り入れ、また畑の改良を進め、このシャトーの評価を一段と高めました。  ワインは、マルゴー地区の中でもエレガントで柔らかなスタイル。果実味に富み、タンニンが果実味に溶け込んでいます。他の2級シャトーと比べ知名度は低いですが、品質が急上昇中で“マルゴーの期待の新星”として大注目です。また、格付けシャトーの中でも“最もお値打ち品の一つ”とも言われ、有名だが味は今ひとつのワインも多い中、リーズナブルな美味しいワインを探す方にはオススメ!! 有名なリュルトン家が所有する実力派!  リュシアン・リュルトン氏が住んでいるのがこのシャトー。マルゴー地区にある“プラトー・ド・カントナック(カントナックの台地、の意)”。その南端に、隣の【カントナック・ブラウン】の派手なシャトーとは対象的に、こじんまりとした印象の2級シャトー・ブラーヌ・カントナックがあります。ボルドーでも卓越した品質を誇ります。シャトー内には、現在のオーナーであるアンリ・リュルトン氏の父の、“クリマンス”や“デュルフォール・ヴィヴァン”など、数々のシャトーを手に入れたことで有名なリュシアン・リュルトン氏が今でも住んでいます。 それぞれ特徴的な5つの区画  ブラーヌ・カントナックの「90ha」の畑は、5つの区画に大別されます。最も品質的に良いワインが出来るのが、プラトー上にある区画です。最高で「海抜22m」という高さを誇るこの区画は砂利質で、最も深いところでは約12m下にまで粘土に混じりながら砂利あります。カベルネ・ソーヴィニヨンとメルローが植えられています。ブラーヌ・カントナックのワインに使用されるブドウは、主にこの区画からのものです。  シャトー裏側は砂を含んだ粘土質で、10年前にカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローに植え替えたばかりの新しい区画です。“ノット”という区画は、15年前に排水工事を行い新しく植え替えたところで、砂利が多くて非常に良い土壌。マルゴー村とアルサック村にまたがる“ヴェルドット”と呼ばれる区画は、砂利と砂が混じっていて、カベルネ・ソーヴィ二ヨンです。そして最後に、スーサッン村にある“マラン”という区画で栽培されたブドウは、主にセカンドワインに使用されます。 間引きは行わない 現オーナーのアンリ・リュルトン氏がこのシャトーを購入した1993年、ブドウ畑に関して真っ先に行ったのが、ブドウの樹の嵩上げだったそうです。全体的に約20cm、そして多いところでは30cmの嵩上げを行いました。また間引きは行っておらず、芽かきの時点で多めに芽を取り除き、収穫制限を行います。「間引きをしてしまうと、どうしても次の年にその反動がきて多くの房をつけるため、1回始めてしまうとずっと続けないといけない」  ということです。  そして、間引きには多くの人出が必要で、当然コストがかかります。ブドウの品質とコストの両面から考えて、リスクはありますが、あえてこの方法を採用しています。また、“収穫は区画ごとではなく、地質ごとに行っている”というのも大きな特徴。ブラーヌ・カントナックのブドウ畑は様々な地質を含み、多いところでは1つの区画の中に4種類もの地質が存在します。 同じ区画とはいっても、どうしても収穫時期が異なるということ。 素晴らしいワインへの試み  ブラーヌ・カントナックでは、収穫の速さを重視する為、他のシャトーのような容量の小さいカジェットは使用せず、比較的大きな収穫カゴでブドウを運んでいます。ブドウの実が完全に熟している場合は、果皮が厚くなっているため、このぐらいの容量であれば潰れることはないのだそうです。ブドウ畑では選果まで行い、この方法で醸造所まで運びます。その後、除梗前の選果と破砕をしてタンクに運び入れます。「現在の除梗機には適正な量を守ってブドウを入れれば、果梗が残るということはほぼない」 とのこと。逆に、容量の小さいカジェットなどを使用して収穫し、少量ずつ除梗機にかけた時の方が果梗が残とのこと。  木製とステンレス製のタンクにブドウが入れられた後、“ターボ・ピジャー”という特別な機器をしながら、低温マセレーションを行います。その後、アルコール発酵中は、ワインを循環させる「ルモンタージュ」、ワインをタンクから一度抜き取り、粕帽を空気に触れさせることにより、まろやかなタンニンを抽出するための「デレスタージュ」、そしてターボ・ピジャーを使用した「ピジャージュ」などの作業を行います。 ターボ・ピジャージュを使用してのピジャージュは、2000年から新システムを取り入れました。実は、それ以前の1986年には、ブルゴーニュで使用されていた特殊なピジャージュ機能付のステンレスタンクを導入しましたが、あまり良い効果が得られませんでした。システムを変更してから、以前よりもさらに色素、タンニンの抽出が効率よく行えたということです。  アルコール発酵が終了後、果皮浸漬を行います。1993年からは、フリーランワインの中でも優れたものに関しては新樽でマロラクティック発酵を行い(残りはタンク)、プレスワインに関しては1度使用した樽の中で行います。樽内マロラクティック発酵を始めた初期は、メルローのみを樽内で行っていたそうですが、実験を重ねた結果、樽の種類や焼付けを調整することにより、カベルネ・ソーヴィニヨンでもより効果的だという結果が得られたため、現在ではこちらにも採用しているそうです。樽は合計7社から購入し、焼付けはミディアム。新樽比率は約50~60%。  マロラクティック発酵が終了しても、すぐに澱引きは行わず、2ヶ月間シュール・リーを行います。ただしバトナージュ、ミクロビュラージュは行いません。合計18ヶ月間の樽熟成の間に澱引きは行いますが、不定期で行うとのこと。コラージュは伝統的な卵白を使用します。“無名だけど美味しいワイン”が好まれるのは当然のこと ですから、このままのスタイルを保って欲しいとも思います。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  ブラーヌ=カントナックは、ボルドーでも最も名の知られたワインのつくり手の一族が所有している。リュルトン家が住む地味なシャトーは、ブドウ栽培の歴史上18世紀初めにまでさかのぼることができる。19世紀に、ワインの名前(バロン・ド・ブラーヌ)にもなったブラーヌ男爵が所有者であった頃のこのシャトーは、傑出した評判を得ていた。現在ムートン・ロートシルトと呼ばれるポイヤックの有名シャトーを所有していたこともあるブラーヌ男爵は、非常に尊敬されたワインのつくり手であり、強固な政治的人脈を持ち、1855年の格付けの際は、それほどの水準のワインを生産していないとの異論があったにもかかわらず、ブラーヌ=カントナックは二級に格付けされた。現在、グラーヴとアントル=ドゥー=メールにかなりのシャトーを持つリュルトン家は、ワインづくりにたずさわる一族としてはこの地区最大である。  メドック最大のシャトーの1つであるブラーヌ=カントナックの広大なブドウ畑は、カントナック村の西、ジロンド河からはかなり内陸に入ったところにある。生産量が多いため、ブラーヌ=カントナックのワインは世界中で商業的な成功を収めている。しかしながらここのワインは凡庸で、特に1967年から1981年にはそれが顕著だった。不思議なことに、この時期のブラーヌ=カントナックの仕上がりには明らかに難があるのに、大半のワイン評論家はそれを指摘せずに目をつぶった。  このスランプ期にいちばん目立っていた問題は、ワインが軽すぎることと、農家の裏庭のようないやなにおいがしばしば感じられたことだ。推測でしかないが、こうした問題が起きたのは、ブドウの選別が不十分だったり、また、セラーの管理がずさんで非衛生的だったために違いない。 もっとも、出来のばらつきは、劇的に改善され、品質のレベルは回復した。ブラーヌ=カントナックのワインは、外向的で果実味に富み、やわらかなスタイルにつくられており、15~20年は持ちこたえるが、若いうちから気軽に楽しめる。 【一般的な評価】 かつては繰り返し期待はずれのシャトーだったが、復興期を迎えている。1990年代後半以降、ブラーヌ=カントナックは二級という格付にふさわしい品質を取り戻し、1995年ヴィンテージからずっと、そのワインはますます強さを増している。幸い、若きアンリ・リュルトンは妥協を全く許さないワインづくりに全力を傾けている。こうした傾向は比較的最近のものだが、ブラーヌ=カントナックは、ボルドー全体とは言わないまでも、マルゴーの新星の1つである。 急上昇する品質に価格はまだ追いついていないので、消費者は覚えておくべきだ!2003年時点で、ここのワインは、ボルドーの格付シャトーのワインの中で最もお値打ち品の1つである。 平均年間生産量:14万本 畑・面積:90ha 平均樹齢:25年 植樹密度:6600~8800本/ha 平均収量:42hl/ha 育て方:発酵は31℃、マセレーションは28℃に温度調節された木製槽で3~4週間。 マロラクティックは、メルロは樽内、カベルネは木製槽で行う。 熟成は新樽60%で18ヶ月。澱引きは3ヶ月ごと。卵白で清澄し、必要なら濾過も行う。 所有者:アンリ・リュルトン シャトーブラーヌカントナック 1975 Chateau Brane Cantenac 1975 超希少 古酒 赤 ワイン 定番,新作登場

シャトーベイシュヴェル 1978 メドック格付第4級 AOCサンジュリアン Chateau Beychevelle 1978 AOC Saint Julien 赤 ワイン 定番,新品

Chateau Beychevelle シャトー・ベイシュヴェル いつ飲んでも美味しい、期待を裏切らないシャトー!しっかりとした構造ながら、バランス取れたリッチな味わい!!メドックのヴェルサイユ」と呼ばれるボルドーで最も美しいシャトー。格付け2級に匹敵する、サンジュリアンの魅力を最大限に引き出した長期熟成にすることにより壮大なスケールとなる1本。 中世にこの河を行き来する船乗り達が、この地の領主だったフランス海軍提督に敬意を表すため、「ベッセ・ヴワール」(帆を下げろ)と、叫んでいたのがシャトー名の由来です。現在は【メドックの小さなヴェルサイユ】 と呼ばれるほど美しいシャトーとして知られています。 1855年の格付け当初は、フランス革命などの混乱から品質が低迷、四級に甘んじてしまいました。しかし現在、その品質はしばしばサン・ジュリアンのトップと肩を並べられるほどに回復し、【格付けニ級に匹敵する】 とも言われています。 ベイシュヴェルは2005年より、自然環境に配慮した栽培と醸造を目指している団体、【Terra Vitis(テラ・ヴィティス)】の適合証明書と、【AGRICULTURE RAISONNEE(減農薬農法)】としての資格を取得しています。 有機的な栽培方法にこだわり、環境にも身体にも優しいワインを製造しています。  そのような方法で造られるワインは、優雅さとフィネスを保ち、引き締まったボディが特徴。カベルネの比率が高く、長期熟成型のどっしりとしたワインが多いメドックでは、ベイシュヴェルの存在は特殊なのかもしれません。理由としてはメルロの比率を高くし、早くから飲める親しみやすいスタイルを目指しているからです。ベイシュヴェルの、いつ飲んでも美味しいエレガントなスタイルは、有名レストラン・ホテル業界からも厚い信頼 を得ています! フランボワーズやチェリーを思わせる赤系果実、熟したカシスやブラックベリーのアロマにタバコや杉のニュアンス。熟したブラックカラントやプラムの芳醇な果実味が魅力的です。タンニンは熟成を経て柔和になり、ビロードのように滑らかな口当たりで、非常に滑らか。凝縮した果実味も魅力的です。きれいな酸とのバランスが絶妙。飲み疲れしない印象の仕上がりです。 熟成を経てもなお、ベイシュヴェルならではの気品に溢れた1本です。上品な味わいを是非この機会にお楽しみください。       *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー / メドック地区 / サンジュリアン村・メドック格付第4級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー28%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド4% ●タイプ赤・フルボディ・辛口 ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】 【フランス 辛口 赤】 【赤 フルボディ】 【AOC サンジュリアン 格付】 【シャトー ヴェイシュヴィル】 【シャトー ベイシュヴィル】 【ヴェイシュヴェル】 【ベイシュベル】 【メドック サンジュリアン 格付】 【メドック グラン クリュ クラッセ】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Beychevelle シャトー・ベイシュヴェル Chateau Beychevelle AOC Saint Julien シャトー・ベイシュヴェル メドック格付第4級 AOCサン・ジュリアン 格付は4級ながら、その品質と名声は2級に匹敵すると言われる!!ボルドーで最も美しい城としても有名なベイシュヴィルは別名「メドックの小さなヴェルサイユ」! エチケットの船の如く前進し続けるシャトー!サンジュリアンにある格付け4級のシャトー【シャトー・ベイシュヴェル】!  歴史  【シャトー・ベイシュヴェル】は、3世紀にわたって続いています。クラシックでエレガントなシャトーの建物は、メドックの中でも指折の美しいシャトーとして知られており 、シャトーの誕生以来、数々の有力な政治家や文化人を魅了してきました。アンリ三世の時代、ベイシュヴェルはエペルノン公爵の領地でした。海軍大将で、グイエンヌを統治していた【ジャン・ルイ・ノガレ・ド・ラ・ヴァレット】が所有していた時代、彼は大変な有力者であったため、シャトーの前を船が通るときには、忠誠を示すべく帆を下げていました。【ベイシュヴェル】という名前は「帆を下げる」という言葉に由来 します。  また、シャトーのマークには、船首にワインの神ディオニュソスを守るギリシャ神話のグリフォンを掲げた船が描かれている。シャトーは17世紀に建てられ、1757年にブラシエ侯爵により改築。19世紀の終わりにエン家により増築された後、近年になってその華麗な姿が修復されました。   このシャトーは、【メドックの小さなヴェルサイユ】 とさえ呼ばれるほど、非常に美しいシャトーが存在していることでも有名ですが、ラベルにはそれとは全く関係なく、ちょっと珍しい【帆を半分下げた船】が描かれています。これは、16世紀、この城はフランスの海軍提督のエペルノン公爵の城館だったため、ジロンド川を通る船乗りたちが、この城の前を通ると【ベッセ・ヴォワール!(帆を下げよ!】と叫び、提督への敬意を表したことが由来しています。シャトー名のベイシュヴェルも、この言葉が訛ったものだそうです。   ベイシュヴェルでは17世紀中頃からワイン造りが行われていました。ブラシエ侯爵所有の時代頭角を現しますが、2代目がフランス革命により追放されて一時名声にかげりが見えました。1855年の格付けの際には4級という低い評価に甘んじてしまいました。しかし、パリの銀行家アルマン・アイン氏の所有に移り急速に復興します。以前にも増して高い評価を得るまでに品質は回復しています。現在では、彼の孫が亡くなった後、所有権が保険会社GMFグループに移り、1989年GMFとサントリーの共同出資会社グラン・ミレジム・ド・フランス社の経営となりました。日本人のワイン愛好家の間でも馴染み深いシャトー となりました。有機的な農法を積極的に取り入れるなどして、優雅さとフィネスを保ち、引き締まったボディが特徴的なワインを生み出してきています。  栽培と醸造  シャトー・ベイシュヴェルは所有面積250ha中、90haでブドウ栽培を行っています。メドックの中心地に位置し、深い礫層に覆われた土壌はベイシュヴェルから北に向かってラトゥールの畑まで続いている、カベルネ種の栽培に向いた土地です。平均樹齢は25年、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドを栽培しています。減農薬法を行い、環境と人に配慮したブドウ栽培を実施、2005年には「Terra Vitis」の認証 を得ています。また、2002年にはHACCP(食品製造における安全管理の手法)も導入、環境や安全に配慮しながら、伝統的な製法でワイン造り が行われています。  ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」  ボルドーを訪れる観光客がシャトー・ベイシュヴェルを見逃すことはあり得ないだろう。なぜなら、ここは、サン=ジュリアン村を目指して北へ向かう県道2号線で最初にぶつかる主だったシャトーだからである。道路に面した花の美しい庭は、速度を上げて疾走するドライバーたちの足を止め、彼らのカメラの格好の被写体となるのである。  ベイシュヴェルのワインは必ずしも一貫しないのだが、素晴らしいものを生み出すことが出来そうだ。1960年代と1970年代は、ヴィンテージごとの品質が問題であった。また、1974年、1987年、1992年、1993年といったワインにとって凡庸な年には、ここのワインにも失望させられたし、偉大な年(1990年)に凡庸な出来だったこともある。最良の年であっても、ベイシュヴェルは目立ってなめらかであり、しなやかで、若いうちから飲むことができた。こうしたことが、潔癖な人や、伝統を重んじる人々に不必要な懸念を抱かせたと思われる。最近の優れたベイシュヴェルのヴィンテージは、10年の年月を経る前に十分に熟成しているのだが、15年かそれ以上熟成させることが必要不可欠のようである。しかしながら総じて、ここのワインは数十年も熟成させる必要はない。  1980年代の初め、所有者たちは、ベイシュヴェルの非常になめらかな味わいは、イギリス人たちが言うように「長生きしない」ことに気づき始めた。そこで1982年以来、よりしっかりした、より筋肉質のカベルネ・ソーヴィニョンを混ぜることや、余韻の長さを増す最も重要なキュヴェゾン期間、新しいオーク樽を増量して使うこと、またセカンド・ラベルのより軽いワインの導入など、次々と新しい方針を打ち出した。これらの技術はベイシュヴェルの品質を高め、1982年、1986年と1989年にこうした努力への評価を得た。1960年代と1970年代につくられた軽くて、しなやかで、エレガントで、早熟なスタイルのワインは、1982年以後、より堅実で、より濃厚なサン=ジュリアンへと移行したが、このワインの持つ目立ったスタイルや魅力、繊細さが損なわれることはなかった。  ベイシュヴェルはサン=ジュリアンの最も値段の高いワインの仲間ではなく、レオヴィル=ラス・カーズやデュクリュ=ボーカイユーよりはるかに安い値段で販売されている。 平均年間生産量:30万本 畑 面積:90ha(このうちサン=ジュリアンのアペラシオンを名乗るのは78ha) 平均樹齢:25年  密植度:8300~1万本/ha  平均産出量(過去5年間):55hl/ha  育て方:ブドウは手摘みで、厳しく選別された後、完全に除梗。発酵は28~30℃に保たれた65hlの発酵槽(ステンレス鋼とセメント)で21~24日間。 プレス・ワインは別に保管される。12月のアサンブラージュの後、オーク樽に移される。新樽は55~60%で期間は16~18ヵ月。 瓶詰めの前に清澄処理がされるが、濾過処理はされない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー28%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド4% シャトーベイシュヴェル 1978 メドック格付第4級 AOCサンジュリアン Chateau Beychevelle 1978 AOC Saint Julien 赤 ワイン 定番,新品

シャトーバーンオーブリオン 1986 Chateau Bahans Haut Brion 1986 赤 ワイン 格安,2018

Chateau Haut Brion シャトー・オー・ブリオン限りなくファーストに近い、【シャトー・オー・ブリオン】のセカンド・ワイン!メドック以外で唯一の格付け第1級シャトー!5大シャトーのセカンドワインの中で最もコストパフォーマンスに優れた、玄人好みの1本です!! 5大シャトーのなかで、 唯一グラーヴ地区から選ばれた【オー・ブリオン】。5大シャトーの中でも 最もエレガントで他にない複雑なアロマで、世界のワインファンを魅了するワインです。 ロバート・パーカー氏は、オー・ブリオンについて、「この偉大な一級シャトーは世界で最もエレガントで、アロマの複雑なワインをつくっている。1980年代初め以降、オー・ブリオンほどの一貫性と、輝かしい品質を示すシャトーはほかにない。」 と「ボルドーで最高のセカンドワインの1つである」と大絶賛しています。   セカンドワインというと、シャトーによって、樹齢の若いブドウを使用したものや、別の区画から取れたブドウを使用するものなど様々ですが、オー・ブリオンの場合は、瓶詰め手前までグラン・ヴァンと同じように造っています。  グラン・ヴァンと同じ畑で育てた後にブドウが選別され、グラン・ヴァンとセカンドに分けます。つまり、 オー・ブリオンと同じテロワールであり、同じ畑で栽培から収穫、製法までに同じように造っています。限りなくファースト・ラベルに近いセカンドと称される理由はそこにあります。そして、このバーン・オー・ブリオンは、1998年より元の【ル・バーン・デュ・シャトー・オーブリオン(Le Bahans du Chateau Haut-Brion)】から改名され、さらに2007年から【ル・クラレンス・ド・オー・ブリオン(Le Clarence de Haut Brion)】となってリニューアルされ、現在では造られていない銘柄になりました。  赤いベリーやスモーキーなアロマ。甘やかなカシスやプラムなどの黒系果実の芳醇な香り、ブラックカラント、カカオ、チョコレートやトリュフなどの複雑なニュアンス。酸味は控えめで、アタックは柔らかく深い魅惑的な果実味の濃厚な味わいは模範的なグラーヴのスタイルを体現した1本と言えるでしょう。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注商品】 になっております。  ご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ずご連絡致します。 ●通常、到着まで2~4営業日頂いております。 ●注文日時やお送り先地域によって、最短で2日後にお届け致します。 ●【受注発注商品】ですので、基本としてご購入後のお客さま御都合による返品はお受けすることができません。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / ぺサック・レオニャン・グラーブ / メドック格付け1級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン48%、メルロー27%、カベルネ・フラン25%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【AOC ペサック レオニャン】 【ペサック レオニャン AOC】 【グラーヴ 格付】 【格付 グラーヴ】 【オー ブリオン】 【バーン オーブリオン】 【バアン オーブリオン】 【バーン・オー・ブリオン】【バアン・オー・ブリオン】【オーブリオン】 【オー ブリオン】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Haut-Brion シャトー・オー・ブリオン シャトー・オー・ブリオン プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ・格付第一級 グラーヴ Chateau Haut-Brion 1er Grand Cru Classe du Graves AOC Pessac- Leognan グラーブ地区にありながら、例外的にメドック格付けで1級に選ばれたワイン!5大シャトーの中で最も歴史が古く、最も小さなシャトー!現地、フランスで、5大シャトーの中で最も人気のあるシャトー!! 1855年のメドックの格付けで、当時からあまりにも有名だったために、例外的にグラーブ地区から選ばれ、1級という栄誉を与えられた歴史的シャトーがオー・ブリオンです。それもそのはず、オー・ブリオンの名声は、当時すでにヨーロッパ全土に広まる勢いだったのです。  オー・ブリオンが誕生したのは1550年。その後、「滓引き」「ウイヤージュ(補酒)」といった手法を初めて取り入れるなど技術革命を起こし、イギリス市場に進出。1666年、ロンドンにオー・ブリオンを供する居酒屋ができると、このワインは大評判となりました。その後、オー・ブリオンは、ナポレオン戦争で敗れたフランスの救世主となります。国の崩壊という危機に追い込まれていたフランスの外相タレイランは、敗戦国の処遇を決める1814年の「ウィーン会議」で、連日連夜、各国代表に豪華な料理とオー・ブリオンを振る舞いました。  これによって各国代表も態度を軟化させ、フランスは敗戦国でありながら領土をほとんど失うことなく乗り切ることができたのです。まさに“フランスの救世主”ともいえるオー・ブリオンの名声は、瞬く間にヨーロッパ全土に広まっていきました。特例としてメドックの格付1級に加えられているのも当然のことなのですね。  オー・ブリオンは、5大シャトーの中で最も“エレガント”“香り高い”と評される一方で、“軽い”“外交的”とも言われていますが、決して軽いという訳ではありません。他の4つのメドックのワインに比べると、メルローの比率が高いため、渋みが少なく柔らかさがあり、グラーヴ地区らしい香りや味の調和のとれた、とても親しみやすいワインなのです。 それに加えて、優れた凝縮感を持ち合わせていて、いい年のものは、若いうちから飲みやすいにも関わらず、ゆっくり寝かせると重みとともに滑らかな舌触りも増し、30年の熟成にも耐えることから、5大シャトーで“最も飲み頃の期間が長い”とも言われています。  類まれな豊かな香りとともに、タンニンの殻に邪魔されることなく、複雑でエレガントな風味と、まろやかでたっぷりとした旨味を楽しめることができる、極上の美酒オー・ブリオン。その味わいに触れてみると、多くの者の心を動かし、歴史さえも変えてきた理由がお分かりいただけることでしょう。かつてフランスという国をも救ったオー・ブリオンは、今でも社交の場で最高の働きをしてくれる、とっておきの1本なのです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第3版」  ペサック郊外の活気ある商業地区にあるオー=ブリオンは、米国人が所有する唯一の第一級シャトー。ディロン一族がオー=ブリオンを1935年に購入した際、シャトーは非常に貧弱な状態で、シャトーとセラーに多額の資金を投入した。現在は、この美しい場所は、グラーブの模範的なシャトーになった。  オー=ブリオンのワイン造りは、明敏でハンサムなジャン・デルマ(ワインの世界における最も才能のある管理者の一人)が管理。オー=ブリオンはまた、ボルドー・ワインにしては長期間(最長30ヶ月)新樽で熟成させるところで、ポムロルのクリネと並んで、ワインを瓶詰めする時期が最も遅いシャトーの1つ。  オー・ブリオンのワインのスタイルは変化を遂げた。1950年代から1960年代初めにかけての、とびきり豊かで、土の香りのする、甘くさえあるワインは、1966年から1974年の間には、より軽く、やせて、気軽に飲める、いくらか単純なスタイルのクラレットに変り、第一級シャトーに期待する豊かさと深みを欠いていた。これが意図的なものなのか、あるいは単に少し低迷していただけなのか、いまだに答えは見つからない。オー=ブリオンのスタッフたちは短気であり、このような批判に対しては敏感である。1975年のヴィンテージからは再び、1966年以前には備わっていた、本来の土っぽい豊かさと凝縮味を取り戻した。今日、オー=ブリオンはまぎれもなく第一級シャトーの地位にふさわしいワインを造っている。  偶然の一致か分からないが、オー=ブリオンの質が1966年から1974年という時代を経て回復し始めたのは、ダグラス・ディオンの娘であるジョアンがこの会社の代表取締役となった1975年のことであった。最初の夫であるルクセンブルクのシャルル皇太子が亡くなった後、彼女は1978年にムシイ公爵と再婚した。これと同じくして、バーン=オー=ブリオンへまわされるブドウの量が増やされ、それにより、オー=ブリオンの品質が改善されたのは疑問の余地がない。更に、ジャン・デルマに対し、このシャトーを運営する全権限が与えられた。ボルドー全ての人々が認めるだろうが、彼はフランスにおける最も才能のある、また知識豊かなワインの造り手であり、管理者の一人なのである。クローン選別についての、最新技術を集結しての驚異的な研究では、フランスでは彼の右に出る者はいない。1980年代に収穫が豊かになると、デルマは、ポムロルのシャトー・ペトリュスのクリスティアン・ムエックスと同様に、ブドウの房を切り取ることで収穫制限したのであった。この方法により優れた凝縮味と驚異的な質を備えた1989年ものが生まれたことは間違いない。このワインは、初期の段階では1959年と1961年もの以来、最も賞賛に値するオー=ブリオンであると思われる。  ブラインド・テイスティングにおいて、オー=ブリオンが、第一級シャトーのなかでは最も外交的で軽いワイン、という印象をしばしば与えるという事実は興味深い。実際には、このワインは軽いのではなく、単に、オークの個性があって肉付きがよく、よりタンニンの多いメドックのワインや、よりシフトでメルロが支配的な、右岸でつくられたワインとは異なっているというだけなのだ。最高のヴィンテージにおいては、早熟であるにもかかわらず、このワインは30年かそれ以上熟成を続ける能力を持っており、ほかのいかなる第一級シャトーのワインよりも飲み頃である期間が長い。  1978年以来、オー=ブリオンの質的レベルが向上するに伴って、セカンド・ラベルであるバアン=オー=ブリオンの質も向上した。これはいまやボルドーで最高のセカンド・ワインのひとつであり、いくつかのヴィンテージでこれを凌いだことのあるセカンド・ワインといえば、名高いシャトー・ラトゥールのレ・フォール・ドゥ・ラトゥールくらいのものである。  オー=ブリオンで造られる白ワインは依然として、グラーヴ地方で最高のワインであると評価されている。しかし、生産量が非常にわずかなため、所有者の要請で格付けされたことがない。とはいえ、驚異的なモンラッシェのようにふくよかな舌触りのある白のグラーヴづくりを追求するジャン・デルマの指導のもと、この白ワインはまったく力強いものとなっている。1994年、1989年および1985年といった最近のヴィンテージなどは、まったく驚くほどの出来栄えを示している。  私の個人的な感想を付け加えておくと、30年以上にわたって集中的にできるだけ多くのボルドー・ワインを試飲した結果、自分の試飲に生じた唯一の全般的な変化というのは、私がオー=ブリオンに対して、ますます深い愛情を抱くようになったということである。このワインに備わった、燻したような、ミネラル、葉巻の箱、甘いブラックカラントの特性は、私が年齢を重ねるにつれ、またジャン・デルマならきっとそう私に言うであろうが、私がより賢くなるにつれ、いっそう魅力的に感じられる。 <赤> 平均年間生産量:14.000~18.000ケース 畑 面積:43ha 平均樹齢:36年 密植度:8.000本 育て方:収穫は手作業。発酵は温度調節された225hl入りのステンレス鋼の発酵槽で行われる。 マストの温度によって、コンピューター制御でポンピング・オーバーし、温度調節する。 平均温度は30℃。熟成は新しいオーク樽で22ヶ月間。新鮮な卵白で清澄処理される。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロー37%、カベルネ・フラン18% <白> 平均年間生産量:7.800本 セカンド:5.000本 畑 面積:2.7ha 平均樹齢:36年 植樹密度:8.000本 平均収量:35hl/h 育成:発酵と13~16ヶ月間の熟成はオークの新樽で行う。清澄も濾過もしない。 ブドウ品種:セミヨン63%、ソーヴィニョン・ブラン37% シャトーバーンオーブリオン 1986 Chateau Bahans Haut Brion 1986 赤 ワイン 格安,2018

シャトークロドロラトワール 2005 Chateau Clos de L'Oratoire 2005 赤 ワイン お買い得,大得価

クロ・ド・ロラトワールはサンテミリオン特別級に格付けされるフランスボルドー地方のワインです。長期熟成向きなボルドーの特徴のひとつに、いくつかのブドウ品種を混ぜて造る事が挙げられます。クロ・ド・ロラトワールはメルロ カベルネ・フラン など個々の品種の特徴がブレンドする事で奥行きもでて複雑な香りや味わいが生まれ、また造り手によってそのブレンド比率が異なる為、多様なワインが造られ、シャトーの個性も引立ちます。 若いうちはタンニン分が豊富でパワフルなカベルネ・ソーヴィニヨン/メルロのワインは最も長期熟成に向くワインのひとつで、熟成と共にエレガントさや滑らかさ、複雑味が増すと言われています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、サンテミリオン地区●ブドウ品種メルロー90%、カベルネ・フラン5%、カベルネ・ソーヴィニョン5%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【AOC サンテミリオン グラン クリュ クラッセ】 【サンテミリオン 特別級 AOC】 【シャトー クロ ド ロラトワール】 【ステファン フォン ネイペルグ】 【ロバート パーカー】 【ル・クラスマン】 【ヒュージョンソン氏】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Chateau Clos de L'Oratoire シャトー・クロ・ド・ロラトワール カノン・ラ・ガフリエールとラ・モンドットのステファン・フォン・ネイペルグ氏によるもう1つの人気サンテミリオン特別級! ワイン評論家のみならず、世界中のワイン愛好家、現地の関係者からも高く評価されているサンテミリオンの注目シャトーです。 1980年代後半からは現オーナーのステファン・フォン・ナイペルグ氏の惜しみない努力により、品質の高いワインを造り続け、今ではサンテミリオンのスター的な存在にまでなりました。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」 読者の方は所有者ステファン・フォン・ネッペール(カノン=ラ=ガフリエールとラ・モンドットの所有者でもある)が、このワインの品質を向上させてサン=テミリオンの階層の上層に押し上げたことに気づくべきである。クロ・ド・ロラトワールの畑は、サン=テミリオンの北東に位置する砂利質及び砂質の土壌である。ほとんどの消費者がご存じのようにボルドーのワインは恐ろしく高価になり得るが、クロ・ド・ロラトワールはその品質に対して適性な価格がつけれている。ここは、価格と名声がすぐに上昇するであろうから、探すべきしゃとーである。 一般的な評価  ステファン・フォン・ネッペールが所有する3つのサン=テミリオンのシャトーで、クロ・ド・ロラトワールは最も知名度が低い。おそらく、ここのワインが他の2つの誉れ高いシャトーほど上質ではないからだろう。このシャトーの運営の背後にいる才能ある所有者は、カノン=ラ=ガフリエールとラ・モンドットに投じたように、時間とスキルを投じて、芳醇さと魅力と大量の率直な果実味を同時に実現した絶妙なワインをつくっている。 平均年間生産量:4万本 畑 面積:10.3ha 平均樹齢:30年 植樹密度:5500本/ha 平均収量:35~40hl/ha 育て方:発酵とマセレーションは温度管理された木製槽でピジャージュを行いながら、18~26日間。 収量の90~100%は細かい澱に触れたまま樽内マロラクティック。熟成はオークの新樽で14~18ヶ月。 清澄も濾過もしない。 ブドウ品種:メルロー90%、カベルネ・フラン5%、カベルネ・ソーヴィニョン5% 所有者:ネイペルグ伯爵 シャトークロドロラトワール 2005 Chateau Clos de L'Oratoire 2005 赤 ワイン お買い得,大得価

シャトーデギュイユ 2008 12本セット Chateau d'Aiguilhe 2008 12本 ワインセット 赤 ワイン 人気,送料無料

カノン・ラ・ガフリエール、クロ・ド・ロラトワール、ラ・モンドットなどのサン・テミリオンのスーパーシャトーと同じく、ステファン・フォン・ネイペルグ伯爵が所有するシャトーのひとつ。 名前のデギュイユ(針)が示す通り 切り立った岩場の粘土石灰質の高台にある畑から、凝縮した果実味を持つフルボディのワインが産み出されます。 “ラ・モンドット”等のネイペルグ伯爵が手がける人気シャトー 【ご注意ください】 ● ヴィンテージ変更、または終売の場合もございます事をご了承くださいませ。   その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ● ご購入後の返品はお受けすることができません。 ● お取り寄せ商品のためお届けまでに1週間程度かかる場合がございます。  予めご了承下さいませ。 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー地方、コート・ド・カスティヨン●ブドウ品種メルロー80%、カベルネフラン20%●タイプ赤・フルボディ●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●ご注意● ヴィンテージ変更、または終売の場合もございます事をご了承くださいませ。 その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ● ご購入後の返品はお受けすることができません。 ● お取り寄せ商品のためお届けまでに1週間程度かか駆る場合がございます。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【AOC コート ド カスティヨン】 【コート ド カスティヨン AOC】 【フルボディ 赤】 【赤 フルボディ】 【シャトー デギュイユ】 【セニョール デギュイユ】 【シャトー デギーユ】 【シャトー・デギーユ】 【シャトー デギューユ】【パーカー高評価】【ナイペルグ伯爵】【ステファン フォン ナイペルグ】【ステファン ドゥルノンクール】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】  Chateau D'aiguilhe シャトー・デギュイユ 天才醸造家!【ステファン・ドゥルノンクール】と【ナイペルグ伯爵】の最強コンビの手による、偉大なカスティヨン!コクとまろやかさを兼ね備えた、お買い得ボルドーはこのデギュイユ! デキャンター誌による「マスター・オブ・ワインが選ぶ、お買得ボルドー」で最高得点を獲得したことのあるシャトー・デギュイユ! ワインの世界で、シンデレラを生みだした伯爵は、また新たなシンデレラを生みだす挑戦をしています。 それは、今や非常に入手難となっている、サンテミリオンのシンデレラ・ワイン、『シャトー・ラ・モンドット』を所有する、『ネッペール伯爵』。 そして、彼が1990年、可能性を秘めた地、【コート・ド・カスティヨン】にある【シャトー・デギーユ】を買い取ったところから、新たな歴史は始まります。 『シャトー・デギーユ』の歴史は古く、12世紀まで遡ります。『デギーユ=針』という名の意味の通り、切り立った岩場の高台に位置し、粘土石灰質の土壌で水はけがよく、南に面しているために、充分な日照量が得られる、恵まれた土地です。 そのテロワールに惹かれ、『ラ・モンドット』『シャトー・カノン・ラ・ガフリエール』『クロ・ド・ロラトワール』『シャトー・ペイロー』も所有するネイペルグ氏が、1990年、シャトー・デギーユを買収しました。 そして、コンサルタントに 『ステファン・ドゥルノンクール氏』 を迎えて、買収後一気に全てのワインの品質を向上させました。当時、サンテミリオンほど、土地としての評価の確立はされていず、可能性を沢山秘めた、コート・ド・カスティヨンでしたが、近年、この地に注目する生産者が急増しています。 世界の権威!マスター・オブ・ワインが選ぶお買い得シャトーです! イギリスの権威あるワイン専門誌、『デキャンタ誌』2005年4月号で選ばれました。 マスター・オブ・ワイン といえば…世界で最も難しいワインの資格です。 世界でも 250名ほど にしかこの称号を与得られていません。 とにかく醸造から販売、テイスティング能力まで、ワインに関わる全てにおいて、最高のレベルに達した人だけが得る事の出来る資格なのです。 そんなマスター・オブ・ワインの中でも、第一線で活躍する、 『セレナ・サトクリフ氏』『デイヴィッド・ペッパーコーン氏』『ジェームズ・ローサー氏』 ら3人を含む6人のワインの権威が、トップ10を含む25のお買い得なシャトーをリスト・アップしました。 ルールは、トップ10に3点、そのほかに1点を与える形で集計されます。 そして、数あるシャトーの中で、 ◇最高得点の7点を獲得し、◇第一位に選ばれたのが… この【シャトー・デギーユ】(コート・ド・カスティヨン)だったのです! 短期間で世界最高レベルにまで品質を引き上げた事で注目されるステファン・フォン・ナイペルグ伯爵が手掛けるのが【シャトーデギュイユ】是非お試しくださいませ!! ちなみに 藤原紀香さんと陣内智則さんの結婚披露宴で使用されたのがこの「シャトー・デギュイユ」です! これによりまたまた日本でも大ブレイクしました! シャトーデギュイユ 2008 12本セット Chateau d'Aiguilhe 2008 12本 ワインセット 赤 ワイン 人気,送料無料

パヴィヨンルージュデュシャトーマルゴー 1996 Pavillon Rouge du Chateau Margaux 1996 赤 ワイン 定番,新作登場

シャトー・マルゴー Chateau Margaux世界のワインの頂点に君臨する“ボルドー5大シャトー”。五大シャトーのなかでエレガントで女性的と評されるシャトー・マルゴー! ボルドー5大シャトーのひとつ、シャトー・マルゴーのセカンドラベル。セカンドラベルは、ファーストラベルの厳しい基準には達しなかったものの、その同じ畑、同じ製法で作られたワインを、手ごろな価格で味わえるとして、非常に人気が高いワインです。  女性らしいと形容される理由は並外れたタンニンのしなやかさによります。柔和で優しく香り高い。 そのマルゴー特有のエレガンスを最大限に引き出すため、ここ10年間でカベルネ・ソーヴィニヨンの比率を高める方向にシフトしています。グランヴァンがよりカベルネ・ソーヴィニヨンの比率を高める方向にシフトした為、それまでグランヴァンに使用されていた最高品質のメルロがパヴィヨンに使用されるようになりました。  そのためにここ10年、セカンドキュヴェであるパヴィヨン・ルージュのクオリティは劇的に 向上しています。  ぶどうの選別と出来上がったワインの選別と、どこのシャトーよりも厳しい基準で選別するシャトー・マルゴーなので、そのセカンドワインといえども非常に評価が高く、  あのロバート・パーカー氏も、 『1980年代以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けに相応しくあり、セカンドワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する』 と、絶賛しています。 色は非常に濃いルビー。エッジもしっかりとしています。カシスやブラックチェリーのような黒系果実の香り、燻煙や土、マッシュルームなどのニュアンス。グラン・ヴァンに比べタンニンは少し荒い印象ですが、豊富にありワインに親しみやすい印象を与えています。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから輸入元に在庫を確認し手配致します。 ●在庫は日々変動しておりますので終売の場合もございます。  予めご了承ください。その際は必ず連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで2~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、お届けまでに1週間程度かかる場合がございます。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注商品】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けすることができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国フランス●地域ボルドー地方 / メドック地区 / マルゴー村  / メドック格付け 第1級●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン75%、メルロー20%、カベルネ・フランとプティ・ヴェルド5%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。●備考●輸入元 【ワイン通販】【通販ワイン】【シャトーマルゴー】 【メドック 第1級】 【メドック グラン クリュ クラッセ】 【ポール ポンタリエ】 【メンツェロプロス】 【コリンヌ メンツェロプロス】 【AOC マルゴー】【赤 フルボディ】 【メドック 赤 フルボディ】 【マルゴー 赤 フルボディ】 【メドック 赤 フルボディ】【ボルドー 赤 フルボディ】【フランス 赤 フルボディ】【赤 フルボディ】【AOC マルゴー】【メドック格付第一級 】【格付一級 】【マルゴー格付第一級 】【マルゴー 赤 辛口 】【メドック 赤 辛口 】【ボルドー 赤 辛口 】【フランス 赤 辛口 】【パーカー 5つ星 】【クラスマン 3つ星 】【ゴーミヨ 5つ星 】【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 シャトー・マルゴー Chateau Margaux シャトー・マルゴー AOCマルゴー / メドック格付第1級 Chateau Margaux / AOC Margaux ボルドー最高峰!至高の芸術作品!『最も高貴なるワインの女王 壮麗なシャトーと偉大な歴史』!五大シャトーのなかでもエレガントで女性的と評されるのがシャトー・マルゴー。1855年の格付け当時から五大シャトーの先頭を争う高貴なワインです。 ボルドー・メドック地区のワインを『フランスワインの女王』と呼ぶとするならシャトー・マルゴーは女王たちの中でも、最も芳醇で最も優美なワインだと言えます。 長い瓶熟を経て花開くシャトー・マルゴーの華麗さと、たおやかさ、そしてデリカシーはまさに比類のないもので、1855年のメドック公式格付けでグラン・クリュ第1級に選定されたのも当然のことだったと言えます。  歴史に名を残す愛好家も多く、ルイ15世の寵姫マダム・デュ・バリや、意外なところではマルクス主義で知られるエンゲルスが「あなたにとって幸福とは?」と聞かれ【シャトー・マルゴー 1848年】と答えたというエピソードも伝わっています。文豪ヘミングウェイもこのワインに魅了された一人で、生まれたばかりの孫娘に「このワインのように女性らしく魅力的に育つように…」という願いをこめて『マーゴ』という名前を贈り、この子がのちに映画女優になったことも有名です。 最高の土地と、人々の情熱が生んだ【至高の芸術品】  マルゴー村は、ボルドー市からワイン街道をメドック地区に向かう時、最初に出会う傑出したワイン銘醸村です。この道の先に現れてくるサンジュリアン村やポーイヤック村、サンテステーフ村と比べても、砂礫層が特に厚く、繊細で非常に香り高いワインを生み出すことで知られています。シャトー・マルゴーは総面積262ha、栽培面積90ha(うち白12ha)で、シャトーの周辺の土地は小高い丘になっており、丘の上の砂礫土壌と丘を下るにつれて現れてくる石灰混じりの粘土質土壌が複雑に混じり合い、葡萄の品質に多彩な個性を与え、これが出来上がったワインにニュアンスに富んだ厚みをもたらしています。  現在、シャトー・マルゴーでは砂礫質の土壌にカベルネ・ソーヴィニヨン種(75%)やプティ・ヴェルド種を、粘土質が多めの土壌にはメルロ種(20%)を、中間的な土壌にはカベルネ・フラン種(プティ・ヴェルドとあわせて5%)を植え付け、土壌の長所を最大限に引き出すように努めています。しかし、いかに土壌や気候条件が恵まれていようとも、それだけで卓越した品質のワインを生み出すことはできません。そこには何世代にもわたる人々の惜しみない情熱が不可欠なのです。  シャトー マルゴーは、すでに16世紀にその素晴らしい自然環境により高い名声を獲得し、以来今日に至るまで所有者たちの惜しみない愛情が注がれ続けてきました。今日の高い品質は、数世紀にわたってこのシャトーを生きがいとし、働いてきた幾多の人々の情熱の賜物に他ならないのです。 メドックの伝統に戻る  1977年、シャトー・マルゴーは、長い歴史の中でも特に優秀な所有者の手にわたりました。当時、シャトー・マルゴーはオーナーのジネステ家が熱意を失ったため名声に翳りを兆しつつありましたが、この新しい所有者メンゼロプロス家はメドック始まって以来の莫大な資財を投入し、畑から醸造・貯蔵設備、そしてシャトーに至までの徹底的な改造を行いました。 しかもその改造は、基本的にメドックの伝統に帰る方向に進められ、科学はあくまでも伝統の長所を伸ばす方向でのみ導入されました。例えば畑での作業は手仕事の部分が一層増え、肥料は農場内で飼われている牛のたい肥を使用。醸造槽は主として木桶を用い、貯蔵には100%新樽を使用するなど、伝統的なワインづくりが理想としていたものをすべて実現したのです、この結果、1978年以降のシャトー・マルゴーは再び一気にメドックワインのトップに返り咲きました。  これらの改造計画を指導した人物こそ、のちにサントリーがシャトー・ラグランジュの改修を行った際の恩人ともなる元ボルドー大学ワイン醸造研究所長エミール・ペイノー博士だったのです。いわばシャトー・ラグランジュは、シャトー・マルゴーと同じ思想、同じ理想のもとに限りなく品質向上の努力を続けている後輩にあたるのです。こうして両シャトー間の友情は日増しに深まりつつあります。 セカンドラベル パヴィヨン・ルージュ・ド・シャトー・マルゴー ファーストは高価で手が届かなくても、セカンドならという方も多く、 近年人気のセカンドラベル。 こちらはかの有名なシャトー・マルゴーが作るセカンドラベルです。セカンドラベルとは、同じ生産者によりファーストラベル(シャトー・マルゴー)と 同じように作られたワインですが、樹齢の若い樹から収穫された葡萄や、収穫・醸造過程においてファーストラベルとしての厳しい選定基準から外れた二次選抜されたものなどで作られたワインです。 最も有名と言っても過言ではない、世界にその名を轟かせる シャトー・マルゴーですが、セカンドラベル「パヴィヨン・ルージュ」もその名に恥じない素晴らしいクオリティーです。 パヴィヨン・ブラン・ド・シャトー・マルゴー マルゴーは赤ワインだけでなく、辛口の白ワインも造っています。パヴィヨン・ブラン・ド・シャトー・マルゴーは、ソーヴィニヨン・ブランだけを植えた12haの畑から生産されています。オーク樽で発酵後⒑ヶ月の熟成を経てリリースされ、キレがよくフルーティで、ハーブとオークの香りが非常にバランスの良い逸品です。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  1960年代と1970年代凡作の続く悲惨な時期にピエールとベルナール・ジネステの不十分な財政管理(国際的な石油危機や1973年と1974年のワイン市場の暴落がその原因である)のもとで生産されたワインは、豊かさや凝縮感、個性に欠けるものがあまりにも多すぎた。その後、1977年にマルゴーはアンドレとラウラ・メンツェロプロス夫妻に売却され、ただちに葡萄畑やワインの醸造設備に惜しみなく大金が投入された。エミール・ペイノーがワイン醸造を監督するコンサルタントとして迎えられた。そうした経済的、精神的な肩入れがマルゴーのワインに反映されるのは数年先のことになるかもしれないと思われたが、マルゴーの底なしの偉大さを世界に見つけるには、1978年のヴィンテージ1つで十分だった。  残念なことにアンドレ・メンツェロプロスは、苦闘していた第一級シャトーが驚くべきエレガンスと豊かさと複雑さを備えた、輝かしく一貫性のあるワインに変貌するのを見届ける前にこの世を去った。エレガントなラウラ夫人、そして近年は世事に通じたやり手の娘、コリンヌがここを取り仕切っている。この2人は少なからぬ才能の持ち主たちに取り巻かれているが、なかでもポール・ポンタイエの存在は光っている。1978年のマルゴーはすぐに評判を勝ち取り、その後もきら星のごときワインを次々に送りだした。絶句するほどすばらしい豊かさとバランスは、1980年代にボルドー全体でつくられたどのワインよりもマルゴーが良好だと言っても過言ではなかった。  よみがえったマルゴーの特徴は、豪勢な豊かさ、熟したブラックカラント、スパイシーなヴァニリン・オーク、スミレなどの深みのある多面的なブーケを持つスタイルである。今ではその色や豊かさ、ボディ、タンニンのどれをとっても、1977年以前にジネステの支配下で造られていたワインに比べ見違えるほど充実している。  マルゴーは辛口の白ワインも造っている。「パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー」は、ソーヴィニョン・ブランだけを植えた11.8haの葡萄畑から生産されている。オーク樽で発酵させ、その後10ヵ月間寝かせてから瓶詰めする。雑学好きにお教えすると、これは壮大なマルゴーのシャトーから数百メートル道を上がったところにある、シャトー・アベル=ローランと呼ばれる小さな建物で造られているのだ。このメドックの最高級白ワインはキレがよく、果実味が豊かで、ハーブとオークの香りがそこはかとなく漂う。 一般的な評価 1960年代と1970年代は惨たる出来栄えであったが、その後1980年代にシャトー・マルゴーは文字通りよみがえり、それ以降は連続して100点満点に近いワインを生み出している。品質の面で言えば、このシャトーは過去20年間、その格付けにふさわしくあり、セカンドワインのパヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴーは消費者の注目を引くに値する。 平均年間生産量:200.000本 畑 面積:78ha(栽培面積) 平均樹齢:35年 密植度:10.000本 平均収量:45hl/ha 育成:発酵とマセレーションは温度管理された木製槽で3週間。 熟成はオーク樽の新樽で18~24ヶ月。清澄はするが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン75%、メルロー20%、カベルネ・フランとプティ・ヴェルド5% 所有者:メンツェロプロス家 パヴィヨンルージュデュシャトーマルゴー 1996 Pavillon Rouge du Chateau Margaux 1996 赤 ワイン 定番,新作登場

シャトードフューザルルージュ 2002 Chateau de Fieuzal Rouge 2002 赤 ワイン 格安,2018

ここはグラーブの格付けにも入っており(赤ワインのみ)、比較的歴史の長いシャトーで、以前から質の高いワインを造り続けていて、さらに1980年代後半からより一層向上しているにも関わらず、何故かさほど目立たない存在です。とは言え、最近は特に白ワインの評価が高くなっており、以前に比べると若干価格は上昇しています。それでも値段と品質のバランスから考えると、ボルドーの中でもかなりコストパフォーマンスの高いシャトーである事は間違いありません。 中程度の濃さで、輝きのあるガーネット色。トーストしたオークのニュアンスが前面に出ておりますが、奥にはほのかなベリー系の果実香が感じられます。リッチで旨味が凝縮した果実味は滑らかで、柔らかく熟したタンニンと優しい酸のおかげもあって、程よい飲み口に仕上がっています。比較的長い後口が感じられます。      *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。        【*ご注意ください*】 ●こちらの商品は 【受注発注】 になっております。 ●こちらの商品はご注文をいただいてから在庫を確認し輸入元に手配を  致します。 ●金・土・日のご注文の場合は週明けの手配となります。 ●在庫は毎日変動しておりますので終売の場合もございます。  その際は必ずこちらからご連絡いたします。 ●表記の在庫は目安になっております。 ●通常、到着まで3~4営業日いただいております。  土日祝日、臨時休業などをはさむ場合は、注文日によりお届けまでに  1週間程度かかる場合がございますので予めご了承下さいませ。 ●注文時間と曜日により、最短で2日後に届きます。 ●【受注発注】ですので、基本としましてはご購入後の返品はお受けする  ことができません。 ●通常商品と同梱はできません。同梱する場合は別途送料が発生いたします。  ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 TD{ font-size:12px; } ●生産国フランス●地域ボルドー、ペサック・レオニャン地区 グラン・クリュ●ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー30%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド2%●タイプ赤・フルボディ・辛口●内容量750ml●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 【ワイン通販】【通販ワイン】 【フルボディ】【AOC ぺサック レオニャン】 【ぺサック レオニャン AOC 】 【シャトー ド フューザル】 【グラーヴ 辛口 赤】 【ボルドー 赤 辛口】 【フィュザル】 【フューザル】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 シャトー・ド・フューザル Chateau de Fieuzal Chateau de Fieuzal シャトー・ド・フューザルロバート・パーカー氏に「最良のヴィンテージでは赤も白もこのアペラシオンの最高級のワインに匹敵する」と絶賛させた大人気コストパフォーマンスの高いグラーヴの格付けシャトー!! “ボルドーワインの発祥の地”  優れたワインの一大産地となったグラーブの中でも、レオニャン地区のシャトー・ド・フューザルは300年にわたる長い歴史を持ち、“ボルドーワインの発祥の地”とも言われています。かつて「ガルデール」と呼ばれていたこの土地は、1851年までシャトーの所有者だったフューザル家の名をとって、シャトー・ド・フューザルと名付けられました。その後、【オー・ガルデール】を併合。フューザル家の後を継いだグリフォン兄弟が領地を購入し、土地を分け合いました。  兄弟の一人は、ボルドーで教皇の領事を務めており、グラーブのワインの良さをバチカンで評価されるように仕向けると、教皇レオン13世はグラーブのワインに魅せられるようになります。最高の出来と賞賛されたシャトー・ド・フューザルの<1893年>を、バチカンのワイン貯蔵庫に入れさせることに成功します。  20世紀の後半以降、数回にわたってシャトー所有者が移り変わっていきます。中にはボルドーの著名人たちも多く、1974年まで所有者だったリカー家や、ジョージ・ネグルベーニュとジェラード・グリブランが含まれてます。1994年と1995年には、バンク・ポピュラー・グループがシャトー・ド・フューザルと【オー・ガルデール】の両シャトーを相次いで買収し、ブドウ畑の再生を行いました。2001年からはロシュラン夫妻が新たな所有者となっています。  1959年のグラーブ地区の格付けでは、シャトー・ド・フューザルの赤ワインの素晴らしい評価が維持されました。シャトー・ド・フューザルは、赤ワインも白ワインも生産していますが、グラーヴの格付けに入っているのは赤ワインのみ。樹齢の古いブドウの木も多いことから、とても優雅な肉付きの良い味わいでありながら、同時に値ごろ感もあるワインとして知られています。  一方の白ワインは、格付けこそされていませんが、ボルドーの白の中ではトップクラスとの評価も。これからが期待されるシャトーです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より  シャトー・ド・フューザルは、以前から目立たないシャトーの1つである。比較的古くからあり、この地域の住民からはきちんと認められていることを思うと意外なことだ。セラーは、レオニャンの町はずれ、ソカに向かう県道651号線に近い田園のなだらかな起伏の中にある。だが、このひっそりとたたずむド・フューザルは1980年代半ば頃に、著しくリッチで複雑なワインを生産するようになってから、一躍脚光を浴びるようになった。だからといって、古いヴィンテージの出来が悪かったというわけではない。古いものにもよくできたワインが多いのだが、最近のヴィンテージにあるような、まばゆい個性には欠けるのである。  シャトー・ド・フューザルの品質向上におおいに貢献したのは、1974年にこのシャトーの経営を引き継ぎ、生産管理を熱心に行っているジェラール・グリブランである。1977年には温度調節機能付きのステンレス製の発酵槽が設置され、1980年代からはマセレーションの期間を長めにし、オークの新樽を増やすようになった。ド・フューザルの白ワインに画期的な進展があったのは1985年。一連のすばらしいグラーブの白の最初のワインがこの年、このシャトーで生まれた。グリブランも認める通り、ド・フューザルの名声の復活は、すでに引退した技術顧問兼醸造責任者、デュプイ氏の貢献によるとこらが大きい。誰の目から見ても完全主義者であるデュプイは、ド・フューザルでのワインづくりを指揮し、その並はずれた才能と柔軟性を遺憾なく発揮した。驚くべきことに、高品質にもかかわらず、なぜかその値段が高騰しないド・フューザルは、グラーブ全体を見渡しても、最もコストパフォーマンスがよいワインの1つである。 一般的な評価  ここのワインは常に良好であったが、1980年代半ばから相当よくなってきた。最良のヴィンテージでは、赤も白も、このアペラシオンの最高級のワインに匹敵する。しかし、一貫した高品質にもかかわらず、ド・フューザルのワインは同列のシャトーのもの(例えばパブ・クレマンなど)と比べて、とてもお値打ち品である。  フューザルの白は、かねてから愛好家が「金の砂」と名付けて、ひそかに愛飲し続けてきたワインで、年間生産量が3,000ケースという少なさも手伝い、なかなかお目にかかることの少ないワインの1つです。 <赤> 平均年間生産量:10万本 畑 面積:38ha 平均樹齢:30年 植樹密度:9091本/ha 平均収量:40hl/ha 育成:コールド・マセレーション。発酵(27℃)は温度管理された槽で行う。 マロラクティックと18~24ヶ月の熟成は毎年3分の1ずつ更新される樽で行う。 清澄はするが、濾過はしない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー30%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド2% 所有者:ロクラン・キン シャトードフューザルルージュ 2002 Chateau de Fieuzal Rouge 2002 赤 ワイン 格安,2018